Ragazza Solare イタリア単語帳
ニュアンスに富んだイタリア語を喋るために…増やせ、ボキャブラ!!(≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
Coppia moderna 現代の夫婦
Coppia Moderna
(現代の夫婦)

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Chirurgia plastica
(整形手術)

La moglie dice al marito:
(妻が夫に言う)

- Voglio farmi un intervento di chirurgia plastica!
(私、整形手術しようかな!)

Il marito, continuando a leggere il giornale, seraficamente ribatte:
(夫、新聞を読みつづけながら、動じずに反論)

- Amore... fare la chirurgia plastica è come cambiare le piastrelle in bagno: cambi le piastrelle ma il cesso rimane comunque!!!
(あも~れ、整形手術をするってことは風呂場のタイルを代えるようなもんだよ・・・タイルを代えても便器は残る!!!)

----------------------------------
moglie 妻
marito 夫
farsi (自分のために)~する
chirurgia plastica 整形手術
intervento 手術
seraficamente 静穏に、動じないで
ribattere 反駁する、反論する、口答えする、言い返す
piastrella タイル
cesso 《俗語》便所、便器
----------------------------------

便器・・・奥さん、便器ですか・・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Il marito ritorna a casa alle ore piccole, naturalmente sbronzo.
(夫が深夜遅くなってから帰宅、当然、酔っ払っている)

La moglie lo aspetta con la scopa in mano.
(妻は、ホウキを手に夫を待つ)

Nonostante i fumi dell'alcol, il marito dice alla donna:
(酒臭さにもかかわらず、夫は妻に言う)

- Ti sei alzata presto per pulire la casa oppure stai per prendere il volo con la scopa?
(おまえ、掃除するために早起きしたところ? それとも、そのホウキでこれから空を飛ぶところ?)

----------------------------------
sbronzo 酔っ払った
scopa ホウキ
nonostante ~にもかかわらず
fumi dell'alcol 酒気
stare per ~(動詞の原形) まさに~しようとしているところである
volo 飛行、飛ぶこと
----------------------------------

奥様は魔女?(笑)

そうそう、“alle ore piccole”ですが、直訳すると“小さい時間に”。
つまり、午前1時とか2時とか3時とか、数字の小さい時間帯にご帰還・・・とこういうわけですね。

へぇ~、こういう言い方するんだ。
日本では、午前0時すぎると“午前さま”っていうじゃないですか。
イタリアでは“小さい時間にご帰宅”っていうのねー。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Ieri sera dovevamo andare a cena fuori: avevo prenotato per le otto ed erano già le otto e un quarto.
(昨夜、夕食を外でとる予定だった・・・私は8時に予約をしたが、時刻はすでに8時15分を回っていた)

Mia moglie continuava a guardarsi in uno specchio a tutt'altezza e sembrava voler cercare ogni possibile pretesto per farci ritardare:
(私の妻は全身が映る姿見で自分の姿を眺めつづけ、私達を遅れさせるための可能な限りのあらゆる口実を並べているかのようだった)

----------------------------------
specchio a tutt'altezza (全身が映る)姿見、大きな鏡
pretesto 口実、いいわけ、弁解、かこつけ
ritardare 遅れる、ぐずぐずする、送れが出る
----------------------------------

- Caro, mi sembra di essere invecchiata, ci sono delle nuove rughe intorno agli occhi.
(ねぇ~、私、老けちゃったみたいじゃない? 目の周りに新しく皺ができてるし・・・)

----------------------------------
invecchiare 老ける、老いる、年をとる
ruga (顔の)皺
intorno a ~ ~のまわりに
----------------------------------

E poi, con questa luce, sembro più grassa, e le tette sembrano essersi afflosciate, mentre il sedere pare sceso in basso.
(それに、この照明じゃ太って見えるし、おっぱいはしぼんでるみたいに見えるし、お尻はたれているみたいだし)

----------------------------------
tetta おっぱい《幼児語?》
afflosciarsi ぐにゃぐにゃになる、(帆が)しぼむ、(タイヤの)空気が抜ける
mentre 一方、~であるのに、しかるに
sedere お尻
----------------------------------

Mi sento flaccida e vecchia. Amore, non potresti dirmi qualcosa di carino per tirarmi su di morale?
(私、たるんで老けちゃったみたいに感じる・・・あも~れ、私の気分を引き上げるために、なにかかわいいことを言ってくれない?)

----------------------------------
flaccido ぶよぶよとした、締まりのない、弱い、たるんだ
morale 気分、士気、精神状態、機嫌
----------------------------------

Mia moglie pareva veramente in crisi e così per confortarla le ho prontamente detto:
(妻は、まさしく危機を感じているようだったので、私は彼女を力づけるために、ただちに言った)

----------------------------------
crisi 危機、危機的状況、窮状
confortare 慰める、力づける、勇気づける
prontamente すばやく、機敏に、ただちに、すぐに
----------------------------------

- Tesoro, devi essere felice di avere una vista perfetta!
(てぞ~ろ、君は非の打ち所のない視力をもってることを喜ばなくっちゃ!)

----------------------------------
tesoro 宝物
(ただし、この場合は“Amore”“Caro/a”と同様、恋人・パートナーに対する、典型的な甘~い呼び方のひとつ)→くわしくは、ここを!
vista 視力、視覚
perfetto 完全な、申し分のない、すばらしい、本当の、欠点のない
----------------------------------

夫よ、フォローになっとらんぞ。。。。

この訳の調子だと、この奥さんは(自分ではそうは言うものの)まだまだじゅうぶん若くてかわいく見える女性のようじゃないですか?
だって、『ねぇ~、あも~れ♪』だし。

ところが、イタリア人のコワイところ(笑)、いえいえ、素晴らしいところは、これを(自分で言うよりも実際ずっと)皺が寄ってるし、太ってるし、おっぱいしぼんでるし、お尻もたれてる、どっからみても中年のおばさん的ルックスになっちゃった妙齢(笑)の女性でも言いかねない、ということかも。

で、挙句の果てに、『なにかかわいいこと言ってくれない?』だし。
(うーむ、私は自分がこういう妙齢になっちゃったときに、こんなふうにおねだりできるかなぁ・・・?? イタリアの女って、一生“現役の女”なのよねぇ。。。)

男性諸氏にお伺いしたいですが、貴方は(見るからに老けてしまった)妻にこういうふうにおねだりされたら、
『大丈夫だよ~、あも~れ、まだまだ君はとっても綺麗だよ(はぁと)』って返せます??(笑)

まあ、この夫は、天然ボケで返したけど、それでも、なんとか(愛する?)妻のよい部分を探し出してあげようじゃないか、と考えたところが、どこまでも女性に優しいイタリア男の面目躍如か(笑)。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

La trovatella
(捨て子)

----------------------------------
trovatello 捨て子
----------------------------------

Lei torna a casa (senza avvisare prima...) e, sorpresa, trova lui a letto con una giovane fanciulla.
(彼女は事前に知らせることなく家に帰り・・・そして、彼が若い娘と一緒にベッドにいるのを発見してビックリ)

