Ragazza Solare イタリア単語帳
ニュアンスに富んだイタリア語を喋るために…増やせ、ボキャブラ!!(≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
gaffe へま、失言、失態
本日は、かなりゆるいネタ満載でいきましょう。(≧∇≦)

gaffe へま、失言、失態

もともとはフランス語ですが、外来語としてイタリア語でも使われる単語です。
(けっこう多いんですよね、フランスからそのまま輸入されている言葉)

fare una gaffe へまをする、恥ずかしい発言をする

なお、フランス語ですので、複数形は通常のイタリア語のように“-e”で終わる単語が“-i”になるというような変化ではなく、

gaffe → gaffes

になるんだそうです。

Le mie amiche giapponesi hanno fatto delle gaffes.
(僕の日本人の友達が恥ずかしいへまをしたんだ)

外国語を習うということ。
それはすなわち、gaffeのネタが毎日毎日てんこもりの盛りだくさんになるということといっても過言ではないでしょう。(≧∇≦)

ある日、イタリア語を学ぶ私と日本語を学ぶ友人italianoとで、いかなるgaffeをやってきたかということを話し始めたら、ネタが出るわ出るわ。。。。

まずは、このamico italianoがいまだに自爆ネタとして披露する、彼のgaffe。

彼は観光ガイドをしているのですが、ある日、日本人のツアーの添乗員さんに言ったのだそうです。

- Ashita no asa nanji ni okashite mo ii desuka?

言われた日本人の添乗員さんは、その瞬間狂ったように笑い出したらしい。
そりゃそうでしょう・・・・“おこして”という代わりに“おかして”ですから。
ちなみにこの友人は、さわやか青年で人柄もすごく良さそうなルックス。
そんなイケメンイタリア男が、ちょっとたどたどしい発音で大真面目にこんなことを聞いてくる場面を想像してくださいな。(≧∇≦)

- "A che ora posso violentarti domani mattina?" Che figura!!!
(『明日の朝、何時に犯してもいいですか?』だよ?なんてこった!!)

- "Allora alle 8, per piacere" È divertentissimo!!
(『それじゃ、8時にお願いね~』な~んて・・・すっごいウケるわ、それ!)

-------------
violentare 暴行を加える、レイプする
che figura! なんて無様な!
-------------

ちなみにこれを言われた日本人は大阪の人だったらしいですが・・・東京の人でこれを言われたら、大笑いする前にドンびきかも??(^ ^;)

- Se vuoi te ne dico anche un'altra che una volta ho detto ad un gruppo di giapponesi.
(以前、日本人の観光客グループに言った別の恥ずかしい発言の話をしようか?)

- Una volta dopo aver camminato tanto volevo dire "bou no youna ashi ga shimasu".
(あるとき、うんと歩いた後に『棒のような足がします』と言いたかったんだよね)
- Ma ho detto "BOUSHI no youna ashi ga shimasu"!! Le gambe a cappello!!
(でも、僕は『帽子のような足がします』って言っちゃったんだ!!帽子みたいな足!!)
- I miei amici italiani hanno cominciato a ridere come i pazzi.
(僕のイタリア人の友達は、気が狂ったように笑い出したよ)

- (Ashi ga bou no you desu)
(ちなみに《足が棒のようです》だよ)

- Sì, quello. Però ho usato boushi al posto di bou.
(そう、それそれ。でも僕は“棒”の代わりに“帽子”を使っちゃったんだよ)

- Hahahaha, è carina questa gaffe!
(あははは。これはかわいいじゃん!)

-------------
ridere come il pazzo 気が狂ったように笑う
(pazzoは主語にあわせてil pazzo/la pazza/i pazzi/le pazzeと変化すると思われます)
-------------

そしてamico italianoのgaffe披露は、まだまだ続きます。

- Una volta a lezione ho fatto un errore imbarazzantissimo.
(あるとき、授業中にすごく恥ずかしい間違いをしたんだ)

- Ovvero?
(というと?)

- Il prof. mi aveva chiesto "Shinjuku he iku basu ha doko kara demasuka?".
(教授が僕に聞いたんだ。『新宿へ行くバスはどこから出ますか?』)

- Io non sapevo che Shinjuku fosse una quartiere di Tokyo. Pensavo fosse un posto tipo ambasciata, biblioteca, così.
(僕は新宿が東京の一地区だっていうことを知らなかったんだよね。大使館とか図書館とか、そういう場所の名前の単語だと思っちゃったんだよ)

- Per cui ho risposto "Napoli kara demasu".
(だからこう答えたんだ。『ナポリから出ます』)

- E il prof., imitando l'aereo con le braccia aperte, mi ha chiesto "Hikouki desuka?"!!
(そしたら教授が腕を広げて飛行機のマネをしながら僕に聞いたんだよ。『飛行機ですか?』って!!)

- Divertentisssssssssimo!!!
(ちょーーーーーーーーーーーーーおもしろい!!!)

- Non per me!!! Rideva tutta la classe!!!
(僕にとってはちっともおもしろくないよ!!クラス中が大爆笑だったよ!!!)

