Ragazza Solare イタリア単語帳
ニュアンスに富んだイタリア語を喋るために…増やせ、ボキャブラ!!(≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
Coppia moderna 現代の夫婦
Coppia Moderna
(現代の夫婦)

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Chirurgia plastica
(整形手術)

La moglie dice al marito:
(妻が夫に言う)

- Voglio farmi un intervento di chirurgia plastica!
(私、整形手術しようかな!)

Il marito, continuando a leggere il giornale, seraficamente ribatte:
(夫、新聞を読みつづけながら、動じずに反論)

- Amore... fare la chirurgia plastica è come cambiare le piastrelle in bagno: cambi le piastrelle ma il cesso rimane comunque!!!
(あも~れ、整形手術をするってことは風呂場のタイルを代えるようなもんだよ・・・タイルを代えても便器は残る!!!)

----------------------------------
moglie 妻
marito 夫
farsi (自分のために)~する
chirurgia plastica 整形手術
intervento 手術
seraficamente 静穏に、動じないで
ribattere 反駁する、反論する、口答えする、言い返す
piastrella タイル
cesso 《俗語》便所、便器
----------------------------------

便器・・・奥さん、便器ですか・・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Il marito ritorna a casa alle ore piccole, naturalmente sbronzo.
(夫が深夜遅くなってから帰宅、当然、酔っ払っている)

La moglie lo aspetta con la scopa in mano.
(妻は、ホウキを手に夫を待つ)

Nonostante i fumi dell'alcol, il marito dice alla donna:
(酒臭さにもかかわらず、夫は妻に言う)

- Ti sei alzata presto per pulire la casa oppure stai per prendere il volo con la scopa?
(おまえ、掃除するために早起きしたところ? それとも、そのホウキでこれから空を飛ぶところ?)

----------------------------------
sbronzo 酔っ払った
scopa ホウキ
nonostante ~にもかかわらず
fumi dell'alcol 酒気
stare per ~(動詞の原形) まさに~しようとしているところである
volo 飛行、飛ぶこと
----------------------------------

奥様は魔女?(笑)

そうそう、“alle ore piccole”ですが、直訳すると“小さい時間に”。
つまり、午前1時とか2時とか3時とか、数字の小さい時間帯にご帰還・・・とこういうわけですね。

へぇ~、こういう言い方するんだ。
日本では、午前0時すぎると“午前さま”っていうじゃないですか。
イタリアでは“小さい時間にご帰宅”っていうのねー。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Ieri sera dovevamo andare a cena fuori: avevo prenotato per le otto ed erano già le otto e un quarto.
(昨夜、夕食を外でとる予定だった・・・私は8時に予約をしたが、時刻はすでに8時15分を回っていた)

Mia moglie continuava a guardarsi in uno specchio a tutt'altezza e sembrava voler cercare ogni possibile pretesto per farci ritardare:
(私の妻は全身が映る姿見で自分の姿を眺めつづけ、私達を遅れさせるための可能な限りのあらゆる口実を並べているかのようだった)

----------------------------------
specchio a tutt'altezza (全身が映る)姿見、大きな鏡
pretesto 口実、いいわけ、弁解、かこつけ
ritardare 遅れる、ぐずぐずする、送れが出る
----------------------------------

- Caro, mi sembra di essere invecchiata, ci sono delle nuove rughe intorno agli occhi.
(ねぇ~、私、老けちゃったみたいじゃない? 目の周りに新しく皺ができてるし・・・)

----------------------------------
invecchiare 老ける、老いる、年をとる
ruga (顔の)皺
intorno a ~ ~のまわりに
----------------------------------

E poi, con questa luce, sembro più grassa, e le tette sembrano essersi afflosciate, mentre il sedere pare sceso in basso.
(それに、この照明じゃ太って見えるし、おっぱいはしぼんでるみたいに見えるし、お尻はたれているみたいだし)

----------------------------------
tetta おっぱい《幼児語?》
afflosciarsi ぐにゃぐにゃになる、(帆が)しぼむ、(タイヤの)空気が抜ける
mentre 一方、~であるのに、しかるに
sedere お尻
----------------------------------

Mi sento flaccida e vecchia. Amore, non potresti dirmi qualcosa di carino per tirarmi su di morale?
(私、たるんで老けちゃったみたいに感じる・・・あも~れ、私の気分を引き上げるために、なにかかわいいことを言ってくれない?)

----------------------------------
flaccido ぶよぶよとした、締まりのない、弱い、たるんだ
morale 気分、士気、精神状態、機嫌
----------------------------------

Mia moglie pareva veramente in crisi e così per confortarla le ho prontamente detto:
(妻は、まさしく危機を感じているようだったので、私は彼女を力づけるために、ただちに言った)

----------------------------------
crisi 危機、危機的状況、窮状
confortare 慰める、力づける、勇気づける
prontamente すばやく、機敏に、ただちに、すぐに
----------------------------------

- Tesoro, devi essere felice di avere una vista perfetta!
(てぞ~ろ、君は非の打ち所のない視力をもってることを喜ばなくっちゃ!)

----------------------------------
tesoro 宝物
(ただし、この場合は“Amore”“Caro/a”と同様、恋人・パートナーに対する、典型的な甘~い呼び方のひとつ)→くわしくは、ここを!
vista 視力、視覚
perfetto 完全な、申し分のない、すばらしい、本当の、欠点のない
----------------------------------

夫よ、フォローになっとらんぞ。。。。

この訳の調子だと、この奥さんは(自分ではそうは言うものの)まだまだじゅうぶん若くてかわいく見える女性のようじゃないですか?
だって、『ねぇ~、あも~れ♪』だし。

ところが、イタリア人のコワイところ(笑)、いえいえ、素晴らしいところは、これを(自分で言うよりも実際ずっと)皺が寄ってるし、太ってるし、おっぱいしぼんでるし、お尻もたれてる、どっからみても中年のおばさん的ルックスになっちゃった妙齢(笑)の女性でも言いかねない、ということかも。

で、挙句の果てに、『なにかかわいいこと言ってくれない?』だし。
(うーむ、私は自分がこういう妙齢になっちゃったときに、こんなふうにおねだりできるかなぁ・・・?? イタリアの女って、一生“現役の女”なのよねぇ。。。)

男性諸氏にお伺いしたいですが、貴方は(見るからに老けてしまった)妻にこういうふうにおねだりされたら、
『大丈夫だよ~、あも~れ、まだまだ君はとっても綺麗だよ(はぁと)』って返せます??(笑)

まあ、この夫は、天然ボケで返したけど、それでも、なんとか(愛する?)妻のよい部分を探し出してあげようじゃないか、と考えたところが、どこまでも女性に優しいイタリア男の面目躍如か(笑)。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

La trovatella
(捨て子)

----------------------------------
trovatello 捨て子
----------------------------------

Lei torna a casa (senza avvisare prima...) e, sorpresa, trova lui a letto con una giovane fanciulla.
(彼女は事前に知らせることなく家に帰り・・・そして、彼が若い娘と一緒にベッドにいるのを発見してビックリ)

----------------------------------
avvisare 知らせる、通知する、事前に注意する、警告する
fanciulla 少女、娘
----------------------------------

Scena madre, lei gli intima di andarsene e minaccia il divorzio.
(まさに愁嘆場、彼女は彼に出ていってちょうだい、離婚よ~!とキレて叫ぶわ、脅すわ・・・)

----------------------------------
scena madre 舞台の見せ場、《蔑》大げさでくさい場面
intimare di ~(動詞の原形) ~するように命じる、厳命する、申し渡す
andarsene 立ち去る、退散する
minacciare 脅す、威嚇する、ゆする、脅かす、危険にさらす
divorzio 離婚
----------------------------------

Lui con estrema calma:
(彼は、はなはだ落ち着き払って)

- Va bene, però prima ascoltami e poi decidi!
(いいだろう、でも、まず俺の話を聞いて、それから決めろよ)

Lei acconsente malvolentieri.
(彼女は、しぶしぶ承知)

----------------------------------
estremo 極端な、はなはだしい、非常な
calma 静けさ、落ちつき、平静
acconsentire 同意する、承諾する
malvolentieri 不本意ながら、しぶしぶ、不承不承
----------------------------------

- Stavo andando in macchina quando vedo questa ragazza che fa l'autostop, sporca, lacera e patita.
(車を走らせていたら、この子がヒッチハイクをしていたんだ・・・よごれて、ぼろを着て、衰弱しきった様子で)

----------------------------------
fare l'autostop ヒッチハイクをする
sporco 汚れた、きたない
lacero 引き裂かれた、ずたずたに裂かれた、ぼろを着た
patito 欠食した、衰弱しきった、やつれた
----------------------------------

- Mosso a compassione, l'ho caricata e mi sono fatto raccontare la sua triste storia.
(かわいそうに思って、この子を車に乗せ、その悲しい話を聞いてやったんだ)

----------------------------------
compassione 同情、哀れみ、不憫
 ‐muovere a compassione 哀れを催させる
caricare (人や車などに)積む、背負わす
raccontare 語る、物語る、話して聞かせる
triste 悲しい
----------------------------------

- Non mangiava da giorni.
(この子は、もう何日も食べてなかった)

- Allora l'ho portata a casa e le ho preparato un piatto di pasta.
(だから、俺はこの子を家に連れてきて、パスタを一皿作ってやった)

- Vedessi come l'ha divorato!
(この子がそれをどんなに貪り食ったかを見せたかったよ!)