----------------------------------
avvisare 知らせる、通知する、事前に注意する、警告する
fanciulla 少女、娘
----------------------------------

Scena madre, lei gli intima di andarsene e minaccia il divorzio.
(まさに愁嘆場、彼女は彼に出ていってちょうだい、離婚よ~!とキレて叫ぶわ、脅すわ・・・)

----------------------------------
scena madre 舞台の見せ場、《蔑》大げさでくさい場面
intimare di ~(動詞の原形) ~するように命じる、厳命する、申し渡す
andarsene 立ち去る、退散する
minacciare 脅す、威嚇する、ゆする、脅かす、危険にさらす
divorzio 離婚
----------------------------------

Lui con estrema calma:
(彼は、はなはだ落ち着き払って)

- Va bene, però prima ascoltami e poi decidi!
(いいだろう、でも、まず俺の話を聞いて、それから決めろよ)

Lei acconsente malvolentieri.
(彼女は、しぶしぶ承知)

----------------------------------
estremo 極端な、はなはだしい、非常な
calma 静けさ、落ちつき、平静
acconsentire 同意する、承諾する
malvolentieri 不本意ながら、しぶしぶ、不承不承
----------------------------------

- Stavo andando in macchina quando vedo questa ragazza che fa l'autostop, sporca, lacera e patita.
(車を走らせていたら、この子がヒッチハイクをしていたんだ・・・よごれて、ぼろを着て、衰弱しきった様子で)

----------------------------------
fare l'autostop ヒッチハイクをする
sporco 汚れた、きたない
lacero 引き裂かれた、ずたずたに裂かれた、ぼろを着た
patito 欠食した、衰弱しきった、やつれた
----------------------------------

- Mosso a compassione, l'ho caricata e mi sono fatto raccontare la sua triste storia.
(かわいそうに思って、この子を車に乗せ、その悲しい話を聞いてやったんだ)

----------------------------------
compassione 同情、哀れみ、不憫
 ‐muovere a compassione 哀れを催させる
caricare (人や車などに)積む、背負わす
raccontare 語る、物語る、話して聞かせる
triste 悲しい
----------------------------------

- Non mangiava da giorni.
(この子は、もう何日も食べてなかった)

- Allora l'ho portata a casa e le ho preparato un piatto di pasta.
(だから、俺はこの子を家に連れてきて、パスタを一皿作ってやった)

- Vedessi come l'ha divorato!
(この子がそれをどんなに貪り食ったかを見せたかったよ!)

----------------------------------
divorare むさぼり食う、がつがつ食べる
----------------------------------

- Poi le ho chiesto se voleva fare un bagno, sai puzzava un po'!
(それから、風呂に入りたくはないか訊いてやったんだ・・・臭かったし)

----------------------------------
fare un bagno 入浴する
puzzare 悪臭を放つ、ひどい匂いがする
----------------------------------

Intanto che si lavava ho dato un'occhiata ai suoi vestiti.
(この子が体を洗っている間に、俺はその服をちょっと見た)

----------------------------------
intanto その間に、そうしているうちに
lavarsi (自分自身の体を)洗う
dare un'occhiata ちょっと見る、チラッと見る
----------------------------------

- Avessi visto in che condizione erano!
(おまえ、その服がどんな状態だったかを見せたかったよ!)

----------------------------------
condizione 状態、状況
----------------------------------

- Sporchi, puzzolenti e stracciati!
(汚れて、臭って、ぼろぼろで!)

----------------------------------
puzzolente 悪臭を放つ、くさい
stracciato ずたずたに引き裂いた、ぼろぼろになった
----------------------------------

- Ho tirato fuori quel paio di jeans che non metti più da anni perché ti stanno stretti, quel maglione che ti ha regalato tua sorella a Natale che non ti piaceva, quel paio di scarpe che avevi comprato in saldo e che non hai mai messo e l'ho rivestita.
(俺は、おまえがきついからってもう何年もはいていなかったあのジーンズ、クリスマスに妹からもらったのに気に入らなかったあのセーター、バーゲンで買ったのに結局一度も履かずににとっておいたあの靴を出してやった)

----------------------------------
tirare fuori 引き出す、取り出す
un paio di ~ 一組の~、一足の~
stretto 締まった、きつい
maglione セーター、プルオーバー
regalare 贈る
Natale クリスマス
saldo バーゲンセール
 ‐in saldo バーゲンで
rivestire 再び着せる、着替えさせる
----------------------------------

- Poi l'ho accompagnata alla porta, e quando stava uscendo si è voltata e mi ha chiesto:
(それから、玄関まで送ってやったんだ。そしたら、この子は家を出かかったときに、俺を振り向いて言ったんだ)

----------------------------------
accompagnare 同伴する、同行する、連れ立っていく、見送る
volgersi 向く、向かう、(体を)向ける
chiedere 尋ねる
----------------------------------

- "Non avresti qualcos'altro che tua moglie non usa più?"
(『あなたの奥さんがもう使わなくなったもの、他にはないの?』)

----------------------------------
qualcos'altro なにか他のもの
----------------------------------

どひゃ。
やっぱり、最後を締めるのは、この手のちょっとエッチなばるぜれったでしたー。
失礼しました。(≧∇≦)

でも、こんなバルゼレッタができちゃうことから見ると、どんなに年をとっても“あも~れ♪”“てぞ~ろ♪”の世界に入れるのがイタリア人というステレオタイプ像がありつつも、やっぱり、倦怠期になって、その手のこと(どの手?・・・なんちゃって)がご無沙汰になっちゃうイタリア人だって、ちゃーんといるんですねぇ~~~。

ま、人間ですものね。
ステレオタイプとしてひとくくりにするのは簡単ですけど、やっぱりいろんな人がいるってことで。。。。
スポンサーサイト
【2005/10/30 23:47】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(0) |
Gara di canotaggio カヌー競争
ちょっとハードな文法のお勉強が3回にもわたって続いたので、ここらで一気に脳みそがゆるくなる・・・・おなじみ、ばるぜれったです。(^w^)

わが“日本”が取り上げられているバルゼレッタを選んでみました。

そうそう、今回のバルゼレッタの中では、動詞がちょっと見なれない活用形、遠過去(passato remoto)をとっています。
たとえば、最初の文の“decisero”とか。
これは、動詞“decidere”(決める)の遠過去、主語は3人称複数(loro)。
最初はあまりピンとこなくても、慣れていくうちに、なんの動詞の遠過去かはだいたい分かるようになるし、意味的には近過去(passato prossimo)と同様だ・・・と、ここでは、軽くとらえておいてくださいね!