-------------
ovvero 言いかえれば、すなわち
prof.=professore 教授、先生
quartiere 地区、区域
ambasciata 大使館
biblioteca 図書館
-------------

ちなみに彼が日本語を学んだのは、ナポリ東洋大学。
イタリアにおける日本語教育は、北のヴェネツィア大学、南のナポリ東洋大学が2大拠点なのだそうです。

それにしても、外国における日本語教育の現場って、楽しそうですねぇ・・・(≧∇≦)

- Scriverò di sicuro anche questo sul mio blog. Troppo divertente.
(これも絶対、ブログに書くわ。おもしろすぎ)

-------------
di sicuro 確実に、絶対に
-------------

・・・書かせていただいてます・・・ありがとう。(≧∇≦)
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/05/22 07:56】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(15) |
essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる
今日は熟語(locuzione)です。

語学を専攻しているイタリア人を友人をもつと、実に多彩な表現のイタリア語を会話中に使われ困る、いえいえ、勉強になりますねぇ。。。(^ ^;)

presa つかむこと、把握、取り入れること、捕獲

名詞“presa”には、これ以外にも、取っ手・ひとつまみの量・薬の1回分の服容量・コンセント・撮影などなど、いろんな意味があるのですが基本は動詞“prendere(取る、つかむ)”から派生した単語と考えておけばいいと思います。

もっとも、動詞“prendere”も一筋縄ではいかないくらい、たくさんの意味をもった単語ではありますが。

で、この“presa”を使った熟語表現がこれ。

essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる

直訳ニュアンスだと“~にとっ捕まえられている”的な感じでしょうか。

動詞“fare(する)”を現在進行形にした、ただの“stare facendo …(~をしているところである)”よりも、頑張って取り組んでいる感がぐっと強まるみたいですね!

Un mese fa lui era alle prese con la composizione della musica di fondo per un film.
(彼は1ヶ月前、映画のBGMの作曲にかかりきりになっていた)

-----------------
composizione 作曲、制作、作品
musica di fondo バックグラウンドミュージック
-----------------

ちなみに“con”は前置詞ですので、この後に続くのは名詞になりますね。
(こういうの、文法的なお約束なのでしょうがないです・・・)

こんな文章も可能かな?

I suoi genitori erano alle prese con un vicino che si lamentava del suono del pianoforte.
(彼の両親は、ピアノの音に対して苦情をいう隣人と争っていた)

-----------------
vicino 隣人
lamentarsi di … ~に苦情をいう、文句をいう
suono 音、音響
pianoforte ピアノ
-----------------

というわけで、私と友人との会話。

- Ero alle prese con una definizione di due righi di cos'è lo shintoismo. Dimmi se sbaglio.
(神道の定義についてのちょっとした表現について悩んでいたんだ。もし僕が間違っているようなら、教えて)

- Ok.
(分かった)

- Secondo te, che sei giapponese, la società giapponese è fondamentalmente una società pacifista?
(君、日本人だから訊くけど、日本社会っていうのは根本的には平和主義な社会だって思う?)

- Sì, fondamentalmente pacifista, secondo me sì.
(そうだね、根本的には平和主義、うん、そう思う)

- Infatti, anche io ho quella sensazione.
(やっぱり。僕もそんなような気がしてたよ)

-----------------
definizione 定義、定義、言語の意味の説明
rigo 線、行、罫、一行の文字(言葉)
shintoismo 神道
sbagliare 間違う
società 社会、共同体、会社
fondamentalmente 根本的に、本質的に
pacifista 平和主義者、反戦主義者、不戦論者
sensazione 感覚、感じ、気持ち、予感、印象
-----------------

この会話はその後もずっと続いたのですが、ここでは以下略・・・(^ ^;)

ちなみに、外国に暮らしていると、神道(lo shintoismo)とか仏教(il buddismo)について、ときどきえらい詳しい外国人に会うことがあります。
これはきっと、外国に暮らす日本人なら誰しもしたことがある経験だと思いますが・・・。

そんな彼らと、神道やら仏教やら日本人の精神やらについて話をするとなると、あらためて自国の文化・精神的土壌について思いを巡らすことになり、“日本人であること”について、いろんな意味で再認識することが多いです。

(なんて・・・あらためて訊かれると答えにつまることも多くて、実はこっそりwebで正確な定義づけなんかを調べたりしているのですが:笑)
【2006/05/09 06:48】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(4) |
obiettivo 客観的な
“客観的な”とか“先入観のない”。

日本語にするとちょこっと堅苦しいような言葉かもしれないけど(全部漢字だし?:笑)、日常会話の中で意外と使うと思われます。

イタリア語で“客観的な意見”なんて言いたいときに、一瞬、あれ??なんていうんだっけ??と止まってしまうこと、ありません?