----------------------------------
divorare むさぼり食う、がつがつ食べる
----------------------------------

- Poi le ho chiesto se voleva fare un bagno, sai puzzava un po'!
(それから、風呂に入りたくはないか訊いてやったんだ・・・臭かったし)

----------------------------------
fare un bagno 入浴する
puzzare 悪臭を放つ、ひどい匂いがする
----------------------------------

Intanto che si lavava ho dato un'occhiata ai suoi vestiti.
(この子が体を洗っている間に、俺はその服をちょっと見た)

----------------------------------
intanto その間に、そうしているうちに
lavarsi (自分自身の体を)洗う
dare un'occhiata ちょっと見る、チラッと見る
----------------------------------

- Avessi visto in che condizione erano!
(おまえ、その服がどんな状態だったかを見せたかったよ!)

----------------------------------
condizione 状態、状況
----------------------------------

- Sporchi, puzzolenti e stracciati!
(汚れて、臭って、ぼろぼろで!)

----------------------------------
puzzolente 悪臭を放つ、くさい
stracciato ずたずたに引き裂いた、ぼろぼろになった
----------------------------------

- Ho tirato fuori quel paio di jeans che non metti più da anni perché ti stanno stretti, quel maglione che ti ha regalato tua sorella a Natale che non ti piaceva, quel paio di scarpe che avevi comprato in saldo e che non hai mai messo e l'ho rivestita.
(俺は、おまえがきついからってもう何年もはいていなかったあのジーンズ、クリスマスに妹からもらったのに気に入らなかったあのセーター、バーゲンで買ったのに結局一度も履かずににとっておいたあの靴を出してやった)

----------------------------------
tirare fuori 引き出す、取り出す
un paio di ~ 一組の~、一足の~
stretto 締まった、きつい
maglione セーター、プルオーバー
regalare 贈る
Natale クリスマス
saldo バーゲンセール
 ‐in saldo バーゲンで
rivestire 再び着せる、着替えさせる
----------------------------------

- Poi l'ho accompagnata alla porta, e quando stava uscendo si è voltata e mi ha chiesto:
(それから、玄関まで送ってやったんだ。そしたら、この子は家を出かかったときに、俺を振り向いて言ったんだ)

----------------------------------
accompagnare 同伴する、同行する、連れ立っていく、見送る
volgersi 向く、向かう、(体を)向ける
chiedere 尋ねる
----------------------------------

- "Non avresti qualcos'altro che tua moglie non usa più?"
(『あなたの奥さんがもう使わなくなったもの、他にはないの?』)

----------------------------------
qualcos'altro なにか他のもの
----------------------------------

どひゃ。
やっぱり、最後を締めるのは、この手のちょっとエッチなばるぜれったでしたー。
失礼しました。(≧∇≦)

でも、こんなバルゼレッタができちゃうことから見ると、どんなに年をとっても“あも~れ♪”“てぞ~ろ♪”の世界に入れるのがイタリア人というステレオタイプ像がありつつも、やっぱり、倦怠期になって、その手のこと(どの手?・・・なんちゃって)がご無沙汰になっちゃうイタリア人だって、ちゃーんといるんですねぇ~~~。

ま、人間ですものね。
ステレオタイプとしてひとくくりにするのは簡単ですけど、やっぱりいろんな人がいるってことで。。。。
スポンサーサイト
【2005/10/30 23:47】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(0) |
Gara di canotaggio カヌー競争
ちょっとハードな文法のお勉強が3回にもわたって続いたので、ここらで一気に脳みそがゆるくなる・・・・おなじみ、ばるぜれったです。(^w^)

わが“日本”が取り上げられているバルゼレッタを選んでみました。

そうそう、今回のバルゼレッタの中では、動詞がちょっと見なれない活用形、遠過去(passato remoto)をとっています。
たとえば、最初の文の“decisero”とか。
これは、動詞“decidere”(決める)の遠過去、主語は3人称複数(loro)。
最初はあまりピンとこなくても、慣れていくうちに、なんの動詞の遠過去かはだいたい分かるようになるし、意味的には近過去(passato prossimo)と同様だ・・・と、ここでは、軽くとらえておいてくださいね!

==================================

Gara di canottaggio
(カヌー競争)

----------------------------------
canotaggio (ボートやカヌーなどを)漕ぐこと、ボート漕ぎ
----------------------------------

Una società italiana ed una giapponese decisero di sfidarsi annualmente in una gara di canoa, con equipaggio di otto uomini.
(あるイタリアのクラブと、ある日本のクラブが年に1度、8人乗りのカヌーで競争をすることを決めた)

----------------------------------
società 会社、会、協会、クラブ

sfidarsi (相互的)挑戦しあう、試合する

annualmente 毎年、年に1度

canoa カヌー

equipaggio (船・飛行機などの)乗組員、クルー
----------------------------------

Entrambe le squadre si allenarono e quando arrivò il giorno della gara ciascuna squadra era al meglio della forma, ma i giapponesi vinsero con un vantaggio di oltre un chilometro.
(両チームとも訓練をし、試合の日がやってきたときはどちらのチームも最良のコンディションであったが、日本チームが1キロメートル以上のリードで勝ちを収めた)

----------------------------------
entrambi 2つとも、両者とも

squadra チーム

allenarsi 訓練する

ciascuno 各々の、めいめいの

forma (スポーツ選手などの)体調・コンディション

vantaggio (距離・時間の)リード、ハンディキャップ《スポーツ》

oltre ~以上
----------------------------------

Dopo la sconfitta il morale della squadra italiana era a terra.
(敗北のあと、イタリアチームの士気は地に落ちていた)

----------------------------------
sconfitta 敗北

morale 《男性名詞として》精神状態、士気、気力
----------------------------------

Il top management decise che si sarebbe dovuto vincere l'anno successivo e mise in piedi un gruppo di progetto per investigare il problema.
(経営陣トップは、次の年こそは勝たなければならないと決め、問題を徹底調査するためのプロジェクトチームを設立した)

----------------------------------
management (事業などの)管理、経営、マネージメント

successivo 続きの、次の

mettere in piedi 設立する、企画する

progetto 計画、企画、プロジェクト

investigare 調査する、(徹底的に)研究する
----------------------------------

Il gruppo di progetto scoprì dopo molte analisi che i giapponesi avevano sette uomini ai remi e uno che comandava, mentre la squadra italiana aveva un uomo che remava e sette che comandavano.
(プロジェクトチームは数多くの詳細な調査の末、日本チームは7人が櫂を漕ぎ、1人が統率していたのに反し、イタリアチームは1人が櫂を漕ぎ、7人が命令を下していたことを発見した)

----------------------------------
scoprire むき出しにする、発見する、見つける、見出す

analisi 分析、詳細な調査、研究

remo 櫂、オール

comandare 命令する、指揮する、統率する

mentre ~であるのに、しかるに、ところが一方
----------------------------------

In questa situazione di crisi il management diede una chiara prova di capacità gestionale: ingaggiò immediatamente una società di consulenza per investigare la struttura della squadra italiana.
(この危機的状況の中で、経営陣はその経営手腕を明白に立証してみせた。イタリアチームの構造を徹底調査するためのコンサルタント会社と、ただちに契約を交わしたのだ)

----------------------------------
situazione 状態、状況

crisi 危機、危機的状況、難局

dare prova di ~ ~を証明する、証しを立てる

capacità 能力、性能

gestionale 経営(運営)上の

ingaggiare 契約(義務)で縛る、募集する、雇う

immediatamente ただちに、すぐに、即刻

consulenza 専門的意見(助言)

struttura 構造、骨組み、骨格
----------------------------------

Dopo molti mesi di duro lavoro, gli esperti giunsero alla conclusione che nella squadra c'erano troppe persone a comandare e troppe poche a remare.
(何ヶ月にも及ぶ綿密な調査の末、専門家たちは、チームの中に命令を下す人間が多すぎ、漕ぐ人間が少なすぎるのだ、という結論に達した)

----------------------------------
esperto エキスパート、専門家

giungere a ~ ~に達する、~するにいたる

conclusione 結論、帰結、推論の結果、結末

remare (櫂で)船を漕ぐ
----------------------------------

Con il supporto del rapporto degli esperti fu decisa di cambiare immediatamente la struttura della squadra.
(専門家たちの報告書に支えられて、チーム構造はただちに変えられることに決まった)

----------------------------------
supporto 支え、援助、支援

rapporto 報告書、レポート、記録
----------------------------------

Ora ci sarebbero stati quattro comandanti, due supervisori dei comandanti, un capo dei supervisori e uno ai remi.
(いまや、4人の指揮官、2人の指揮官の監督者、1人の総監督、そして1人の漕ぎ手がいることとなった)

----------------------------------
comandante 指揮官、司令官、命令する人

supervisore 監督者、指揮者、スーパーバイザー

capo 長、トップ、チーフ、ボス、指導者、首領
----------------------------------

Inoltre si introdusse una serie di punti per ampliare il suo ambito lavorativo e dargli più responsabilità.
(さらに、その職分を拡大し、より責任ある地位を与えるために、一連の点数制が採用されることとなった)