==================================

Gara di canottaggio
(カヌー競争)

----------------------------------
canotaggio (ボートやカヌーなどを)漕ぐこと、ボート漕ぎ
----------------------------------

Una società italiana ed una giapponese decisero di sfidarsi annualmente in una gara di canoa, con equipaggio di otto uomini.
(あるイタリアのクラブと、ある日本のクラブが年に1度、8人乗りのカヌーで競争をすることを決めた)

----------------------------------
società 会社、会、協会、クラブ

sfidarsi (相互的)挑戦しあう、試合する

annualmente 毎年、年に1度

canoa カヌー

equipaggio (船・飛行機などの)乗組員、クルー
----------------------------------

Entrambe le squadre si allenarono e quando arrivò il giorno della gara ciascuna squadra era al meglio della forma, ma i giapponesi vinsero con un vantaggio di oltre un chilometro.
(両チームとも訓練をし、試合の日がやってきたときはどちらのチームも最良のコンディションであったが、日本チームが1キロメートル以上のリードで勝ちを収めた)

----------------------------------
entrambi 2つとも、両者とも

squadra チーム

allenarsi 訓練する

ciascuno 各々の、めいめいの

forma (スポーツ選手などの)体調・コンディション

vantaggio (距離・時間の)リード、ハンディキャップ《スポーツ》

oltre ~以上
----------------------------------

Dopo la sconfitta il morale della squadra italiana era a terra.
(敗北のあと、イタリアチームの士気は地に落ちていた)

----------------------------------
sconfitta 敗北

morale 《男性名詞として》精神状態、士気、気力
----------------------------------

Il top management decise che si sarebbe dovuto vincere l'anno successivo e mise in piedi un gruppo di progetto per investigare il problema.
(経営陣トップは、次の年こそは勝たなければならないと決め、問題を徹底調査するためのプロジェクトチームを設立した)

----------------------------------
management (事業などの)管理、経営、マネージメント

successivo 続きの、次の

mettere in piedi 設立する、企画する

progetto 計画、企画、プロジェクト

investigare 調査する、(徹底的に)研究する
----------------------------------

Il gruppo di progetto scoprì dopo molte analisi che i giapponesi avevano sette uomini ai remi e uno che comandava, mentre la squadra italiana aveva un uomo che remava e sette che comandavano.
(プロジェクトチームは数多くの詳細な調査の末、日本チームは7人が櫂を漕ぎ、1人が統率していたのに反し、イタリアチームは1人が櫂を漕ぎ、7人が命令を下していたことを発見した)

----------------------------------
scoprire むき出しにする、発見する、見つける、見出す

analisi 分析、詳細な調査、研究

remo 櫂、オール

comandare 命令する、指揮する、統率する

mentre ~であるのに、しかるに、ところが一方
----------------------------------

In questa situazione di crisi il management diede una chiara prova di capacità gestionale: ingaggiò immediatamente una società di consulenza per investigare la struttura della squadra italiana.
(この危機的状況の中で、経営陣はその経営手腕を明白に立証してみせた。イタリアチームの構造を徹底調査するためのコンサルタント会社と、ただちに契約を交わしたのだ)

----------------------------------
situazione 状態、状況

crisi 危機、危機的状況、難局

dare prova di ~ ~を証明する、証しを立てる

capacità 能力、性能

gestionale 経営(運営)上の

ingaggiare 契約(義務)で縛る、募集する、雇う

immediatamente ただちに、すぐに、即刻

consulenza 専門的意見(助言)

struttura 構造、骨組み、骨格
----------------------------------

Dopo molti mesi di duro lavoro, gli esperti giunsero alla conclusione che nella squadra c'erano troppe persone a comandare e troppe poche a remare.
(何ヶ月にも及ぶ綿密な調査の末、専門家たちは、チームの中に命令を下す人間が多すぎ、漕ぐ人間が少なすぎるのだ、という結論に達した)

----------------------------------
esperto エキスパート、専門家

giungere a ~ ~に達する、~するにいたる

conclusione 結論、帰結、推論の結果、結末

remare (櫂で)船を漕ぐ
----------------------------------

Con il supporto del rapporto degli esperti fu decisa di cambiare immediatamente la struttura della squadra.
(専門家たちの報告書に支えられて、チーム構造はただちに変えられることに決まった)

----------------------------------
supporto 支え、援助、支援

rapporto 報告書、レポート、記録
----------------------------------

Ora ci sarebbero stati quattro comandanti, due supervisori dei comandanti, un capo dei supervisori e uno ai remi.
(いまや、4人の指揮官、2人の指揮官の監督者、1人の総監督、そして1人の漕ぎ手がいることとなった)

----------------------------------
comandante 指揮官、司令官、命令する人

supervisore 監督者、指揮者、スーパーバイザー

capo 長、トップ、チーフ、ボス、指導者、首領
----------------------------------

Inoltre si introdusse una serie di punti per ampliare il suo ambito lavorativo e dargli più responsabilità.
(さらに、その職分を拡大し、より責任ある地位を与えるために、一連の点数制が採用されることとなった)

----------------------------------
inoltre そのうえ、さらに、しかも

introdursi ~にそっと入る、忍び込む、広まる、普及する

ampliare 広げる、大きくする、増す、増やす

ambito 領域、範囲、職分

lavorativo 就労の、就業の

responsabilità 責任、責任ある地位
----------------------------------

L'anno dopo i giapponesi vinsero con un vantaggio di due chilometri.
(翌年、日本人チームは2キロメートルのリードをもって勝ちを収めた)

La società italiana licenziò immediatamente il rematore a causa degli scarsi risultati ottenuti sul lavoro, ma nonostante ciò pagò un bonus al gruppo di comando come ricompensa per il grande impegno che la squadra aveva dimostrato.
(イタリアのクラブは、ただちに漕ぎ手を業務上における不充分な成果のもとに解雇、しかしながら、指揮をとった一群には、チームが見せた偉大なる熱意への褒賞としてボーナスを支払った)

----------------------------------
licenziare クビにする、解雇する

rematore 漕ぎ手

scarso 不充分な、乏しい、足りない

risultato 結果、結末

ottenere (努力して)得る、獲得する、達成する

ricompensa 報い、報酬、褒賞

impegno 責任、義務、熱意、本気

dimostrare あらわす、表に出す、示す
----------------------------------

La società di consulenza preparò una nuova analisi, dove si dimostrò che era stata scelta la giusta tattica, che anche la motivazione era buona, ma che il materiale usato doveva essere migliorato.
(コンサルタント会社は新しい分析結果を用意し、その中で、戦術は正しく、モチベーションも良好、しかしながら使われた用具は改良されるべきと発表した)

----------------------------------
preparare 用意する、準備する、ととのえる

dimostrarsi (自分が~であることを)示す、(~であることが)分かる、判明する

tattica 方策、策略、駆け引き、作戦

motivazione 動機づけ、モチベーション

materiale 素材、器具

migliorare 改良する、改善する
----------------------------------

Al momento la società italiana è impegnata a progettare una nuova canoa.
(現在、イタリアのクラブは、新しいカヌーを鋭意、開発中である。)

----------------------------------
impegnare (a ~) (~することを)義務づける、契約で強いる

progettare 計画(企画)する、設計する
----------------------------------

す、すごいんですが・・・・このバルゼレッタ。

イタリア人よ、そこまで自爆ギャグをかますか?!?!