“obiettivo”という単語は、これまで名詞として

obiettivo (具体的な)目的、標的、ねらい

という意味として認識していました。

Il suo obiettivo era di ottenere il denaro.
(彼の意図は金儲けだった)←辞書の例文そのままです。(^ ^;)

Obiettivo principale del progetto è stato quello di rendere gli allievi consapevoli dell'esistenza di culture diverse dalla propria...ecc.
(プロジェクトの主たる目的は、生徒たちに、彼ら自身のそれとは異なった文化の存在を意識させることにありました・・・以下略)

------------------
principale 主要な、主な
progetto プロジェクト、計画、企画
rendere ~にさせる、~にする
consapevole 意識している、自覚している
esistenza 存在、実在、現存、生活
proprio 彼(彼女/彼ら/彼女ら)自身の、そのものの、自分自身の
------------------

この長い文は、友人のイタリア人が書いたもので、彼が企画した日本文化に関する小学校での課外授業の報告書の冒頭の一文です。
毎度のことながら、イタリア人の書く文章っていうのはこなれていますねぇ。
(まあ、イタリア人だからって、全員がこなれた文章を書くわけじゃありませんけどね:笑)

今、この2つの例文を読んでいて気づいたのですが、“目的は~することである”という文章のときは、

obiettivo è di + inf.(動詞原形)

“~する”にあたる動詞の前に前置詞“di”を置くみたいですね。

Per lei l'obiettivo dell'audizione è di provare la sua nuova tecnica vocale in teatro.
(彼女にとって、そのオーディションの目的は、新しい発声テクニックを劇場で試すことです)

さて、この“obiettivo”が形容詞として使われるとなると、

obiettivo 客観的な、先入観のない、公平な

こういう意味をもつのです。

名詞としての“obiettivo”に気をとられて、すっかり意識の外だった、という感じでした。(^ ^;)

ちょっと長くなりますけど、これが判明した私とイタリア人友人との会話、載せますね。
話題は、彼女がいると思われる男の子を好きになってしまってどうしよう・・?というお友達の恋愛話です。

- Non si interferisce nelle relazioni altrui. Assolutamente. Se lui decide di cambiare è un'altra storia.
(他人の人間関係に干渉するもんじゃないよ。絶対に。もし彼が心変わりをするんだったらまた別の話になるけどね)

- Allora secondo te, non ci si avvicina ad uno già fidanzato?
(じゃあ、すでに彼女がいる人には近づいちゃいけないってあなたは思うわけ?)

- Sì, ci si avvicina, ma non si ruba!!
(そうじゃなくて、近づくのはいいよ。でも盗ったりしちゃダメ!)←う~ん、略奪愛反対派なのですね・・・(^ ^;)

- Allora come si fa gli approcci?
(じゃあ、どうやってアプローチするのよ?)

- Non lo so, sinceramente, ogni situazione è unica.
(正直、分からないな。どのシチュエーションもそれぞれだから)
È impossibile per me avere un opinione obiettiva non conoscendo le persone ed esattamente la situazione.
(その人とシチュエーションを正確に知らないで、客観的な意見をもつことはできないな)

“obiettivo”が形容詞として使われていることは、形容する名詞“opinione(意見)”にあわせて女性形に変化していることから分かりますね。

------------------
interferire ~に干渉する、口出しする、介入する(in ~)
relazione 関係、人間関係、交際、間柄
altrui ほかの人の、他人の
avvicinarsi ~に近づく、接近する(a ~)
rubare 盗む、奪う
approccio アプローチ、接近、接触
opinione 意見
------------------
【2006/05/01 06:31】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(2) |
sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる
日常会話の中で、特に難しい表現っていうわけじゃないし、それを言いたいときに他の言い方でも伝えることはできるんだけど、ひょっとしたらもっといい表現、まさにドンピシャな表現が存在するんじゃないか??

・・・みたいに思っていたことがあります。
(でも、これだけじゃ、なんのことやら分からないですね)

それが、先日、友人italianoとのチャット(la chat)を通して判明しました。

なんだか最近、チャットネタばっかりですが・・・(^ ^;)

我が家は、インターネットが使い放題になるのは夜8時から朝8時までで、それ以外の時間は、1時間毎に接続料金がかかります。
なので、よほどの緊急時以外は、昼間ネットをすることはないのですが、先日は時差があるところに住んでいる友人と、ちょっと急ぎの会話をする必要に迫られました。

なにしろ時差があるせいで、こちらとしても接続料金のかかる昼間にネットせざるを得なく・・・。
でも、たらたらとチャットしていると接続料金がすごいことになるだろうから、会話の最初に“そんな理由なので、手短かに済まそうね”ってことを言っておいたわけです。

・・・で、私も接続時間を気にしつつも、つい盛りあがってしまっていると、

- Senti mi sento a disagio che stai pagando internet..
 (ねぇ、君がネットにお金を払い続けているのが気になるんだけど・・・)

向こうも気にしてくれていたみたいで、こんなことを言ってくれました。

disagio 居心地の悪さ、不自由、不便、窮屈さ

sentirsi a disagio 居心地が悪い、窮屈な思いをする、不快な思いをする

“disagio”をひいたとき、辞書に書いてある意味“居心地が悪い”とか“窮屈な思いをする”とか、具体的にどういう時に使ったらいいんだろう?
・・・って思っていたのですが、こんなときに使えるんですね。

そう言われてみれば、“disagio”という言葉は、よくその辺で耳にするし。
結構、使う表現だったのですねぇ。
なんて、今更のように感心してみたりして・・・さっそく私も使おう!