----------------------------------
inoltre そのうえ、さらに、しかも

introdursi ~にそっと入る、忍び込む、広まる、普及する

ampliare 広げる、大きくする、増す、増やす

ambito 領域、範囲、職分

lavorativo 就労の、就業の

responsabilità 責任、責任ある地位
----------------------------------

L'anno dopo i giapponesi vinsero con un vantaggio di due chilometri.
(翌年、日本人チームは2キロメートルのリードをもって勝ちを収めた)

La società italiana licenziò immediatamente il rematore a causa degli scarsi risultati ottenuti sul lavoro, ma nonostante ciò pagò un bonus al gruppo di comando come ricompensa per il grande impegno che la squadra aveva dimostrato.
(イタリアのクラブは、ただちに漕ぎ手を業務上における不充分な成果のもとに解雇、しかしながら、指揮をとった一群には、チームが見せた偉大なる熱意への褒賞としてボーナスを支払った)

----------------------------------
licenziare クビにする、解雇する

rematore 漕ぎ手

scarso 不充分な、乏しい、足りない

risultato 結果、結末

ottenere (努力して)得る、獲得する、達成する

ricompensa 報い、報酬、褒賞

impegno 責任、義務、熱意、本気

dimostrare あらわす、表に出す、示す
----------------------------------

La società di consulenza preparò una nuova analisi, dove si dimostrò che era stata scelta la giusta tattica, che anche la motivazione era buona, ma che il materiale usato doveva essere migliorato.
(コンサルタント会社は新しい分析結果を用意し、その中で、戦術は正しく、モチベーションも良好、しかしながら使われた用具は改良されるべきと発表した)

----------------------------------
preparare 用意する、準備する、ととのえる

dimostrarsi (自分が~であることを)示す、(~であることが)分かる、判明する

tattica 方策、策略、駆け引き、作戦

motivazione 動機づけ、モチベーション

materiale 素材、器具

migliorare 改良する、改善する
----------------------------------

Al momento la società italiana è impegnata a progettare una nuova canoa.
(現在、イタリアのクラブは、新しいカヌーを鋭意、開発中である。)

----------------------------------
impegnare (a ~) (~することを)義務づける、契約で強いる

progettare 計画(企画)する、設計する
----------------------------------

す、すごいんですが・・・・このバルゼレッタ。

イタリア人よ、そこまで自爆ギャグをかますか?!?!

このイタリア・カヌーチームを、イタリア社会に置き換えてみたら・・・もう、あまりにもそのまんますぎて、笑え過ぎ・・・いえ、笑いも思わず凍りついてしまう小心な日本人のわたし。。。

だって、敗北のまず第一の原因が、

8人のクルーのうち、7人が命令を下し、実行するのはたった1人!

すなわち、みんながアレコレ指示だけはするのに、それを実行する立場にある人がほとんどいない → だから、いろんなことが滞る・・・。
あるある!! こーいうこと、あるある!!

そして、敗北の原因を究明すべきである!!・・・と(立派な)決心だけはたてるものの、その解決実行を自らの力で行わずに、外注。
外注したことで責任は果たした!あとはボク知~らない!・・・とふんぞりかえる。
あるあるある!! こーいうこと、あるあるある!!

長期間におよぶ綿密な調査の結果、判明したのは、誰にでも一目瞭然なあまりにも簡単な事実。
(だいたい、たったそれだけの簡単な結果を得るために、どこをどう怠けたら、そんなに長い期間をかけられるのか?!)
あるあるあるある!! あるあるあるあるーーっっ!!!

そして、その綿密?な調査の結果、得られたのは、さらに複雑になった命令系統だけ。実行する側は、あいかわらず、ほとんど皆無に近い少数者。
あるあるあるある・・・×n!!!

それにもかかわらず(というか、あたりまえな)、2度目の敗北。
誰がどっからみても敗北の要因は、複雑すぎる命令系統、機能していない構造、そしてそれを指示した上部組織にあるのに、実際に責任をとらされて首を切られるのは、いちばん下っ端のごく少数の実行者。
責任を問われるべき立場の人間は、あろうことか褒賞の対象に!!!
あるあるあるある・・・∞!!!

そして、さらに敗北の原因を追求した結果、責任の対象を“用具”に転嫁。

現在、新しい用具を鋭意、開発中・・・・って。

賭けてもいい。
きっと、この用具開発においても、↑↑と同じプロセスをたどって、(仮に全責任が“用具”にあったとしても)永久に“勝ちを収められる用具の開発”=“問題の根本的解決”は、なされることがないであろう。。。

あまりにもイタリア社会を風刺しているこのバルゼレッタ・・・・。

これを笑い飛ばせるイタリア人、あんたたち、すごすぎます。。。。。
(てゆーか、笑ってる場合じゃないだろ!!!!!!!!!!!)
【2005/10/24 07:06】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(7) |
条件法の5つの用法・その3
前回・前々回で、条件法(condizionale)の5つの用法のうち、1~3番目の用法について書きました。
今回はいよいよラストです。

----------------------------------
Uso prevalente del condizionale
(条件法の主な用法)

1)desiderio(願望、欲求)
2)richiesta(要求)
3)dubbio(疑い)
4)opinione personale(個人的な意見)
5)incertezza o probabilità nel riferire notizie non confermate(未確認情報について言及するときの不確かさ、あるいは可能性)
----------------------------------

4)opinione personale(個人的な意見)

Direi che sarebbe consigliabile rimandare a domani la partenza.
(出発を明日に延期するほうがいいんじゃないかと思うけどねぇ)

この“direi che...”っていうのは、ちょっと遠慮気味に、または丁寧にアドヴァイスをするときの典型的な言い方、といっても間違いじゃないです。

動詞“dire”(言う)が、直説法“dico che...”だと“(私は)~だと言う”つまり、かなり断定的というか主張的になるけど、それを条件法“direi che...”(~だと言いたいんだけど)にすると、その断定的・主張的ニュアンスが和らぐ、と、こーいう仕組み。

知り合いのイタリア人のおばさんで、不動産斡旋をしている人がいるのですが、この人の口癖がこの“direi...”

私は、かつて、条件法の“opinione personale”(個人的意見)としての用法“direi...”を、このおばさんとのやりとりで覚えたといっても過言ではありません(笑)。

“Pronto? Buongiorno signora, sto cercando un appartamento per mio amico che arriverà in Italia la prossima settimana. Preferisce vivere possibilmente da solo non in condivisione.”
(もしもし? こんにちは、シニョーラ、来週イタリアに到着する友達のためにアパートを探しているんですけど・・・シェアじゃなくてできるだけ1人暮し用がいいんですが)

DIREI... che l'unica sistemazione per questo momento sarebbe un monolocale in via Ripamonti, è subaffitto, costa 630 euro al mese ma tutto compreso.”
(そうねぇ、今のところ、唯一の物件はリパモンティ通りのワンルーム、又貸し物件だけど、光熱費すべて込みで月630ユーロっていうのを勧めますけど・・・?)

“Sarebbe molto buono... ma dato che è ancora studente, forse 630 euro sarebbe un po' caro per lui...”
(すごく良さそうですけど・・・でも、彼はまだ学生なので、毎月630ユーロはちょっと高いんじゃないかと)

“Allora, DIREI... che prenda un appartamento in condivisione che costerebbe meno.”
(じゃあ、シェア物件を借りるのがいいでしょう、もっと安くなりますからね)

ちなみに、このおばさんの場合は、“DIREI...”と強く言ったあとにちょっと“間”があくんですよね。
だから、(私が勝手に想像する)日本語的には、『そ・れ・じゃ~、申し上げますけどねぇ・・・』というか、なんだか、丁寧に勧めてもらっているはずなのに、逆に“き、強制されてる・・・?”みたいな微妙な圧迫感を感じます(笑)。

ま、こういう(裏の)ニュアンスもあるのかな??
実際、このおばさん、やり手だし(笑)。

ともかく、“consigliare”(勧める、助言する、忠告する)“suggerire”(提案する、助言する、勧める)と同じ意味で使えるわけですね、“direi...”。

“In questi giorni il mio ragazzo è veramente cambiato... non mi chiama, non mi scrive neanche mail, e mi sembra che non voglia vedermi più...”
(さいきん、彼、ホント変なの・・・電話くれないし、メールもくれないし、もう私に会いたくないみたい・・・)

Direi che sarebbe meglio cercare un altro.”
(違う男、探したほうがいいんじゃないの?)

そうそう、それから、この用法“opinione personale”(個人的意見)、お医者さんでも、よーーく使われます。
ナポリで語学学校に通っていた頃、この用法の練習をするのに、お医者さんごっこしましたよ、そーいえば(笑)。

Dovrebbe smettere di fumare.
(煙草はやめたほうがよろしいです)

Poi potrebbe mangiare qualsiasi cosa che vuole ma si ricordi soltanto che dovrebbe camminare per trenta minuti al giorno con la massima velocità.
(それから、食べたいものはなんでも食べてかまいませんが、たったひとつ、1日に30分、全速力で歩くことだけを心がけてください)

動詞“dovere”(~しなければならない)“potere”(~できる)ともに、活用が“dovrebbe”“potrebbe”と3人称単数になっているのは、お医者さんが患者さんに丁寧にしゃべっているというシチュエーションなので、主語が“Lei”(あなた)だからですね、はい。

“Poi ascolta, ho visto l'altro giorno che lui camminava con una ragazza che non conosco prendendola per mano!”
(それから、聞いてよ、こないだ彼が知らない女の子の手をつないで歩いているの、見ちゃったのよ~!)