このイタリア・カヌーチームを、イタリア社会に置き換えてみたら・・・もう、あまりにもそのまんますぎて、笑え過ぎ・・・いえ、笑いも思わず凍りついてしまう小心な日本人のわたし。。。

だって、敗北のまず第一の原因が、

8人のクルーのうち、7人が命令を下し、実行するのはたった1人!

すなわち、みんながアレコレ指示だけはするのに、それを実行する立場にある人がほとんどいない → だから、いろんなことが滞る・・・。
あるある!! こーいうこと、あるある!!

そして、敗北の原因を究明すべきである!!・・・と(立派な)決心だけはたてるものの、その解決実行を自らの力で行わずに、外注。
外注したことで責任は果たした!あとはボク知~らない!・・・とふんぞりかえる。
あるあるある!! こーいうこと、あるあるある!!

長期間におよぶ綿密な調査の結果、判明したのは、誰にでも一目瞭然なあまりにも簡単な事実。
(だいたい、たったそれだけの簡単な結果を得るために、どこをどう怠けたら、そんなに長い期間をかけられるのか?!)
あるあるあるある!! あるあるあるあるーーっっ!!!

そして、その綿密?な調査の結果、得られたのは、さらに複雑になった命令系統だけ。実行する側は、あいかわらず、ほとんど皆無に近い少数者。
あるあるあるある・・・×n!!!

それにもかかわらず(というか、あたりまえな)、2度目の敗北。
誰がどっからみても敗北の要因は、複雑すぎる命令系統、機能していない構造、そしてそれを指示した上部組織にあるのに、実際に責任をとらされて首を切られるのは、いちばん下っ端のごく少数の実行者。
責任を問われるべき立場の人間は、あろうことか褒賞の対象に!!!
あるあるあるある・・・∞!!!

そして、さらに敗北の原因を追求した結果、責任の対象を“用具”に転嫁。

現在、新しい用具を鋭意、開発中・・・・って。

賭けてもいい。
きっと、この用具開発においても、↑↑と同じプロセスをたどって、(仮に全責任が“用具”にあったとしても)永久に“勝ちを収められる用具の開発”=“問題の根本的解決”は、なされることがないであろう。。。

あまりにもイタリア社会を風刺しているこのバルゼレッタ・・・・。

これを笑い飛ばせるイタリア人、あんたたち、すごすぎます。。。。。
(てゆーか、笑ってる場合じゃないだろ!!!!!!!!!!!)
【2005/10/24 07:06】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(7) |
Canna da pesca 釣りざお
お食事中の方は、食べ終わってからお読みください・・・系のシモネタです。
すみません。。。。m(_ _)m

でも、今までこのblogでとりあげてきた単語“spiacente”(残念な)“tuttavia”(しかしながら)“ritenere”(~を…と考える)なんかが出ていたので、取り上げてみました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Canna da pesca
(釣りざお)

Una donna si reca in un negozio di caccia e pesca per comprare una canna da pesca da regalare al marito per il suo compleanno.
(とある女、夫の誕生日プレゼントのための釣りざおを買いに、狩猟用具店へ足を運ぶ)

----------------------------------
recarsi ~におもむく、行く

canna da pesca 釣りざお
----------------------------------

Nel negozio dietro la cassa l'unico impiegato e un tizio con gli occhiali scuri che guarda fisso nel vuoto.
(店の中には、レジのうしろに唯一の従業員である、サングラスをかけた男が1人、虚空をにらんでいる)

----------------------------------
cassa レジ、会計、料金所

impiegato (オフィスワークの)サラリーマン、事務労働者、会社員

tizio (知らない、さして重要でない)人、やつ、(不特定の人をさして)ある男

fisso 定まった、固定された、じっと動かない

vuoto 空き、すきま、空白、空間
----------------------------------

Sentendola entrare fa:
(彼女が入ってきたのを感じとって)

- Posso aiutarla?
(いらっしゃいませ)

La donna indicando un articolo del negozio:
(女は、店にあるひとつの商品を指差して)

----------------------------------
articolo 物、商品
----------------------------------

- Certo, vorrei una canna da pesca per mio marito, mi può parlare di questa?
(ええ、夫のための釣りざおが欲しいんだけど、これについて説明してもらえる?)

Il commesso le dice:
(店員が答えるには)

- Sono spiacente, signora, ma sono cieco e non posso vedere la canna a cui lei si riferisce.
(申し訳ありませんが、お客さま、私は盲人なので、おっしゃっている釣りざおを見ることができません)

----------------------------------
riferirsi ~に言及する(a ~)、指差して言う、触れる
----------------------------------

Tuttavia se la prende e me la porta qui io sono in grado di descrivergliela in base al rumore che fa.
(しかしながら、もしお客さまがそれをここにお持ちくだされば、音から判断してそれについて詳しくご説明しましょう)

----------------------------------
in (buon) grado di ~(動詞の原形) 喜んで~する

descrivere 記述する、描写する、叙述する

in base a ~ ~に基づいて、~によると

rumore 物音、騒音、雑音
----------------------------------

La signora, incredula, prende la canna e la porta alla cassa dal commesso cieco.
(そのご婦人、半信半疑で釣りざおを取り、盲人の店員のいるレジまで持ってゆく)

----------------------------------
incredulo 疑い深い、容易に信じない、懐疑的な
----------------------------------

Questo la agita in aria e rapidamente dice:
(店員は空中で釣りざおを振ると、直ちに言う)

----------------------------------
agitare 振る、振り動かす

rapidamente 早く、速く
----------------------------------

- Questa è una Shimano Alivio, in carbonio, da 4 metri e 20, pesa 590 grammi ed è molto rapida e sensibile solo nel cimino. Costa 54 euro.
(これはシマノ・アルヴィオ、カーボン製、4メートル20、重さ590グラム、先端部分のみすばやく繊細に動きます。54ユーロです)

----------------------------------
carbonio 炭、炭素、カーボン

cimino 釣りざおの先
----------------------------------

La signora dice:
(ご婦人は言う)

- Eccezionale! - e prende un'altra canna.
(『すばらしいわ!』そして、もうひとつの釣りざおを取る)

Il commesso la agita e dice:
(店員はそれを振り、説明)

- Questa è una Mitchell Pro Surf, sempre in carbonio alto modulo, da 4 metri e 30, pesa solamente 160 grammi ed è divisa in 5 sezioni. Costa 121 euro.
(これはミッチェル・プロ・サーフ、同じくハイ・モジュール・カーボン製、4メートル30、重さはたったの160グラムで、5つに分解できます。お値段は121ユーロです)

----------------------------------
carbonio alto modulo ・・・?(←釣り具の専門用語でしょうか。すみません、釣りをやらないのでよく分かりません!)

solamente ただ~だけ、単に

dividere 分ける、分割する、分断する
----------------------------------

Notevolmente colpita la signora decide di comprare la seconda canna ritenendola migliore.
(著しく感銘を受けたそのご婦人、2番目の釣りざおのほうが良いと判断し、買うことに決める)