てことで思いついたのが、こんなシチュエーション。

お友達どうしでちょっとカフェを一杯というときの会計って、イタリア人って、割り勘にせずにどちらかがパッと払ってしまうことって多いんです。
(ちなみに、これは韓国人も一緒)

でも、日本人って、なにごともキッチリさせるお国柄のせいか、小さな金額の会計でも割り勘にする傾向が強いような。

それこそ、何セントというような小額でもキッチリ割り勘にしようとする姿勢は、たとえ割り勘にするとしても、そうとうドンブリ勘定なイタリア人から見るとちょっとビックリみたいなのです。
(韓国人から見ても、そうかもしれない・・・)

日本人どうしでバールに寄ってカフェするときは、お互い暗黙の了解で割り勘でいいので楽といえば楽ですが、これがイタリア人の友達と一緒だと、私がのほほんとしている間に、さっと私の分まで払われてしまって、

- Nooooo!! Pago io!
 (ええー!私が払うよぅ!)

- Ti offro io.
 (おごるわよ)

だなんて、私が握り締めている1ユーロは頑として受けとってもらえなかったりして。

イタリア人の友達といっても、男性の場合は“会計は男性”という別ルールがあるせいで彼らが払うのが当然なのかもしれませんが、女性の友達との場合でも、彼女達がさっさと払ってしまって、私が払おうとしても、

- Allora mi offri tu la prossima volta.
(じゃ、次回はあなたがおごってね)

とかなんとか、言い逃れられてしまうのですね。
次回っていっても、しょっちゅう会うような関係の友達じゃなければ、次回があるのかないのかすら分からないのにねぇ。

たかがカフェ1杯、金額的にはたいしたことはないし、彼らの好意は嬉しいからもちろんありがたく受け入れたいのですが、毎回おごられてばっかりだとやっぱり気になるってもんです。

彼らのこの習慣は、ある意味、ホスピタリティから来ているのかな?

イタリア人のおばさんたちが、バールの会計で、

“奥様、今日は私が払うわ”
“んまぁ~、奥様、何を言うの、今日は私が!”

なんて押し問答しているのも、そういえばよく聞くし(笑)。

どっちにしても、会計が済んでしまった後で、“どーしても受けとって欲しい”とお金を差し出したり拒否されたりし続けるするのは、あんまりスマートじゃないですよね。

そろそろ会計・・・というタイミングを見計らって、さっと先に払ってしまうというのも、一種の社交術かしら?

で、“今日こそは私が!”と意気込んで、私が払おうとしているときに、友達italianaから“あらそんな、私が払うわ”だなんて言われたら、

- Ma oggi ti offro io che mi sento a disagio che tu mi offri sempre!
 (今日は私がおごるわ。だって、いっつもあなたが払ってくれるの悪いもの!)

って言ってやるのだ~。
【2006/03/31 03:23】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(8) |
fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)
前回に続いて、今回もチャットから拾ったコネタです。

故障しているわけじゃないんだけど、なーんか機械の調子が悪い・・・そんなときに使える、ちょっと口語的な表現です。

例によってチャット中に、相手の友達italianoがおちました。

- ci sei? se devi andare via, dimmelo...
 (いる?もし中断したかったら、言ってね)

- scusa. internet fa le bizze
 (ごめん。インターネットが調子悪くて)

この表現知らなかったので、すかさず電子辞書をひいてみると、

fare le bizze だだをこねる

へぇぇ、“だだをこねる”にはこんな言い方もあるんだ。
今まで“fare i capricci”しか知らなかったけど。

capriccio 気まぐれ、わがまま、むら気、(特に幼児の)わがまま、気まぐれの恋、浮気心

“気まぐれ”から派生して、はては“浮気”なんて意味まで。

ちなみに、名詞“capriccio”から派生した形容詞“capriccioso”は、“ワガママである”ということを言いたいときに、とってもポピュラーに使われる単語。

Lei è molto capricciosa.
(彼女って、とってもワガママ!)

つまり、“fare le bizze”は、この“capriccio”がらみの表現と似たようなものってことかな?

- fare le bizze= dare problemi, comportarsi in maniera strana
 (“fare le bizze”っていうのは、おかしなふうに振舞って問題を起こすことだよ)

- vuol dire anche fare i cappricci? o un po' diverso...?
 (“fare i capricci”という意味でもあるの?それともちょっと違うの?)

- più o meno si. però lo si usa più per le macchine che per le persone
 (だいたいそうだね。でも、人についてよりも機械についていうときにより使うね)

- capisco. facevi le bizze spesso quando eri piccolo?
 (なるほど。子供の頃、よくだだをこねてた?)