“Te l'ho detto, dovresti lasciarlo, cerca di trovare un altro!”
(だから言ったじゃない、そいつはうっちゃっといて、新しいのを見つけなって!)

うーむ。
このパターンだと、いくらでも例文を思いつくな(笑)。

----------------------------------

5)incertezza o probabilità nel riferire notizie non confermate(未確認情報について言及するときの不確かさ、あるいは可能性)

この用法、さらに補助説明が。

tipico nello stile giornalistico
(ジャーナリズム・スタイルにおける典型)

つまり、新聞やニュースの報道でなにかを伝える場合、条件法が使われる、というわけですね。

Il Primo Ministro non era presente alla cerimonia perché, secondo i bene informati, sarebbe ammalato, avrebbe disturbi cardiaci.
(首相はセレモニーには出席しなかった。消息筋によると、首相は病気であり、心臓疾患であるとのことである)

まあね、セレモニーに出席していなければ、それは“周知の事実”だから直説法(indicativo)で断定する以外表現のしようがないけど、病気であることや、それが心臓疾患であることは、消息筋からの情報に頼るわけで、報道する人がこの目で見た事実ではないですものねぇ。。。

だから、“未確認情報について言及するときの不確かさ、あるいは可能性”として、条件法が使われるのですね。

まあ、いってしまえば、条件法って、1~4番目の用法すべてのベースに、この“不確かさ”あるいは“可能性”の含みがある・・・とも考えられます。

1番目の“desiderio”(願望、欲求)でも、あえて条件法を使うことによって“ひょっとするとダメかもしれないけど、でも、~できたらいいんだけどなぁ・・・”的ニュアンスがあったし。

2番目の“richiesta”(要求)でも、“もしかしたら断られるかもしれないけど、~してもらえるといいんだけどなぁ・・・”的ニュアンスがあったし。

3番目の“dubbio”(疑い)でも、“~したいのはやまやまなんだけど、実はちょっと・・・”“微妙に自信ないんだけど、~じゃないかなあ?”的ニュアンスがあったし。

4番目の“opinione personale”(個人的意見)でも、“~するのがよいんじゃないかな、と言いたいんですけどねぇ”的なニュアンスがあったし。

どれにも、断定したり、きっぱり主張したりするのではなく、なんらかのファジーなニュアンスが含まれている・・・と考えてもよいのではないでしょーか。

おお、条件法の真髄はここにあり!!

ほ、ほんとかな~~~???(^ ^;)←ああ、ファジー。

----------------------------------

最後に、もうひとつ、条件法の使い方で、これら5つとは異なり、かつ重要な使い方をするものについて書いておきます。

それは、条件法過去(condizionale composto)

普通の過去形(近過去=passato prossimo)は、“avere/essere+過去分詞”ですが、この“avere/essere”が、条件法になったもの。

まず、例文からみてみましょうか。

Ieri avrei studiato volentieri, ma stavo male.
(昨日はねぇ、喜んで勉強するはずだったんだけどねぇ、具合悪かったんだ)
 →つまり、勉強しなかった。

Ieri avrebbe dovuto telefonarmi ma si è dimenticata.
(昨日、彼女は僕に電話くれるはずだったんだけど、忘れたんだよね)
 →つまり、けっきょく彼女は電話かけてこなかった。

Ieri saremmo partiti, ma c'era lo sciopero dei treni.
(昨日、出発するはずだったんだけど、電車のストライキがあったんだよ)
 →つまり、出発しなかった。

Ieri sarebbero usciti, ma pioveva.
(昨日、彼らは外出するはずだったんだけど、雨降ってたんだよね)
 →つまり、外出しなかった。

お分かりでしょうか。
過去の出来事において、“~するはずだった”んだけど、実際にはそれをしなかったこと。
これをいうときに使うのが、条件法過去(condizionale composto)です。

“条件法過去”(condizionale composto)という文法用語は、なぁ~んか堅苦しくてとっつきにくいですよね。
いったい、いつ使うのよ~、こんな文法?!

でも、“(過去において)~するはずだったんだけど、(現在)実際にはしなかった”ってこと、よくあるじゃないですか。
だから、この“条件法過去”って、意外と日常しゃべるイタリア語によく出てくるんですよー。
覚えておいて、損はないです。

“Senti, è davvero terribile, avremmo potuto vedere lo show degli OZONO, mi ero informata io della data dello show, mi ero procurata io i biglietti, avevo organizzato io tutto... ma nonostante ciò al giorno dello show lui non mi ha chiamata, ma ci è andato con quella ragazza!!!”
(聞いてよ~、ホントひどいんだから! 私たち、OZONOのライブに一緒に行けるはずだったのよ。私がライブの日時を調べたんだし、私がチケット手に入れたんだし、私が全部計画したのに・・・ライブの日、彼ったら私に電話しないで、あの女の子と一緒に行ったのよ!!!)

“Hai scelto un uomo sbagliato. Avresti dovuto considerare più la personalità che l'aspetto quando hai deciso di frequentare un uomo, e così non ti saresti innamorata di uno crudele come lui... ora cerca di dimenticarti quello stronzo!”
(男を選び間違えたってことよ。男とつきあうのを決めたとき、ルックスよりも性格を見るべきだったのよ。そうすれば、あいつみたいなひどい男を好きにならなかったのに。もうそんなクソ男のことなんか、忘れなって!)

この彼氏にふられそうな女の子と、クールなその友達っていうキャラクターのやりとり・・・・いくらでも思いつく(笑)。

ちゅーか、この男、やなヤツすぎ。
(全部、自分でシナリオ書いといてなんですけど)←ぜんぶ、フィクションですんで・・・誤解のないように。


あれ???
でも、動詞“dovere”(~すべきである)“potere”(~することができる)“volere”(~したい)については、条件法過去にしなくても、半過去(imperfetto)を使っても言えるような気が・・・。、

Ieri doveva telefonarmi, ma si è dimenticata.
(昨日、彼女は僕に電話くれるはずだったんだけど、忘れたんだよね)

Ieri potevo venire da te, ma era ammalata mia mamma.
(昨日、君の家に行けるはずだったんだけど、母さんが病気になっちゃって)
←非常にウソくさいいいわけですね。

Volevo comprare quell'abito bellissimo, ma era troppo caro!
(あのすごくきれいなドレス買いたかったんだけど、高すぎた~!)

・・・のようにいうこともできます。(・・・よね??)
過去あるべきだったこと・・・つまり、それは現在の事実の反対・・・??
だんだん書いていて、頭が混乱してきました・・・。

もし、これについて、間違っているようだったら、ご指摘・ご教授お待ちしております。

----------------------------------

そうそう、OZONOっていうのは実在のバンドです。
友人のイタリア人♂のバンドで、ロサンゼルスを起点にして、アメリカで活動してます。
まだ全世界レベルでメジャーではないけど、ここにちょっと取り上げてみました(微妙に宣伝はいってます)。
興味がある人は、公式webサイト(http://www.ozonoweb.com/)で音楽を聴いてみてくださいね~♪
【2005/10/23 05:24】 ちょこっと文法 | トラックバック(0) | コメント(2) |
条件法の5つの用法・その2
はからずも、連載化してます、条件法(condizionale)。

----------------------------------
Uso prevalente del condizionale
(条件法の主な用法)

1)desiderio(願望、欲求)
2)richiesta(要求)
3)dubbio(疑い)
4)opinione personale(個人的な意見)
5)incertezza o probabilità nel riferire notizie non confermate(未確認情報について言及するときの不確かさ、あるいは可能性)
----------------------------------

前回は、1番目の用法“desiderio”(願望、欲求)について書きましたので、つづいて、2番目以下の用法について書いてみたいと思います。

2)richiesta(要求)

Salve ragazzi, potrei farvi qualche domanda?
(やあみんな、いくつか質問していいかな?)

またまた、なんちゅう例文じゃ・・・。
えー、なにかのインタビュー番組で、インタビューアーが街頭の少年少女にマイクを向けている、とご想像ください(笑)。

これ、動詞“potere”(~できる)を、そのまま直説法(indicativo)で活用させて(主語は1人称“io”)、

Posso farvi qualche domanda?
(私は質問することができますか? → 質問してもいいかな?)

にしても、意味としてはいっしょです。

でも、この直説法を使った“Posso...?”だと、“質問してもいいですか?”の裏の“ひょっとしたら断られるかもしれないけど・・・”的ニュアンスが希薄になってしまうため、このニュアンスがより強く感じられる、条件法の“Potrei...?”のほうが、より丁寧な言いまわしになる、といえます。

この点については、1番目の用法“desiderio”(願望、欲求)も同様でしたね。

お友達どうしや家族・恋人など、親しい間柄なら、たとえば、

Hai comprato i nuovi occhiali da sole? Posso vederli?
(新しいサングラス買ったの? ちょっと見ていい?)