----------------------------------
notevolmente 著しく、めざましく

colpito 心打たれた、印象づけられた、感銘を受けた

ritenere ~を…と考える、判断する
----------------------------------

Mentre ripone la prima canna, la signora si lascia sfuggire una gran scoreggia rumorosa e puzzolente, ma pensa di non scusarsi con l'uomo dato che è cieco e che non ha idea di chi lei sia.
(最初の釣りざおを戻しに行きがてら、そのご婦人はうっかり音つきの臭~いオナラを放出。でも男が盲人で、彼女が誰であるかを知りようがないのをいいことに、詫びずにすましておこうと思う)

----------------------------------
riporre (もとの場所へ)戻す、片付ける

lasciarsi +(自動詞の原形) つい~してしまう

sfuggire (物が)落ちる、こぼれる、(言葉などがうかつに)漏れる

scoreggia (大きな)おなら《俗》

rumoroso うるさい、やかましい、大きな音のする

puzzolente 臭い、悪臭を放つ

scusarsi 弁明する、釈明する、正当化する、わびる
‐scusarsi con ~ di … ~(誰それ)に…(何か)ついてわびる

dato che +(直説法) ~なので
----------------------------------

Il commesso batte lo scontrino e fa:
(店員はレシートを打つ)

- Allora, sono 136 euro.
(では、136ユーロになります)

La donna sorpresa:
(女は驚く)

- Ma come? 136 euro? Lei mi aveva detto 121!!!
(なんですって?136ユーロ?あなた、121ユーロって言ったじゃないの!!!)

- Certo, signora, 121 euro per la canna, 10 euro per il richiamo dell'anatra e 5 euro per l'esca a base di vermi...
(もちろんですとも、お客さま。121ユーロが釣りざお代、10ユーロはカモの鳴き声のおとり代、5ユーロが虫の釣り餌代でございます)

----------------------------------
richiamo 呼び声、呼びかけ、引き付けること、誘惑、おとり

anatra カモ、アヒル

esca (おびき寄せるための)えさ、おとり

a base di ~ ~から成り立って

verme (うじ虫、イモムシ、ミミズなどの)虫
----------------------------------

うわ・・・思いっきりシモネタ、それもお下品系シモネタでしたね。
お食事中の方、ホント、失礼しました。。。

先日、アップした動詞“ritenere”(~を…と考える)が出ていたので、ついつい、取り上げてしまいました。
(他にも、“spiacente”とか“tuttavia”とか出てきましたし!)

ひとつの単語を覚えたばっかりのときに、実際にそれが文章中で使われているのを目にすると、よりいっそう定着されやすいっていう、それだけの理由です。

途中、釣具や釣りについて専門的な使われ方をされているであろう・・・と思われる単語があって、きっと釣りをやる方ならうまく訳せるのだと思いますが、私には・・・??
(うまく訳せているかどうか、もーひとつ、自信がありません・・・)

それにしても、オナラと間違えられるなんて、釣りの餌になる虫って、そんなに臭いんでしょうか??
そして、オナラの音に似ている??カモの鳴き声?のおとりって・・・??

うーーん、見当がつかない・・・(悩)。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

そうそう、イタリア語らしいな~という使われ方をする動詞。

sfuggire (物が)落ちる、こぼれる、(言葉などがうかつに)漏れる

なにがイタリア語らしいのかというと、まあ、例文を見てください。

Mi è sfuggito il piatto di mano.
(私の手から皿がすべり落ちた)

日本語だと『~から』としか訳しようがないから、つい、

Il piatto è sfuggito dalla mia mano.

ってイタリア語にしてしまいそうになりませんか?!

でも、イタリア語って、この手の動詞を使った場合の『~から』を、間接補語になる人称代名詞(pronomi indiretti)“mi, ti, gli, le, noi, voi, gli”で言うんですよ。
でも、間接補語の人称代名詞って、日本語訳すると“私、あなた、彼、彼女・・・云々”でしょ?

だから、直訳すると、

“皿は、私に、手の、すべり落ちた”

・・・意味が通じません。。。。(^ ^;)

Gli sfuggirono le cose che non avrebbe dovuto dire.
(彼は言うべきでないことをうっかり口に出した)

これも、直訳は、

“言うべきでないことが、うっかり、彼に漏れた”

・・・やはり、意味が通じませんです・・・はい。

まあ、間接補語になる人称代名詞には“~”だけでなく、“~から”と訳す場合もある・・・ということを認識した上で、このパターンは、『こーやって言うものなんだ!』と、強制的に慣れ&暗記しかないようです。。。

だから、より正解に近い直訳は、

Gli sfuggirono le cose che non avrebbe dovuto dire.
(彼から、言うべきでないことが、漏れた)

・・・と、こういうことになるわけです。

“お財布盗られたー!!”といいたいときも、

Mi hanno rubato il portafoglio!!
(《ヤツらは》私から、お財布を、盗んだ!!)

ですものね。
【2005/10/18 18:27】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(0) |
Aiuti Umanitari 人道的援助
Aiuti umanitari
(人道的援助)

----------------------------------
umanitario 博愛主義の、人道主義の
----------------------------------

C'è un violento terremoto in Cina.
(中国で破壊的な大地震が発生)

Tutte le nazioni si mobilitano per mandare aiuti.
(すべての国々は援助を送るために動き始めた)

----------------------------------
terremoto 地震

mobilitare 動かす、動員する、結集する
----------------------------------

Dall'italia parte una telefonata per stabilire il tipo di aiuti da mandare:
(イタリアからは、派遣すべき援助の種類を決めるための電話が発動)

- Pronto, pronto vi mandiamo le ruspe? Vi servono?
(もしもし、もしもし、ブルドーザーを送りましょうか?必要ですか?)

----------------------------------
ruspa 地ならし機、ブルドーザー
----------------------------------

- No, no luspe già mandate amelicani!
(イイエ、ブルドーザー、もう、アメリカ人送ってくれたヨ!)

- Allora vi mandiamo i medicinali!
(では、医薬品を送りましょう!)

- Medicine già mandate lussi!
(薬、もう、ロシア人、送ってくれたヨ!)

- Vi mandiamo le vettovaglie?
(食糧を送りましょうか?)

----------------------------------
vettovaglia 食糧(主に複数で)
----------------------------------

- Mangiale già mandato giapponesi!
(食べ物、もう、日本人、送ってくれたヨ!)

Al che l'italiano, con la mano sulla cornetta per non farsi sentire, si rivolge agli altri responsabili presenti:
(そこで、イタリア人、相手に聞こえないように受話器を手でふさいで、その場にいた責任者のほうに向かって、)

----------------------------------
cornetta 電話の受話器

rivolgersi (~のほうに)向きなおる、体を向ける、ふりむく

responsabile 責任者
----------------------------------

- Aho... questi c'hanno già tutto, che je mannamo?
(おい・・・こいつら、もう全部持ってやがるよ・・・なに送るよ?)

----------------------------------
je → gli
mannamo → mandiamo

どっちも、南イタリアの方言(dialetto)か。
----------------------------------

Ed uno risponde:
(そして、1人が返答)

- Beh con il terremoto gli saranno venute giù le case, no?
(そうだな、地震で家がつぶれてるんだろ?)
Mandiamogli delle tende, dei teloni, così possono dormire al coperto!
(テントや雨覆いを送ろう、そうしたら、彼らも屋根の下で眠れるだろう!)