- hehehe, non ero una macchina. al massimo facevo i capricci
 (ははは、僕は機械じゃなかったよ。すくなくとも“capricci”はしてたけど)

----------------------------------

辞書によると、

bizza 軽いいらだち、(子供の)だだ

fare le bizze だだをこねる

という意味が載っているんだけど、この友達italianoの解説によると、どっちかというと機械の調子が悪いときに使うというじゃないですか。

ということで、毎度のことながら辞書ってあてにならないんだよね・・・という感想を胸に、今回はこの辺で。
【2006/03/13 06:47】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(6) |
inciampare つまづく、よろける
本日は、局地的に使うであろうと思われる(?)コネタです。

イタリア人のお友達とチャットで話すことがあるという方は使ってみてください。
(もちろん、日常会話の中で本来の意味で使っても全然かまわないのですけど)

ある日のチャットにて。
イタリア語に関するまじめな質問事項の最中に、急に友達italianoがチャットからおちてしまいました。

そもそも、日本語の“おちる”っていうのも、チャット用語かな?
・・・で、復活した後。

- taidama. sono inciampato nel filo. ed ho disconnesso il pc
 (タダイマ。回線でつまづいちゃったよ。だから接続を切ったんだ)

inciampare つまづく、よろめく、(困難などに)出くわす

この単語、知りませんでした!

へぇぇぇ、おもしろい!

友人の発言は、直訳すると“回線の中でつまづいた”なのですが、この単語にはそこから派生した“困難などに出くわす”という意味もあるので、“回線の中でつまづいた結果、接続が難しくなった”というニュアンスだったのでしょう。

辞書に載っている“inciampare”の例文の発展バージョンとして、

Mentre camminavo pensando alle mie cose, sono inciampata in un sasso.
(歩いている途中に考え事をしていて、私は石につまづいた)

È inciampato nel codice penale.
(彼は、うっかり刑法に違反した)

“inciampare”は自動詞なので、直に目的語をとることができず、前置詞“in”を伴う・・・というのも、ポイントですね。

どの前置詞がどういう場合にどの動詞と一緒に使われるか??
っていうのは、結局、動詞ごとに覚えなくてはいけなかったりして、毎度毎度、悩ませられますが。

で、さらにチャットを続けていったのですが、このとき時間も遅かったし、眠かったしで、つい指が滑ってタイプミスをしてしまいまして。

- si, infatti lo scii e' uno degli unici sport che so fare. in realta' non sono sportiva
 (そう、実のところ、スキーっていうのは私ができる数少ないスポーツのうちのひとつで。ホント言うと、私スポーツ音痴だから)

- sci. una sola i. io non so sciare
 (“sci”だよ。“i”はひとつだけ。僕はスキーできないけどね)

- scusa, solo hanno inciampato le dita
 (ごめん、指が滑っただけ)

- sono inciampate, non hanno inciampato
 (“sono inciampate”だよ。“hanno inciampato”じゃなくて)

- vero, solo che sono inciampate le dita anche su questo!
 (そうだね。これも指がすべっただけだって!)

・・・。

“sci”を“scii”とタイプしてしまったのは、明らかに指が滑ったのだけど、自動詞“inciampare”を過去形にするときの助動詞に“essere”ではなくて“avere”を間違って使ってしまったのは、指が滑った・・・

・・・わけではないのは、明らかです。。。(^ ^;)

覚えたばっかりの“inciampare”。
さっそく試したくて、使ってみたのはいいんだけど。。。

最後の一言は、苦しい言い訳でした(笑)。

(もっとも、辞書によると“avere”も“essere”も両方使うようなことが書いてあるけど、このへんの具体的な違い、どうなんだろう?)
【2006/03/11 05:06】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(4) |
a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)
ぷちっとコネタです。

先日、友達italianoとのチャットにて。

-come stai?
(元気?)

-sono ancora stanca leggermente.
(まだちょっと疲れてるけど・・・)

-a chi lo dici?
(誰に言ってるの?)

いや、誰にって・・・チャットしてるんだし、当然チャット相手のあなたしかいないでしょ。

-a te. perché?
(あなたによ。なんで?)

-è un modo di dire. intende anch'io sono stanco.
(それは、“僕もだよ”っていう意味の言いまわしだよ)

あっ・・・そうだったのか。

直訳だと、“誰に言ってるの?”になるんだけど、そこからさらに意味がひねられて、

誰に言ってるの? → 私だって…なのよ。

になるというわけか。

で、ハタと思い出した先日の出来事。

ミラノの誇るオペラ劇場スカラ座(il teatro alla Scala)に友人たちとオペラを観に行ったのです。

そのときの連れの一行の中には、なんと5歳の女の子がいて。
この子がオペラ大好きみたいで、夜8時開演という遅い時間にもかかわらず、途中で寝たり、騒いだりもしないで、すっごく真剣に聴くのだそうです。
(う~~ん、このあたり、まだまだ伝統ある“オペラの国”イタリアの面目躍如ですね!)

で、連れの友人italianoが私にいうには、

-Non parlare durante la musica, altrimenti lei si arrabbia e ti picchia!
(音楽が鳴っている間、しゃべっちゃダメだよ。そうじゃないと、彼女が怒って君をたたくからね!)

この友人は、からかい半分で言ったんだと思うけど、そこは私も音楽家のはしくれ。
誰に向かってそんな失礼なせりふを言ってると思ってんの?
演奏の最中に、おしゃべりだなんて、するわけがないじゃないのよ。

・・・と思ったので、文字どおり、

-A chi lo dici?
(誰にいってんの?)