のように、“Posso...?”のほうが普通です。

でも、たとえばこんな場合だったら、親しい仲でも“条件法”を使って頼みごとをすることも。。。

お友達にちょっと手間のかかる頼みごと、たとえばデジカメで撮った写真をパソコンでCDに焼いてもらいたい、CDはもちろんこっちで用意するけど、そのCDを届けるために夕方ちょっとお邪魔してもいいかしら・・・なんていうときは、

Potresti farmi un favore?
(ちょっとお願い聞いてくれる?)
Ci sono delle foto che avevo fatto con la macchina digitale e vorrei masterizzarle su un cd, certamente preparo io il cd ma potrei passare da te stasera per portartelo?
(デジカメで撮った写真を何枚かCDに焼きたいんだけど、もちろんCDは私が用意するけど、それを届けにちょっと夕方お邪魔してもいいかな?)

・・・と、条件法“Potresti...?”(~してもらえる?)“Potrei...?”(~してもいいかな?)を使って、ちょっと下手に出た感じでお願いすることもできるわけですね。

つまり、ひょっとすると、お友達に“ごめんね~、今うちのパソコン壊れちゃってるんだよね~”とか“ごめんね~、今日の夕方は出かけちゃうのよ~”とか、断られる可能性があるわけで、だからこそ、条件法“potresti...?”“potrei...?”をつかって尋ねることに意味があるわけです。

ちょっとしたニュアンスの違いですねぇ。

----------------------------------

3)dubbio(疑い)

Stasera potrei venire da te, ma non sono sicuro.
(今夜、君の家に行けるだろうけど、でもちょっと分かんないな)

“疑わしく思うこと、そうなるかどうか確かじゃないこと”って感じですかね。

“potrei venire da te”までは、↑↑で書いた例文とほぼいっしょなわけですが、そのあとに“ma non sono sicuro”が続くため、おなじ“potrei...?”でも、用法としては“richiesta”(要求)ではなく“dubbio”(疑い)になります。

“~かもしれないけど”的ニュアンスが漂う言い方、とも解釈できます。

なんかをぼかして言いたいときなんかにも・・・便利です(笑)。

まあ、本心を明かすなら、“~したい気持ちはやまやまなんだけど、ちょっと・・・”的ニュアンスを含んでいる、と、こういうことかも。

Sì, potrei farlo ma ora non funziona bene il mio pc e non sono sicura se sia possibile masterizzare i cd...
(うん、できるだろうけど、でも今パソコンの調子悪くって・・・CDを焼けるかどうか分からないんだよね)

この用法は、ちぇるためんて(certamente)=もちろん、動詞“potere”(~できる)以外にも、おそらくあらゆる動詞で使用できます(と思う)。

たとえば、動詞“essere”(~である)を使って、

“Perché non andiamo a Venezia questo fine-settimana? C'è una mostra cinematografica... ti va?”
(週末、ヴェネツィアに行かない? 映画祭をやっているんだけど・・・どう?)

Sarebbe bello ma dovrò rimanere a casa e studiare sodo perché avrò una sessione d'esami dalla prossima settimana...”
(行けたらいいだろうけど・・・でも家にいて、うんと勉強しないと。来週から試験続きなんだ)

そうそう、“ti va?”というのは、イコール“ti piace (questa idea)?”で、直訳すると“(この考え)気に入った?”ってことですが、会話中だと、単に“~なんだけど、どう?”と、軽く相手に打診するときによく使いますので、覚えておくと便利!

Penserei che questo uso "dubbio" si possa usare con qualsiasi verbo non solo con il verbo "potere"...
(この“dubbio”(疑い)の用法は、動詞“potere”だけでなく、どの動詞にでも使える・・・と思う)

前出の文と、内容まったくいっしょです(笑)。
この“・・・と思う”という自信のなさ加減を表すときに、“Penso che...”(~と思う)と直説法で断定しないで、“Penserei che...”と条件法でぼかしてみたわけでございます。。。(^ ^;)

ちょびっと自信なげにものをいうとき(?)、ぜひ、使ってみてくださいね~。

----------------------------------

・・・というわけで、条件法の5つの用法のうち、2番目“richiesta”(要求)と3番目“dubbio”(疑い)の説明でした。
ふぅ。。。

こうやって説明文を書くことによって、自分の中でも“分かってはいるんだけど、なんとなくおぼろげだった”ものが、クリアーになってまいります。
うーん、勉強になるなぁ、blog、始めてよかった~。

4番目以降の使い方については、待て、次号!!
【2005/10/22 03:57】 ちょこっと文法 | トラックバック(0) | コメント(0) |
条件法の5つの用法・その1
さて、以前リクエストのありました“条件法の5つの用法”について、風邪をひいて自宅で腐っているのをいい機会に、ここにまとめてみようと思います。
(あんたは病気にならないと勉強しないのか?・・・というツッコミはご遠慮ください、はい)

まずもって、“条件法”(condizionale)ってきいたとき、“法”ってなに??
・・・って思いませんでした??

“現在形”(presente)“近過去”(passato prossimo)“半過去”(imperfetto)“大過去”(trapassato prossimo)“遠過去”(passato remoto)“単純未来”(futuro semplice)“先立未来”(futuro anteriore)・・・などなど。
時制に関してだったら、それがどんなに複雑なものになっていっても、その名前(文法用語)から、どんなものであるかについて、頑張って想像を追いつかせることが(なんとか)できます。

でも、“法”っていわれちゃったら・・・??
時制アレコレだったら、それが起こった出来事を、動詞の活用を変えることで表現するんだな・・・と理解できるけど、“法”ってなによ?? なになになに??? なんなの???

“法”っていう考え方そのものに、巨大な疑問詞がくっついてしまうと、そこから先、進めなくなります。
ええ、私は、進めなくなりました。

だから、ここは“法”なんていう文法用語にとらわれない、これが正解です。

イタリア語の文法用語を日本語訳するときに、訳しようがないからたまたま出てきただけ・・・と軽くとらえておきます。

“条件”+“法”だからぁ・・・???
なにか、条件付のことをいうときに使う活用形ってことぉ???

はい、それもまた正解です。
でも、それ以外の用法が実は主流であることを考えると、“条件”+“法”という呼び名にこだわっていると、自滅します。
なので、ここはクールに、次の5つのことを言いたいときに、動詞を“条件法”と呼ばれる特殊な活用形を使用するのだ・・・と、こう認識しておきしょう。

----------------------------------
Uso prevalente del condizionale
(条件法の主な用法)

1)desiderio(願望、欲求)
2)richiesta(要求)
3)dubbio(疑い)
4)opinione personale(個人的な意見)
5)incertezza o probabilità nel riferire notizie non confermate(未確認情報について言及するときの不確かさ、あるいは可能性)
----------------------------------

最後の5番目が、なにそれ??・・・って感じですね。
でも、例文を見てゆけば、これがいちばん分かりやすいかも。

では、ひとつずつ、みてゆきましょう。

----------------------------------

1)desiderio(願望、欲求)

Vorrei girare il mondo.
(私は世界一周をしたい)

なんか、もうちょっとマシな例文はないのか・・・って感じですが。
(う~ん、私が使っているイタリアで買ったイタリア語の勉強本に載っていたんですよ・・・)
イタリアを旅行するときに必携の単語“vorrei”
動詞“volere”(欲する、~したい)の条件法の活用、主語は“私”(io)です。
ようは、これさえ覚えておけば、

Vorrei un biglietto.(切符が欲しいんですが)
Vorrei questo.(これが欲しいんですが)
Vorrei andare qui.(ここに行きたいんですが)

旅行のシチュエーションでは、こちらの欲求を伝える場合には、ほとんどなんでもこれで済む的な、便利な表現です。

もっとも、もとになっている動詞“volere”にすでに“欲する、~したい”という意味がある以上、それをわざわざ条件法する必要はないのでは?
・・・という疑問に対して、“volere”をそのまま活用させた“voglio”を使うよりも、“vorrei”を使ったほうがより丁寧である・・・と、一般的によく説明されてますよね。

でも、それは、なぜなのか・・・???

思うに、“voglio”という直説法(indicativo)で言った場合、これは、すごく断定的、つまり“願望≒確実な事実”もしくは“願望→即、実行”というニュアンスを含むからだと思われます。

たとえば、

Voglio mangiare i pesci stasera.
(今晩は魚を食べたい)

といった場合、すでに冷蔵庫の中には買っておいた魚が入っていて、あとは調理するだけ、調理すれば確実に食べられる・・・という状態。

それに比べて、

Vorrei mangiare i pesci stasera.
(今晩は魚を食べたい)

これは、魚を食べたいのは食べたいけど、そのためには魚をまず買ってこなければならない、もしくは、魚料理を出すレストランに行かなければならない、あるいは、料理が得意な友達に電話して「魚食べさせて~」と言わなければいけない、など、場合によってはやっぱりめんどくさくて魚を食べないかもしれず、“魚を食べたい”がタダの願望にとどまっている状態。

いわば、“魚を食べられたらいいんだけどな~~”的ニュアンスが含まれている状態なわけです。

そうすると、かなりイケテナイ(←死語?)前出の例文、

Vorrei girare il mondo.
(私は、世界一周をしたい)

には、まあ、この人はそーいう願望をもっているけれども、実際にはそんなにお金も時間もない・・・でも、夢みるだけなら自由でしょ?・・・という状態なのが察せられるわけですね。
(だからあえて“世界一周”だなんて、なかなか実現しそうにないことをもってきたのか?)