----------------------------------
venire giù 落ちる、(雨が)降る

tenda カーテン、日よけ、テント、天幕

telone (車・商品などにかぶせる)雨覆い
----------------------------------

- Grande! Mo' je lo dico! Ehm... pronto?!? Allora abbiamo deciso che vi mandiamo i teloni!
(いいな!じゃ、それ伝えるぜ!・・・え~もしもし?それじゃ、われわれはそちらに天幕を送ることに決めましたから!)

- No, no i teloni no, che poi non lavolano!
(いやいや、南イタリア人はごめんデス、働きませんから!)

----------------------------------
mo' → ora (ナポリ語)

terrone 南イタリア人(北イタリア人が南イタリア人を軽蔑して呼ぶときに使う)
----------------------------------

う~~ん、このバルゼレッタは、イタリア南部ネタなんだけど、それにを理解するのに、われわれアジア人のイタリア語発音ネタが入っている・・・という、2段構えオチ。

さて、お分かりになる方がいらっしゃるかな??

そう、中国人のせりふ中、すべての“r”が“l”で書かれていますよね?!

amelicani とか・・・(正解は、americani)

luspe とか・・・(正解は、ruspe・・・定冠詞“le”も抜けてるし)

lussi とか・・・(正解は、russi)

mangiale とか・・・(正解は、mangiare)

私たち日本人が“l”と“r”の区別が苦手で、よく間違えて発音するっていうのは有名な話だけど、中国人もそうだったとは知らなかった。。。

ついでにいうと、この中国人の返答の文章も、文法的に正しいイタリア語じゃないし。

例:Medicine già mandate lussi!
     ↓↓
  Medicine sono già mandate dai russi!

まあ、普段私がしゃべっているイタリア語も、ようはこんな感じで、動詞が抜けてたり、定冠詞が抜けてたり、『薬、もう、ロシア人、送たヨ!』的なのかも・・・と、ちょっと苦笑い。

そして、この電話をかけているイタリア人が、南出身の人(それも多分ナポリ人?)だというのは、

- Aho... questi c'hanno già tutto, che je mannamo?

“che je mannamo?”が訛っていることから分かります。

“Mo' je lo dico! ”で完璧に!!(≧∇≦)

この“mo'”って、ナポリの人たち、めっちゃよく使うんですよね~~。
(ナポリに限らず、ローマあたりでも使うらしいですけど)

標準イタリア語での“ora”(今)って意味ですが、『さあ』『では』みたいな感じで、とにかく、“モ!”“モ!”“モ!”“モ!”“モ!”“モ!”・・・と連発するのだ。。。
ナポリに行く機会がある方は、ぜひ、耳を傾けてみてください(笑)。

そして・・・・。

このバルゼレッタのオチのキーワードは“terrone”(南イタリア人)。
この単語は、“terra”(大地)から派生しているもので、南イタリアには産業がなく、貧しさから、みんな大地に這いつくばって生きているというニュアンスなのかな?
・・・ちょっと侮蔑的に使われる言葉です。

もう、オチは説明の必要もないでしょうが、この電話のイタリア人(多分ナポリ人?:笑)が、“teloni”(天幕)を送りましょう・・・と申し出たところ、“l”と“r”を逆にとらえる中国人は、“teloni”を“terroni”と間違えて、

- No, no i teloni no, che poi non lavolano!
(いやいや、南イタリア人はごめんデス、働きませんから!)

と拒否しているのが笑える・・・とゆーわけでした。
(そして、ついでにいうなら、“lavolano”ではなく、“lavorano”)
【2005/10/15 07:31】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(6) |
Alla stazione di Milano ミラノの駅にて
なんだか好評のようないたりあん笑い話、バルゼレッタ(barzelletta)。

その名も素晴らしい“Barzelletta.it”というサイトを発見してしまったので、もうネタに困ることはありません!!(≧∇≦)

・・・ということで、これからも、ちょくちょくバルゼレッタ更新したいと思います!!

まずは、地域ネタ。
イタリアは南北の地域格差が激しくて、それがお互いのお笑いネタになっておりまして、今回のこれは、まあそのひとつの典型と言うべきかも。
(でも、よく考えると、けっこう黒いジョーク・・・)

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Alla stazione di Milano
(ミラノの駅にて)


Due napoletani, Ciro e Antonio, dopo aver speso tutti i soldi nella grande Milano si ritrovano con il problema di come tornare a casa!
(2人のナポリ人、チーロとアントニオ、大都会ミラノですべてのお金を使いきってしまったあとで、どうやって家に帰るかという問題に直面!)

----------------------------------
ritrovarsi (一定の状況に)置かれる、居合わせる
----------------------------------

Decidono allora di separarsi per un momento e chiedere l'elemosina onde racimolare la cifra necessaria per far ritorno nella loro calda Napoli.
(で、さしあたって、彼らの熱き故郷ナポリに帰るために必要な金額をちょっとずつ集めるために、寄付を募ろう・・・と決める。)

----------------------------------
elemosina 施し
 (アクセントは、elemosina=えれもーじな)

onde ~する目的で、そのために
 (+動詞の原形 ~するために)
 (+接続法 …が~するために)

racimolare 苦心してかき集める、少しずつ集める

cifra 数字

necessario 必要な
----------------------------------

Si danno perciò appuntamento alla stazione di Milano nel giro di un'oretta.
(というわけで、小1時間ほどミラノの街をまわってから再びミラノの駅で落ち合うよう、待ち合わせをする。)

----------------------------------
perciò そのために、だから、それゆえ

appuntamento (人と会う)約束

un'oretta 小1時間(ora→oretta)
----------------------------------

Dopo un'ora, i due si ritrovano e Ciro chiede ad Antonio come gli sia andata. Antonio risponde:
(1時間後、2人は落ち合い、チーロはアントニオにどうだったかを訊く。
アントニオが答えるには)

- Ciru, e proprio vero... i settentrionali sono gente fredda...
(チルー、ホントだったぜ・・・北イタリアのやつらが冷たいってのは・・・)

----------------------------------
Ciru チーロ(Ciro)の愛称? よくナポリの人ってCiroさんをこう呼びます。

settentrionale 北方人、北イタリアの人
----------------------------------

pensa un po', mi sono camuffato per bene da povero cieco e mi son messo a Piazza Duomo con un cartello con su scritto "POVERO CIECO HA FAME" e nonostante tutto ho racimolato solo 11 euro.
A te invece com'è andata?
(考えてもみろや、俺は哀れな盲にばっちり変装して『あわれな盲がお腹を空かせています』ってカードを持ってドゥオーモ広場にいたんだけどよ、それにもかかわらず、たったの11ユーロしか集められなかったんだぜ。
おまえのほうはどうだった?)