と返したら、この友人italiano、なんだか変な顔をした。

私は、“誰にいってんの?”→“私だって仮にも音楽家なんだから、そんなマナーのなってないことするわけないでしょ”のつもりだったんだけど、イタリア語の決まった言い回し(modo di dire)で、

a chi lo dici? 自分もそうである

というのがあるとしたら、あのときの会話は、

-Non parlare durante la musica, altrimenti lei si arrabbia e ti picchia!
(音楽が鳴っている間、しゃべっちゃダメだよ。そうじゃないと、彼女が怒って君をたたくからね!)

-A chi lo dici?
(私もたたくわよ)

と理解されたのだろうか・・・・ぷぷ(笑)

==============================

ブログの表示があいかわらずおかしくて、どうやらテンプレートに問題があるみたいです。
テンプレートそのものを変えなければならないみたい・・・。
気に入ったテンプレートだったのになぁ。

現在、代わりのテンプレートを探しているところですが、なかなか気に入ったデザインのが見つからないんですよねぇ。
おまけに、今までのテンプレートは、かなりカスタマイズしてあるから、次のデザインのテンプレートでも、同様のカスタマイズを行わなくてはならず、最終的なデザインチェンジにまでは、ちょっと時間がかかりそうです。

その間、このRagazza Solareイタリア単語帳の一番初期に使っていたテンプレートに戻します。
(これ、ちょっと表示がうすくて見づらいので、あんまり好きではないんですが)

デザイン・リニューアルするまで、しばらくお待ちくださいね!
【2006/03/04 08:55】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(6) |
a pezzi くたくたになる
忘れた頃に登場する・・・本家のホームページRagazza Solareの更新頻度と同じような現象が、ここblogでも展開されようとしている今日この頃、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

あろうことか、トリノオリンピックは開催され、2006年2月も、あれよあれよというまに後半に入ってしまいましたね。

なんてことでしょう・・・今年に入ってから、これが2回目の更新だなんて。

ごめんなさい・・・なんか、やたらめったら忙しいのです。
くわえて、疲れかストレスか、原因不明の体調不良。
舌(lingua)が痛いったらありゃしない。。。うう。

いただいたコメントへのお返事も遅れに遅れてしまいまして、本当にごめんなさい。

さて、そんな中で、本日取り上げたいのは、これ。

a pezzi ばらばらに

もともとの意味は、“ばらばらに”ってことで、たとえば、

Ha rotto la tazza a pezzi con furore.
(彼は、怒りのあまり茶碗をばらばらに割ってしまった)

という使い方はごく普通ですが、ちょっとした口語表現として“(体がばらばらになりそうなほど)くたくたに疲れる”という使い方もするみたいなのです。
(イタリア人の友達が使っていたところから、覚えました)

In questi giorni sono sempre in viaggio... poi ho troppe cose da fare, sono a pezzi!!
(最近、いっつも旅ばっかりしているし、やることはいっぱいあるし・・・もう疲れてくたくただよ~!)

とか、

Come stai?
(元気?)

...A pezzi.
(くたくた)

無言の間とそれに続く“A pezzi”だけの短い返答で、いかに疲れているかが察せられようという会話。。。(^ ^;)

“めちゃめちゃ疲れている”という表現としては、他にも

stanco morto 死にそうに疲れている、めちゃめちゃ疲れている

という言いまわし(modo di dire)があります。

morto 死んだ、死んだも同然の、死んだような

なので、文字どおり“死にそうに疲れている”って意味で、この感覚は日本語でも一緒で分かりやすいですねぇ。
(つまり、覚えやすくもある?)

ちなみに、“stanco morto”は主語にあわせて“stanco”も“morto”も語尾変化するのがミソですね。

私の場合(女性単数)だと、

Sono stanca morta.
(死にそーに疲れた)

になるというわけです。

久々の更新をほとんど言い訳(scusa)のように使っているというサイアクな管理人ですが、最近ちょっと慣れないことを始めたので、しばらくの間はこれに時間をとられてしまって更新頻度が落ちてしまいそうです。

でも、時間を見つけてネタをアップするように頑張りたいと思いますので、今後もどうぞよろしくお願いします。
【2006/02/18 09:05】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(3) |
essere impaziente 楽しみにしてるよ
わーーー!!!