これがもし、

Voglio girare il mondo.
(私は、世界一周をしたい)

を、いまにも飛行機に乗り込みつつある人間が言ったなら『ああ、この人はこれから本当に世界一周の旅に出るんだ・・・』と思うことができますが、この状況ですら、この人は、

Vorrei girare il mondo.
(私は、世界一周をしたい)

と言うかもしれません。。。
だって、今まさに旅立とうとしている瞬間でさえ、今後この旅がどうなるかは誰にも分からないのですからね。
飛行機落ちるかもしれないし、または、旅の途中で美女につかまってその地で結婚してしまうかもしれないし。
このように、なんらかの不確定要素が含まれる場合、直説法である“voglio”を使わずに、条件法“vorrei”を使う、というわけです。

だから、

Vorrei un biglietto.(切符が欲しいんですが)

が、なぜ丁寧な表現になるかというと、まあ、十中八九、切符を売ってもらえるに決まっている状況でも、もしかしたら、係員がヘソを曲げて売ってくれないかもしれない、単に売りきれているかもしれない、という状況が推測される以上、“もしかしたらダメかもしれないけど、でも、切符が買えるといいなぁ~”的なニュアンスをにおわせて、こちらの願望・欲求をそのままダイレクトに伝えるのではない・・・というあたりから、これが“より丁寧”な表現になっているのだ・・・と、考えられるわけです。

ま、こんなことを理屈っぽく考えなくても、単純に“vorrei”=丁寧な表現って覚えてもいいんですけどね。。。(^ ^;)
でも、“voglio”との違いを知っておくと、どういうシチュエーションで“voglio”/“vorrei”を使いわけるのが適当かが分かるから、より微妙な表現も可能になるかな、と思われます。

----------------------------------

もうひとつ、条件法の用法のひとつとして“desiderio”(願望、欲求)がある・・・ということの格好のサンプルとして、この例文を。

Mi piace viaggiare.
(僕、旅行するのが好きだよ)

Mi piacerebbe viaggiare.
(僕、旅行がしたいなぁ)

これは、前出の例文と違って、明らかに日本語訳すら違っていて分かりやすいですね。

動詞“piacere”(好みである、気に入りである)。
直説法の活用である“piace”(主語は“viaggiare”)にした場合には、文字どおり、“~することは好みである(=~することが好きである)”となります。
が、これが条件法の活用である“piacerebbe”(主語は同じく“viaggiare”)になると、もうハッキリと“願望・欲求”の意味に変わって、“~してみたい、~できればよいんだけど”と別の意味合いになるわけです。

“条件法”=“丁寧な表現”という単純構造で覚えていると、

Mi piacerebbe...

といわれた場合でも、『私は…が好きなんです』を丁寧に言っているんだわ、なーんて大・勘違いをしてしまいますので、ご注意を。

以下、大・勘違いをしていて恥をかいた私のサンプル。
イタリア人友人♂と私との、ある日の会話。

“Mi piace il Giappone...”
(僕、日本が好きなんだ・・・)

“Sei già andato in Giappone?”
(日本に行ったこと、ある?)

“No, non ancora. Mi piacciono i fumetti giapponesi... Kenshiro, Ramma, Ramù... Mi piacerebbe andare in Giappone...”
(ううん、まだないよ。僕、日本の漫画が好きなんだ・・・ケンシロでしょ、ランマでしょ、ラムーでしょ。日本に行ってみたいな・・・)※
←これを“piacere”(~することを好む)を丁寧に言っただけだ、と誤解。

“A te piace andare in Giappone? Allora ci sei già andato?”
(あれ、日本に行くのが好きなの? てことは、もう行ったことがあるの?)

“....Ho detto 'mi piacerebbe'....!! Questo vuol dire 'non ci sono mai andato'!!”
(僕、“mi piacerebbe”って言ったんだよ!! これは、まだ1回も行ったことがないってこと!!)

若気の至りで間違えましたーーー(笑)。


Kenshiro(ケンシロ)=北斗の拳
Ramma(ランマ)=らんま1/2
Ramù(ラムー)=うる星やつら
日本のコミック、イタリアに来るとこのようにタイトルが変わっているものも多いです。
----------------------------------

ということで、この<条件法の5つの用法>書いていたらどんどん長くなりそうなので、その2に続きます!!
待て、次号!!
【2005/10/19 07:15】 ちょこっと文法 | トラックバック(0) | コメント(7) |
Canna da pesca 釣りざお
お食事中の方は、食べ終わってからお読みください・・・系のシモネタです。
すみません。。。。m(_ _)m

でも、今までこのblogでとりあげてきた単語“spiacente”(残念な)“tuttavia”(しかしながら)“ritenere”(~を…と考える)なんかが出ていたので、取り上げてみました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Canna da pesca
(釣りざお)

Una donna si reca in un negozio di caccia e pesca per comprare una canna da pesca da regalare al marito per il suo compleanno.
(とある女、夫の誕生日プレゼントのための釣りざおを買いに、狩猟用具店へ足を運ぶ)

----------------------------------
recarsi ~におもむく、行く

canna da pesca 釣りざお
----------------------------------

Nel negozio dietro la cassa l'unico impiegato e un tizio con gli occhiali scuri che guarda fisso nel vuoto.
(店の中には、レジのうしろに唯一の従業員である、サングラスをかけた男が1人、虚空をにらんでいる)

----------------------------------
cassa レジ、会計、料金所

impiegato (オフィスワークの)サラリーマン、事務労働者、会社員

tizio (知らない、さして重要でない)人、やつ、(不特定の人をさして)ある男

fisso 定まった、固定された、じっと動かない

vuoto 空き、すきま、空白、空間
----------------------------------

Sentendola entrare fa:
(彼女が入ってきたのを感じとって)

- Posso aiutarla?
(いらっしゃいませ)

La donna indicando un articolo del negozio:
(女は、店にあるひとつの商品を指差して)

----------------------------------
articolo 物、商品
----------------------------------

- Certo, vorrei una canna da pesca per mio marito, mi può parlare di questa?
(ええ、夫のための釣りざおが欲しいんだけど、これについて説明してもらえる?)

Il commesso le dice:
(店員が答えるには)

- Sono spiacente, signora, ma sono cieco e non posso vedere la canna a cui lei si riferisce.
(申し訳ありませんが、お客さま、私は盲人なので、おっしゃっている釣りざおを見ることができません)

----------------------------------
riferirsi ~に言及する(a ~)、指差して言う、触れる
----------------------------------

Tuttavia se la prende e me la porta qui io sono in grado di descrivergliela in base al rumore che fa.
(しかしながら、もしお客さまがそれをここにお持ちくだされば、音から判断してそれについて詳しくご説明しましょう)

----------------------------------
in (buon) grado di ~(動詞の原形) 喜んで~する

descrivere 記述する、描写する、叙述する

in base a ~ ~に基づいて、~によると

rumore 物音、騒音、雑音
----------------------------------

La signora, incredula, prende la canna e la porta alla cassa dal commesso cieco.
(そのご婦人、半信半疑で釣りざおを取り、盲人の店員のいるレジまで持ってゆく)

----------------------------------
incredulo 疑い深い、容易に信じない、懐疑的な
----------------------------------

Questo la agita in aria e rapidamente dice:
(店員は空中で釣りざおを振ると、直ちに言う)

----------------------------------
agitare 振る、振り動かす

rapidamente 早く、速く
----------------------------------

- Questa è una Shimano Alivio, in carbonio, da 4 metri e 20, pesa 590 grammi ed è molto rapida e sensibile solo nel cimino. Costa 54 euro.
(これはシマノ・アルヴィオ、カーボン製、4メートル20、重さ590グラム、先端部分のみすばやく繊細に動きます。54ユーロです)

----------------------------------
carbonio 炭、炭素、カーボン

cimino 釣りざおの先
----------------------------------

La signora dice:
(ご婦人は言う)

- Eccezionale! - e prende un'altra canna.
(『すばらしいわ!』そして、もうひとつの釣りざおを取る)

Il commesso la agita e dice:
(店員はそれを振り、説明)

- Questa è una Mitchell Pro Surf, sempre in carbonio alto modulo, da 4 metri e 30, pesa solamente 160 grammi ed è divisa in 5 sezioni. Costa 121 euro.
(これはミッチェル・プロ・サーフ、同じくハイ・モジュール・カーボン製、4メートル30、重さはたったの160グラムで、5つに分解できます。お値段は121ユーロです)

----------------------------------
carbonio alto modulo ・・・?(←釣り具の専門用語でしょうか。すみません、釣りをやらないのでよく分かりません!)

solamente ただ~だけ、単に

dividere 分ける、分割する、分断する
----------------------------------

Notevolmente colpita la signora decide di comprare la seconda canna ritenendola migliore.
(著しく感銘を受けたそのご婦人、2番目の釣りざおのほうが良いと判断し、買うことに決める)