----------------------------------
camuffarsi 変装する、化ける da ~(~に)

per bene きちんとした、良家の、たっぷりと

mettersi 身を置く、席につく

cartello 張り紙、ポスター、(犯罪者などが首からつるす)罪状札

nonostante ~にもかかわらず
----------------------------------

E Ciro:
(チーロがいうには、)

- Ho raccolto tremila euro...
(俺は3000ユーロ集めたぜ・・・)

Antonio rimane allibito ed esclama:
(アントニオは真っ青になって叫ぶ。)

----------------------------------
allibito 青ざめた、うろたえた

esclamare 感情をあらわにして叫ぶ、大声で言う
----------------------------------

- E come hai fatto?
(どうやったんだよ?!)

Ciro con molta calma glielo spiega:
(チーロは落ち着き払って説明。)

- Semplice Toni'...
(簡単だぜ、トニ・・・)

sono rimasto qui in stazione, ho preso un pezzo di carta e con una matita ho scritto: "POVERO MERIDIONALE VUOLE TORNARE A CASA!"
(俺はここ、駅に残ったんだ。で、紙切れを拾って鉛筆でこう書いた。
『哀れな南イタリア人が家に帰りたがっています!』)

----------------------------------
Toni' Ciruと同様、アントニオ(Antonio)さんのこともこんなふうに。ナポリ風の呼び方といえば“Toto'(トトー)”もポピュラー。

meridionale 南部の人、南イタリアの人
----------------------------------

・・・・。

南イタリア人って、povero cieco(気の毒な目の不自由な人)よりも哀れまれる存在なのね。。。
【2005/10/14 03:39】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(6) |
barzelletta 笑い話
本日は、かなり緩めのネタで。。。(^ ^;)

先日、友達からメールでbarzelletteがまわってきました。

barzelletta 笑い話

イタリア人って、実にこのbarzellettaが好きで、何人か集まって話しているときに、

“Faccio una barzelleta.”
(おもしろい話しようか)

と、誰かが始めたら最後、次々と自分の知っているbarzellettaを披露し始めて、しまいには、“この人たち、大丈夫??”っていうくらい、みんなして笑い転げてたりします。

(たとえそのbarzelletteが、そーとークダラナイものであっても!!)

試しに、Googleで“barzelletta”で検索をかけてみて下さい。
出るわ、出るわ!!!!
・・・ってくらい、barzelletteを載せているサイトがヒットするはず。

これらのbarzelletteは、定番のものもあればオリジナルもあるんですが、定番ものといえば、例えば・・・・。

私の名前(本名)は“Yoko”といいますが、この“よーこ”という発音はナポリ語で言うところの“joco”と一緒。

“Joco”とは、標準イタリア語での動詞“giocare”(遊ぶ、プレイする)の1人称単数形“gioco”のナポリ語バージョンです。

これを踏まえて。。。

Sono un calciatore giapponese e mi chiamo Yoko.
(俺は日本のサッカー選手、名前は、よーこだ)

Io joco poco ma joco.
(俺は、ほとんどプレイしないけど、とりあえず最低限はプレイするぜ)

というbarzellettaがあって、これがナポリ人たちに、大ウケ!!!

・・・こうやって訳すと、それのなにがおかしいんだ???・・・って感じですが。。。(^ ^;)

※そもそも日本語での“よーこ”は完全に女性の名前であって、男性のサッカー選手の名前が“よーこ”ってことはあり得ないだろ・・・ってツッコミはおいといて。。。

だから、まだナポリに住んでいたとき、自己紹介で、

“Mi chiamo Yoko.”
(私の名前は、よーこです)

と言うたびに、

Joco poco ma joco!!!!! ah ah ah ah!!!!!”
よこ・ぽーこ・ま・よーこ!!! どわっはっはっはっは!!!!)

と、(おもにナポリ親父たちに)バカウケされたものでした。。。

しまいには、私もこれを逆手にとって、

“Mi chiamo Yoko, Yoko di 'joco poco ma joco'.”
(私は、“よこ・ぽ~こ・ま・よ~こ”のよーこです~!)

とか名乗るようになってたりして。。。。(^ ^;)

(もちろん、この冗談が通じるのは、相手がかなりベタなナポリ人の場合限定。。。そうじゃない場合は、かえってひかれますんで・・・はい)

ちなみに、この“joco poco ma joco”は、ナポリのみならず、イタリア全域でポピュラー(っていうか、超ベタ?)な定番barzellettaです。
でも、このおかげで、イタリアで名前を認識してもらうのがとっても簡単になって、かえって良かった面もあったりして(笑)。

日本全国の“よーこ”さん!!
ナポリに行った際には、ぜひ、“joco poco ma joco”(発音は“よこ・ぽ~こ・ま・よ~こ”)を試してみてください!!
その場で、貴女の好感度は500%アップ、間違いなしです!!(≧∇≦)

(責任は負いかねますが・・・・)←おい;

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回は友達からまわってきたbarzelletteをご紹介。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

"Un genovese al bar"
(某ジェノヴァ人、バールにて)

Un genovese ordina un doppio whiskey.
(あるジェノヴァ人がバールでウィスキーのダブルを注文)

Sta per bere, quando si accorge di una mosca che nuota all'interno.
(まさに飲もうとしたときに、グラスの中にハエが1匹泳いでいるのを発見!)

Con aria furente la tira fuori dal bicchiere e l'appoggia sul tavolo, premendola tra le dita.
(怒り狂ってハエをグラスからつまみ出し、テーブルの上で指の間で挟みつぶしながら、)

"Sputa, bastarda, sputa !"
(“吐き出せ、この野郎、飲んだ分を吐け!!!”)

----------------------------------
genovese ジェノヴァの、ジェノヴァ人

stare per ~(動詞の原形) まさに~しようとしているところである、~しかけている

accorgersi di ~ ~に気がつく

mosca ハエ

all'interno 内側で

furente 激怒した、(怒りや恋に)狂った

bicchiere グラス

appoggiare (su ~) ~にもたせかける

premere 押す、苦しめる、負担をかける

dito 指(複数形は“dita”なのでご注意!)

sputare (血・食べ物・薬など)吐く、吐き出す、吐き出すようにいう、吹き出す
 ‐sputare i polmoni ひどく咳き込む、意気込んで話す

bastardo この野郎(←ののしり言葉です)
----------------------------------

<解説♪>

まず、このbarzellettaを理解するためには、イタリアにおいて、“ジェノヴァ人=ドケチ”というステレオタイプ認識がある・・・ということを知っておく必要があります。
(←こんなくだらない内容に、このまじめ過ぎる解説文ってどうよ?!:笑)。

この認識があれば・・・・。

お分かりですね、ドケチのジェノヴァ人は、グラスの中にいたハエにまで、

“金払ったのは俺じゃ!!おまえはただで飲むんじゃねぇー!!吐けーーー!!!”

・・・と。。。(^ ^;)

ていうか、仮にハエがウィスキー吐き出したとして、そのハエが吐いたウィスキーをこのジェノヴァ人は飲むのか??
・・・もちろん、ドケチなジェノヴァ人だから、飲むんでしょうね。。。(^ ^;)

++++++++++++++++++++++++++++++++++

"Compleanno"
(誕生日)

Due amici napoletani si incontrano per strada:
(2人のナポリ人の友達が道で出会う)

- Oh, ciao Gennaro come va?
 (おっ、チャオ、ジェンナーロ、元気かい?)