更新がずいぶん久しぶりになってしまいました!
ネタは毎日、毎日、連続してあったのですが・・・なかなか書いている時間がとれなくて(泣)。

ああ、こうしているうちにも、ネタがどんどん鮮度を失っていく~~!・・・と思いつつ、書けないジレンマと戦っておりました(←ちょっと大袈裟)。

今回の記事もちょっとした小ネタなんですが、書きたい気持ちが盛り上がっているこの旬を逃さないうちに書きとめておきたいと思います。

さて。

わくわくしながら(楽しみに)待っている、とか、待ち遠しい~!とかをイタリア語でどういうふうに表現したらいい?・・・って話。

英語で言うところの、

look forward to ...ing ~するのを楽しみに待つ

I'm looking forward to seeing you.
(お会いできるのを楽しみにしています)

ってやつです。
(余談ですけど、このイディオムって、toのあとだから不定詞=動詞の原形と思いきや、現在分詞...ingがくるんですよね。受験生だったとき、よくこれのひっかけ問題にひっかかりそうになってましたよ:笑)

これについて、イタリア語バージョンで知っていたのは、

non vedere l'ora di ~(不定詞) ~するのを待ちこがれる、したくてたまらない

Grazie per avermi invitata a pranzo, non vedo l'ora di vederti.
(昼食に招いてくれてありがとう。会えるのを楽しみにしているわ)

というふうに使います。

それはそうとして。

本題に戻りますと、そもそも友達に『わくわく』っていう日本語を説明しようとしたときに、

Impaziente?
(“impaziente”ってこと?)

って訊かれちゃったんですよ。

No, "waku waku" ha un senso positivo.
(ううん、『わくわく』っていうのは、ポジティブな意味だよ)

だって、辞書で引くと、

impaziente 我慢ならない、辛抱できない、いらいらした、短気な

なんだかネガティブな意味しか書いてないじゃないですか?
だから、この単語について、最初からなんとなくネガティブなイメージがあったのです。

そしたら、

Ma "essere impaziente" ha un senso positivo.
(でも、“essere impaziente”って、ポジティブな意味があるんだよ)

へぇぇ。

essere impaziente di ~(不定詞) ~したくてたまらない、しきりに~したがる

まあね。そもそも、

paziente 辛抱強い、我慢強い

の反対語“impaziente”だから、“~するのを辛抱できない”っていう状態なわけですね。
“辛抱することができない”っていう状態をネガティブととらえてしまうのは、ひょっとすると私が辛抱強い日本人だから?!(笑)

むしろ、イタリア人にとっては、辛抱できないほどの強い欲求をもってくれているのだ!・・・ってことで、ポジティブだと考えられるのかな?

(ここにもまた国民性の違いが!!・・・と、深読みをしてみたりして)

辞書からの例文を(いつものようにアレンジ)。

Sono impaziente di vederti la settimana prossima.
(来週、あなたに会えるのを楽しみにしているわ)

“楽しみにしてるよ”っていう表現は“non vedere l'ora”だけじゃなかったのね。。。。

というところで、最後にこの友達からの補足説明を。

Comunque le due espressioni sono per lo più uguali.
(ともかく、2つの表現はだいたい同じだよ)

Forse "essere impaziente" è meno usato di "non vedere l'ora".
(たぶん、“essere impaziente”は“non vedere l'ora”よりは使われることが少ないかもね)

ってことでした。。。

------------------------
comunque とにかく、ともかく
espressione 表現
per lo più / per lo meno だいたい、ほぼ
------------------------
【2005/12/21 04:11】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(6) |
a meno che... ~でないかぎり
イタリア人の知り合いと会話しているとよく耳にするんだけど、実際に自分がなかなか使えなかった表現・・・ありすぎてありすぎて困っちゃうのですが、これもそのひとつ。

a meno che...(接続法) ~でないかぎり、~を除いて

辞書による例文(をちょっとアレンジ)。

Vado con te al cinema stasera a meno che non piova.
(今夜、雨が降らなかったらあなたと一緒に映画に行くわ)

piovere 雨が降る

この動詞、直説法(indicativo)で普通に活用するなら“piove”(雨が降る)ですが、ここでは接続法(congiuntivo)で活用させなければいけないというルールがあるので、“piova”となっているわけです。

もうひとつのサンプル。
友達italianoからもらった携帯メール。
(助かるんだよね~、生きたイタリア語のサンプル!)

この人、メインの職業は小学校の先生。
(他に観光ガイドと大学院生を兼業しているけど、イタリア人ってこういうふうに何足もワラジを履いている人多いんだよね、どうでもいいけど・・・)
勤務中はずっと携帯をバイブ機能みにしておくらしくて、電話をかけてもなかなかつながらなかったのです。
・・・で、“なんどもかけて、わずらわしくてごめんね”と、(いちおう)礼儀正しい日本人として謝ったところ、

Ma no, scusa tu!
(とんでもない、こっちこそごめんよ!)
A scuola il tel ce l'ho senza suoneria e finisco col lasciarlo così tutto il dì.
(学校では電話は着信音なしにしていて、そのまま1日中ずっとほっておいちゃうんだ)
Risultato: a meno che non mi vibri in tasca non lo sento!
(結果として・・・ポケットの中で振動しないかぎり、電話が分からないんだよ!)

vibrare 振動する、震える

これも、主語が“il cellulare”(携帯電話)だから、直説法の活用だったら3人称単数形“vibra”となりますが、ここでは接続法なので“vibri”になっている・・・と、こういうわけです。

それにしても、こんなに短い携帯メッセージなのに、やっぱりネイティブスピーカーの使うイタリア語は違うわ。。。
短いにもかかわらず、なんというか、文章がこなれている。。。

他のところも、ポイント解説。

scusa tu!
(こっちこそ、ごめんよ)

動詞“scusare”(許す)の命令法で、主語は“tu”。
普通の“ごめんね”=“scusa(mi)”に対して、“こっちこそごめん!”と強調するために、命令法にもかかわらず主語“tu”がおかれているのでしょう。

一瞬ややこしく感じますが、この場合“tu”である相手は私なので、私に対して“scusa(mi)”と謝っているのですね。
直訳するなら、“君こそ、僕を許してくれ”・・・こんな感じ。
(直訳しちゃうと、とっても大袈裟:笑)

“ごめ~ん!”“こっちこそ、ごめ~ん!”