----------------------------------
notevolmente 著しく、めざましく

colpito 心打たれた、印象づけられた、感銘を受けた

ritenere ~を…と考える、判断する
----------------------------------

Mentre ripone la prima canna, la signora si lascia sfuggire una gran scoreggia rumorosa e puzzolente, ma pensa di non scusarsi con l'uomo dato che è cieco e che non ha idea di chi lei sia.
(最初の釣りざおを戻しに行きがてら、そのご婦人はうっかり音つきの臭~いオナラを放出。でも男が盲人で、彼女が誰であるかを知りようがないのをいいことに、詫びずにすましておこうと思う)

----------------------------------
riporre (もとの場所へ)戻す、片付ける

lasciarsi +(自動詞の原形) つい~してしまう

sfuggire (物が)落ちる、こぼれる、(言葉などがうかつに)漏れる

scoreggia (大きな)おなら《俗》

rumoroso うるさい、やかましい、大きな音のする

puzzolente 臭い、悪臭を放つ

scusarsi 弁明する、釈明する、正当化する、わびる
‐scusarsi con ~ di … ~(誰それ)に…(何か)ついてわびる

dato che +(直説法) ~なので
----------------------------------

Il commesso batte lo scontrino e fa:
(店員はレシートを打つ)

- Allora, sono 136 euro.
(では、136ユーロになります)

La donna sorpresa:
(女は驚く)

- Ma come? 136 euro? Lei mi aveva detto 121!!!
(なんですって?136ユーロ?あなた、121ユーロって言ったじゃないの!!!)

- Certo, signora, 121 euro per la canna, 10 euro per il richiamo dell'anatra e 5 euro per l'esca a base di vermi...
(もちろんですとも、お客さま。121ユーロが釣りざお代、10ユーロはカモの鳴き声のおとり代、5ユーロが虫の釣り餌代でございます)

----------------------------------
richiamo 呼び声、呼びかけ、引き付けること、誘惑、おとり

anatra カモ、アヒル

esca (おびき寄せるための)えさ、おとり

a base di ~ ~から成り立って

verme (うじ虫、イモムシ、ミミズなどの)虫
----------------------------------

うわ・・・思いっきりシモネタ、それもお下品系シモネタでしたね。
お食事中の方、ホント、失礼しました。。。

先日、アップした動詞“ritenere”(~を…と考える)が出ていたので、ついつい、取り上げてしまいました。
(他にも、“spiacente”とか“tuttavia”とか出てきましたし!)

ひとつの単語を覚えたばっかりのときに、実際にそれが文章中で使われているのを目にすると、よりいっそう定着されやすいっていう、それだけの理由です。

途中、釣具や釣りについて専門的な使われ方をされているであろう・・・と思われる単語があって、きっと釣りをやる方ならうまく訳せるのだと思いますが、私には・・・??
(うまく訳せているかどうか、もーひとつ、自信がありません・・・)

それにしても、オナラと間違えられるなんて、釣りの餌になる虫って、そんなに臭いんでしょうか??
そして、オナラの音に似ている??カモの鳴き声?のおとりって・・・??

うーーん、見当がつかない・・・(悩)。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

そうそう、イタリア語らしいな~という使われ方をする動詞。

sfuggire (物が)落ちる、こぼれる、(言葉などがうかつに)漏れる

なにがイタリア語らしいのかというと、まあ、例文を見てください。

Mi è sfuggito il piatto di mano.
(私の手から皿がすべり落ちた)

日本語だと『~から』としか訳しようがないから、つい、

Il piatto è sfuggito dalla mia mano.

ってイタリア語にしてしまいそうになりませんか?!

でも、イタリア語って、この手の動詞を使った場合の『~から』を、間接補語になる人称代名詞(pronomi indiretti)“mi, ti, gli, le, noi, voi, gli”で言うんですよ。
でも、間接補語の人称代名詞って、日本語訳すると“私、あなた、彼、彼女・・・云々”でしょ?

だから、直訳すると、

“皿は、私に、手の、すべり落ちた”

・・・意味が通じません。。。。(^ ^;)

Gli sfuggirono le cose che non avrebbe dovuto dire.
(彼は言うべきでないことをうっかり口に出した)

これも、直訳は、

“言うべきでないことが、うっかり、彼に漏れた”

・・・やはり、意味が通じませんです・・・はい。

まあ、間接補語になる人称代名詞には“~”だけでなく、“~から”と訳す場合もある・・・ということを認識した上で、このパターンは、『こーやって言うものなんだ!』と、強制的に慣れ&暗記しかないようです。。。

だから、より正解に近い直訳は、

Gli sfuggirono le cose che non avrebbe dovuto dire.
(彼から、言うべきでないことが、漏れた)

・・・と、こういうことになるわけです。

“お財布盗られたー!!”といいたいときも、

Mi hanno rubato il portafoglio!!
(《ヤツらは》私から、お財布を、盗んだ!!)

ですものね。
【2005/10/18 18:27】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(0) |
Sento bruciore qui. ここらへんがヒリヒリするんです。
本日、私のどじ話=小ネタです。

bruciore (焼けて)ひりひり痛むこと、うずくこと

あいかわらず、私の風邪(raffreddore)は完治の気配をみせず、頭痛(mal di testa)とだるさ(debolezza, stanchezza)はなくなったものの、症状(sintomi)は鼻水・鼻づまりと咳(tosse)に変化。

完全な気管支炎(bronchite)っていうほどのひどい咳ではないものの、痰(catarro)を出そう出そうと一生懸命咳をする、わが喉(気管支)。

えほっえほっえほっっ!!←咳の音

こういうときの咳っていうのは、痰(=菌)を排出しようとするための身体の自浄作用だから、ムリヤリ全部とめる必要はないのだそうですが・・・。

しかし、苦しいんだよねーーー、胸のあたりがひりひり痒いような感じで。

もう涙ぐみながら咳してるから、体力も消耗するし。。。(泣)
はぁ、はぁ・・・・(←咳がある程度おさまった後は、呼吸も乱れる)

てことで、このひり痒さ(?)をほんのちょっとだけ落ち着かせたくて、薬局で咳止めドロップを買おうと思い、カウンターのおばさんに言う。

“Buonasera, vorrei comprare le caramelle per le tosse. Sento bruciatura qui.”
(こんばんは、咳止めドロップ買いたいんですが。ここらへん(気管支のあたりを指して)がヒリヒリする感じなんです)←こう言いたかった。

“....bruciore
(ヒリヒリするんですね・・・)

はっっ!!!!!

私ったら、“bruciore”というつもりが“bruciatura”だなんて言ってしまった!!!!

bruciatura やけど(の痕)、燃焼

これじゃ、

“Buonasera, vorrei comprare le caramelle per le tosse. Sento bruciatura qui.”
(こんばんは、咳止めドロップ買いたいんですが。ここらへん(気管支のあたりを指して)が焼け焦げちゃってる感じなんです。)

じゃないかあああああ!!!!

いやいやいやいや!!!
焦げてません、焦げてませんって!!!

まあ、外国人が多く住む街ミラノでは、私のようなとんちんかんな間違いをする人も多いと見え(?)、薬局のおばさんは平然と、

“Allora queste pastiglie vanno bene per Lei... c'è eucaliptolo che si ammorbidisce il catarro.”
(それでは、この薬用ドロップがよいでしょう・・・ユーカリエキスが入ってますから、痰を切れやすくします)

・・・と接客を続け、アホな間違いに顔から火が出て、顔面が“bruciatura!!”な私に、とどこおりなく鎮咳去痰薬を売ってくださったのでありました。。。

しくしくしく。。。。


炎症が起きてて、扁桃腺(tonsille)のあたりとか、気管支(bronchi)のあたりがヒリヒリ痛むような痒いような、砂がざりざりはりついているような(?)あの感じっていうのは、“bruciore”(ぶるちょ~れ)っていうんですねーーー。

いやいや、“bruci...”(ぶるち・・・)っていうあたりまでは覚えていたんですが、ついつい、うろ覚えのまま使ってしまって、恥かきました。
まっ、私はいつも、こうやって間違えながら覚えていくのでいいんですけどね。。。はっはっはー(^ ^;)


bruciore di stomaco 胸焼け

へぇ、そう言うんですか、初めて知った・・・覚えとこう。

この単語、名詞“bruciore”が動詞になった“bruciare”(燃やす)ですが、これには“ヒリヒリしみる”という意味もあって、たとえば傷口に消毒用アルコールを塗ってしみる場合なんて、

“Aia!! brucia, brucia...!”
(あーっ、しみる、しみる!)

とか、よくイタリア人、騒いでますもん。。。

だから、スーーーっとする目薬とかをさしたときの感覚は、

bruciore agli occhi 目がひりひり痛むこと

まさに、こう言うんでしょうね。

実際、友達の某イタリア人♂は日本製のキクーーーー!目薬をさして、

“Brucia, brucia...!!”
(しみるっ、しみるー!!)