- Bene bene.
 (元気、元気)

- Ma oggi non è mica il compleanno di tua moglie?
 (ところで今日は、君の奥さんの誕生日じゃなかったっけ?)

- Sì, sì.
 (そーそー)

- E che cosa le hai regalato?
 (で、なにをプレゼントしたんだい?)

- Penso che lei voleva la bicicletta, ma io le ho regalato una collana di diamanti.
 (彼女は自転車を欲しがっていると思ったんだけど、俺はダイヤのネックレスを贈ったんだ)

- Oh, ma che bravo. Ma perché se lei voleva la bicicletta tu le hai comperato una collana di diamanti?
 (おっ、すごいじゃないか! でも、なんで自転車を欲しがってたのに、ダイヤのネックレスなんて買ったんだ?)

- Ma Carmelo, tu non hai mai visto una bicicletta falsa?
 (まあ聞けよ、カルメーロ、おまえは自転車の偽物ってのを見たことがあるか?)

----------------------------------
compleanno 誕生日

napoletano ナポリの、ナポリ人

regalare 贈り物をする

bicicletta 自転車

collana ネックレス

diamante ダイヤモンド

comprare 買う

falso 偽の
----------------------------------

<か・い・せ・つ♪>

これも、“ジェノヴァ人=ドケチ”のように、各地方のイタリア人のステレオタイプ像を知っておく必要がありますね。

ナポリ人といえば・・・ハッキリ言ってロクなイメージはないんですけど・・・(^ ^;)
“ナポリ人=泥棒”

そしてナポリという街に対するステレオタイプイメージは、“偽物(および盗品)を売っているところ”(笑)。
(←これは、なんとウソではありません・・・(^ ^;)

てことで、自転車の偽物っていうのは存在しなくても、ダイヤのネックレスのなら(もちろん偽物)、ナポリではいくらでもラク~に見つけられる・・・ってことですね。。。とほほ。

なお、この2人の名前のうち、特に“Gennaro”(ジェンナーロ)は、典型的ナポレターノの名前として全イタリアに認識されており、barzellettaの中で“Gennaro”という名前が出てきたら、それだけで“ナポリネタ”と判断して間違いはない、です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

"Intervento"
(手術)

- Perché sei scappato dalla sala operatoria prima dell'intervento?
 (どうして、手術前に手術室から逃げたんだよ?)

- Perché l'infermiera diceva: "Coraggio, non si preoccupi, è un'operazione facile..."
 (看護婦が言ってたんだよ、『大丈夫ですよ、心配しないでください、簡単な手術ですから・・・』)

- E questo non ti ha tranquillizzato?
 (で、それで安心しなかったわけ?)

- Il fatto è che parlava con il chirurgo!
 (いや、彼女は、それを外科医に言ってたんだ!)

----------------------------------
intervento 手術、外科的処置

scappare 逃げる

sala operatoria 手術室

infermiera 看護婦

coraggio 勇気

preoccuparsi 心配する

operazione 手術

tranquillizzare 安心させる

fatto 事実

chirurgo 外科医
----------------------------------

これは、解説いりませんね。
しかし、イタリアの場合は、こーゆーことが笑い話ではなく、実際の出来事として起こる可能性が否定できない・・・ってあたりが・・・コ、コワイ。。。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

"Dubbi..."
(疑い・・・)

Uno spaventapasseri a forma di donna fa venire il grano duro?
(・・・・・・・・)

----------------------------------
dubbio 疑惑、疑い

spaventapasseri かかし、みすぼらしい身なりをした人

forma 形
 ‐a forma di ~の形の

donna 女

far venire 来させる、呼び寄せる、取り寄せる

grano 小麦

duro 硬い

grano duro 硬質小麦(セモリナ粉)
----------------------------------

<か・い・・せ・・・つ・・・・脱力・・・>

これは、ハッキリ言いましてシモネタです。。。。(^ ^;)

う~~~~んん、どう訳せばいいんだ。。。。

かかしって普通は男の形してますね。
そいで、そのかかしが立っている畑では、普通は小麦(grano)が収穫できるわけです。

でも、もし、そのそのかかしが女だったら・・・??

小麦はduro(硬く)なるってことがあり得るのか・・・???
も、もちろん、女だから、たとえ相手が小麦(grano)といえども、硬くさせることは・・・・

あああああ!!!!

・・・も、もう、この先は書けません・・・勘弁してください・・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++

ちなみに、この4つのbarzelletteのうち、イタリア人に一番ウケるのは、4番目。

ああ、イタリア人って・・・・シモネタ、好きなのよね・・・・
【2005/09/28 05:35】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(6) |
PROFILO
まのん
  • Author:まのん
  • イタリア在住ながらも、まだまだ語学は発展途上中です。イタリア語学習中の皆さま、一緒にボキャブラリーを増やしていきましょう~。
    ご意見・ご感想メールはこちらまで、どうぞよろしく♪
    人気blogランキングへ
  • RSS1.0
  • CALENDARIO
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    ARTICOLI RECENTI
  • gaffe へま、失言、失態(05/22)
  • essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる(05/09)
  • obiettivo 客観的な(05/01)
  • sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる(03/31)
  • fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)(03/13)
  • inciampare つまづく、よろける(03/11)
  • a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)(03/04)
  • いったいなぜ??(02/26)
  • a pezzi くたくたになる(02/18)
  • Buon Anno! 新年おめでとう!(01/09)
  • COMMENTI RECENTI
  • まのん(07/30)
  • ヨシくん(07/28)
  • まのん(05/26)
  • リリーブルー(05/25)
  • まのん(05/25)
  • Kchan(05/22)
  • まのん(05/22)
  • まのん(05/22)
  • ぶりらんて(05/13)
  • Kchan(05/10)
  • まのん(05/08)
  • Kchan(05/03)
  • まのん(04/26)
  • moto(04/22)
  • まのん(04/10)
  • TRACKBACK RECENTI
  • 飽きっぽいイタリア語:Cosa ci fai qui?(10/07)
  • ARCHIVI
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (16)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)
  • CATEGORIE
  • イタリア単語帳 (47)
  • ちょこっと文法 (7)
  • ばるぜれった(^m^) (6)
  • その他雑記 (2)
  • ごあいさつ (2)
  • LINK
  • Ragazza Solare
  • BelGiappone
  • 楽しく覚えるイタリア語!
  • みりあのイタリア語メモ
  • たとえばこんな■イタリア語
  • 飽きっぽいイタリア語
  • ITALIANIAMOCI con Arigatou
  • イタリアつれづれ日記
  • イタリア文化と波乗りが好き
  • il mio diario
  • Life in the UK イギリス生活記
  • 本当のアメリカ留学。
  • VOMITARE L'ANIMA
  • おらとキアヌぼん
  • ~ Amore ~ 前原加奈 Official web site
  • Kchanは今日も行く。
  • RICERCA
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。