こんな会話のときに、

“Scusa!”“Scusa tu!”

こんなふうに成り立つ・・・と、機械的に覚えるのがいいかも。
(“私のほうこそごめん!”という感覚から“Scusa io!”といいたくなってしまう・・・のは、思いっきり日本語的誤りですね:笑)

A scuola il tel ce l'ho senza suoneria e finisco col lasciarlo così tutto il dì.
(学校では電話は着信音なしにしていて、そのまま1日中ずっとほっておいちゃうんだ)

suoneria 携帯電話などの着信音

finire con ~ ついに~する、~して終わる

動詞“finire”(終える、終わる)といえば“di+(動詞の原形)”との組み合わせで“~し終える”という使い方をまず覚えますよね?

Finisco di scrivere un articolo del mio blog per l'aggiornamento di oggi.
(今日の更新のためのブログ記事を書き終える)

でも、実はその他にも“ついに~する”という使い方があったのですね・・・知りませんでした。

finisco col lasciarlo così tutto il dì.
(そのまま1日中ずっとほっておいちゃうんだ)

この“col”は“con + il”ですね。

“ついに~する”の使い方の場合は、前置詞“con”をともなう。
前置詞というのは、原則としてそのあとに名詞しか続くことができない。
よって、動詞をそのまま使いたい場合には、定冠詞つきで動詞の原形を用いる・・・と覚えておけばいいのかな。
(つまり、動詞なんだけど定冠詞がつくことによって名詞がわりになり、前置詞“con”に続くことができる・・・と)

直訳するなら、

finisco col lasciarlo così tutto il dì.
(1日中、ついにそれ《=携帯電話》をこのようにほったらかしたままにしてしまう)

う~ん、この“finire + con”(ついに~する)の表現、使いこなせたらすごく便利なんだろうけど、まだいまひとつその感覚が身になっていない気がする。。。。
もっとたくさんのサンプルに接しないとダメかも。
(外国語って、やっぱりその言語特有の感覚で覚えないとダメって痛感するのは、こんなときです)

Ci vuole tempo...ma pazienza!!
(時間がかかるけど・・・でも、しょうがない!)
【2005/12/10 07:54】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(4) |
next→
PROFILO
まのん
  • Author:まのん
  • イタリア在住ながらも、まだまだ語学は発展途上中です。イタリア語学習中の皆さま、一緒にボキャブラリーを増やしていきましょう~。
    ご意見・ご感想メールはこちらまで、どうぞよろしく♪
    人気blogランキングへ
  • RSS1.0
  • CALENDARIO
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    ARTICOLI RECENTI
  • gaffe へま、失言、失態(05/22)
  • essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる(05/09)
  • obiettivo 客観的な(05/01)
  • sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる(03/31)
  • fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)(03/13)
  • inciampare つまづく、よろける(03/11)
  • a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)(03/04)
  • いったいなぜ??(02/26)
  • a pezzi くたくたになる(02/18)
  • Buon Anno! 新年おめでとう!(01/09)
  • COMMENTI RECENTI
  • まのん(07/30)
  • ヨシくん(07/28)
  • まのん(05/26)
  • リリーブルー(05/25)
  • まのん(05/25)
  • Kchan(05/22)
  • まのん(05/22)
  • まのん(05/22)
  • ぶりらんて(05/13)
  • Kchan(05/10)
  • まのん(05/08)
  • Kchan(05/03)
  • まのん(04/26)
  • moto(04/22)
  • まのん(04/10)
  • TRACKBACK RECENTI
  • 飽きっぽいイタリア語:Cosa ci fai qui?(10/07)
  • ARCHIVI
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (16)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)
  • CATEGORIE
  • イタリア単語帳 (47)
  • ちょこっと文法 (7)
  • ばるぜれった(^m^) (6)
  • その他雑記 (2)
  • ごあいさつ (2)
  • LINK
  • Ragazza Solare
  • BelGiappone
  • 楽しく覚えるイタリア語!
  • みりあのイタリア語メモ
  • たとえばこんな■イタリア語
  • 飽きっぽいイタリア語
  • ITALIANIAMOCI con Arigatou
  • イタリアつれづれ日記
  • イタリア文化と波乗りが好き
  • il mio diario
  • Life in the UK イギリス生活記
  • 本当のアメリカ留学。
  • VOMITARE L'ANIMA
  • おらとキアヌぼん
  • ~ Amore ~ 前原加奈 Official web site
  • Kchanは今日も行く。
  • RICERCA
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。