こう言って騒いでいましたが、私としては、“しみる”→“も、燃えてる!”っていうより、“しみる”→“スースー”でしょ・・・という感覚を、どーしても拭い去ることができなかったです。。。

そうそう、咳止めドロップっていうとき、薬用とはいえ、アメの一種だろうと思って、“le caramelle per le tosse”っていってしまいましたが、薬用としてのアメ(ドロップ)は、“le pastiglie per le tosse”というんですねぇ。

ま、“caramelle”でも通じますけど。

caramella アメ、キャンデー、ドロップ

pastiglia 薬用ドロップ、ドロップ

小さなことですけど、またひとつ覚えた♪
(風邪をひいても寝込んでも、タダでは起きあがらぬ!!)
【2005/10/17 07:09】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(2) |
La gelosia non ti si addice! ヤキモチなんてあんたらしくないわよ!
addirsi a ~ ~に適する、似合う

この動詞、つねに3人称単数・複数のみの活用で使用されます。

つまり、
si addice a ~(誰それ)
si addicono a ~(誰それ)

主語が単数だったら、たとえば、

La lussuosa collana di diamante si addice alla bella Manon.
(その豪華なダイヤの首飾りは美女マノンにふさわしい)

主語が複数だったら、たとえば、

Gli orecchini di preziose perle si addicono alla bella Manon.
(その高価な真珠の耳飾りは美女マノンにふさわしい)

なお、この動詞の活用は、“addirsi”の中に含まれる“dire”に準じる、というわけで、過去分詞は“dire→detto”のように“addirsi→(si) addetto”になります。

だから過去形だと、

Anche la sontuosa alcova si è addetta alla bella Manon.
(その天蓋付の贅沢な寝台も美女マノンにふさわしかった)

複数形は、

Tutte le cose si sono addette a lei tranne soltanto il suo amante che era un vecchio uomo.
(すべては彼女にふさわしかった、たったひとつ、彼女の愛人が年取った男であること以外は。)

ま、よく考えたら、主語は3人称以外になりようがない・・・っていう動詞なんですが。

そんなわけで、サンプル漫画。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

学年末の成績がサイアクで落第してしまったペパーミント・パティ(Piperita Patty)。
めっちゃ落ち込んだ彼女を、お父さんがセラピストのところに連れていった模様。。。
(そこでセラピストが出てきちゃうあたりがアメリカって感じですねぇ)
その後、親友のマーシー(Marcie)に電話をしています。

Tienti forte, Marcie! Grandi notizie! Dopo la bocciatura ero depressa, no?
(気をしっかりもってよ、マーシー!大ニュースよ!落第したあと、私、凹んでたでしょ?)

Così lo psicologo ha consigliato a mio padre di portarmi con lui in europa. Cosa ne pensi?
(てわけで、その心理学者がうちのパパに、私をヨーロッパに連れて行くようにアドヴァイスしたのよ!どう思う?)

Anni fa c'era un programma radiofonico che si chiamava "L'IGNORANZA PAGA".
(何年か前、ラジオの番組で『無知の代償』っていうのがありましたね)

La gelosia non ti si addice, Marcie!
(ヤキモチなんて、あんたらしくないわよ、マーシー!)

----------------------------------
tenersi ある状態を保つ

notizia ニュース

bocciatura 落第

depresso 落ち込んでいる、意気消沈している

psicologo 心理学者

programma radiofonico ラジオ番組

ignoranza 無知、無学、無教養
----------------------------------

おお、いつも冷静なマーシーの、いつにも増してクールなコメント!!
しかし、クールだけに、痛い!!
友達思いで優しいマーシーだけど、やっぱり、落第したのにヨーロッパ旅行に連れていってもらえるペパーミント・パティがうらやましかったのかな。
まあ、人間だものね。
他人がうらやましくなっちゃうときもある!
【2005/10/16 07:04】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(0) |
Aiuti Umanitari 人道的援助
Aiuti umanitari
(人道的援助)

----------------------------------
umanitario 博愛主義の、人道主義の
----------------------------------

C'è un violento terremoto in Cina.
(中国で破壊的な大地震が発生)

Tutte le nazioni si mobilitano per mandare aiuti.
(すべての国々は援助を送るために動き始めた)

----------------------------------
terremoto 地震

mobilitare 動かす、動員する、結集する
----------------------------------

Dall'italia parte una telefonata per stabilire il tipo di aiuti da mandare:
(イタリアからは、派遣すべき援助の種類を決めるための電話が発動)

- Pronto, pronto vi mandiamo le ruspe? Vi servono?
(もしもし、もしもし、ブルドーザーを送りましょうか?必要ですか?)

----------------------------------
ruspa 地ならし機、ブルドーザー
----------------------------------

- No, no luspe già mandate amelicani!
(イイエ、ブルドーザー、もう、アメリカ人送ってくれたヨ!)

- Allora vi mandiamo i medicinali!
(では、医薬品を送りましょう!)

- Medicine già mandate lussi!
(薬、もう、ロシア人、送ってくれたヨ!)

- Vi mandiamo le vettovaglie?
(食糧を送りましょうか?)

----------------------------------
vettovaglia 食糧(主に複数で)
----------------------------------

- Mangiale già mandato giapponesi!
(食べ物、もう、日本人、送ってくれたヨ!)

Al che l'italiano, con la mano sulla cornetta per non farsi sentire, si rivolge agli altri responsabili presenti:
(そこで、イタリア人、相手に聞こえないように受話器を手でふさいで、その場にいた責任者のほうに向かって、)

----------------------------------
cornetta 電話の受話器

rivolgersi (~のほうに)向きなおる、体を向ける、ふりむく

responsabile 責任者
----------------------------------

- Aho... questi c'hanno già tutto, che je mannamo?
(おい・・・こいつら、もう全部持ってやがるよ・・・なに送るよ?)

----------------------------------
je → gli
mannamo → mandiamo

どっちも、南イタリアの方言(dialetto)か。
----------------------------------

Ed uno risponde:
(そして、1人が返答)

- Beh con il terremoto gli saranno venute giù le case, no?
(そうだな、地震で家がつぶれてるんだろ?)
Mandiamogli delle tende, dei teloni, così possono dormire al coperto!
(テントや雨覆いを送ろう、そうしたら、彼らも屋根の下で眠れるだろう!)

----------------------------------
venire giù 落ちる、(雨が)降る

tenda カーテン、日よけ、テント、天幕

telone (車・商品などにかぶせる)雨覆い
----------------------------------

- Grande! Mo' je lo dico! Ehm... pronto?!? Allora abbiamo deciso che vi mandiamo i teloni!
(いいな!じゃ、それ伝えるぜ!・・・え~もしもし?それじゃ、われわれはそちらに天幕を送ることに決めましたから!)

- No, no i teloni no, che poi non lavolano!
(いやいや、南イタリア人はごめんデス、働きませんから!)

----------------------------------
mo' → ora (ナポリ語)

terrone 南イタリア人(北イタリア人が南イタリア人を軽蔑して呼ぶときに使う)
----------------------------------

う~~ん、このバルゼレッタは、イタリア南部ネタなんだけど、それにを理解するのに、われわれアジア人のイタリア語発音ネタが入っている・・・という、2段構えオチ。

さて、お分かりになる方がいらっしゃるかな??

そう、中国人のせりふ中、すべての“r”が“l”で書かれていますよね?!

amelicani とか・・・(正解は、americani)

luspe とか・・・(正解は、ruspe・・・定冠詞“le”も抜けてるし)

lussi とか・・・(正解は、russi)

mangiale とか・・・(正解は、mangiare)

私たち日本人が“l”と“r”の区別が苦手で、よく間違えて発音するっていうのは有名な話だけど、中国人もそうだったとは知らなかった。。。

ついでにいうと、この中国人の返答の文章も、文法的に正しいイタリア語じゃないし。

例:Medicine già mandate lussi!
     ↓↓
  Medicine sono già mandate dai russi!

まあ、普段私がしゃべっているイタリア語も、ようはこんな感じで、動詞が抜けてたり、定冠詞が抜けてたり、『薬、もう、ロシア人、送たヨ!』的なのかも・・・と、ちょっと苦笑い。

そして、この電話をかけているイタリア人が、南出身の人(それも多分ナポリ人?)だというのは、

- Aho... questi c'hanno già tutto, che je mannamo?

“che je mannamo?”が訛っていることから分かります。

“Mo' je lo dico! ”で完璧に!!(≧∇≦)

この“mo'”って、ナポリの人たち、めっちゃよく使うんですよね~~。
(ナポリに限らず、ローマあたりでも使うらしいですけど)

標準イタリア語での“ora”(今)って意味ですが、『さあ』『では』みたいな感じで、とにかく、“モ!”“モ!”“モ!”“モ!”“モ!”“モ!”・・・と連発するのだ。。。
ナポリに行く機会がある方は、ぜひ、耳を傾けてみてください(笑)。

そして・・・・。

このバルゼレッタのオチのキーワードは“terrone”(南イタリア人)。
この単語は、“terra”(大地)から派生しているもので、南イタリアには産業がなく、貧しさから、みんな大地に這いつくばって生きているというニュアンスなのかな?
・・・ちょっと侮蔑的に使われる言葉です。

もう、オチは説明の必要もないでしょうが、この電話のイタリア人(多分ナポリ人?:笑)が、“teloni”(天幕)を送りましょう・・・と申し出たところ、“l”と“r”を逆にとらえる中国人は、“teloni”を“terroni”と間違えて、

- No, no i teloni no, che poi non lavolano!
(いやいや、南イタリア人はごめんデス、働きませんから!)

と拒否しているのが笑える・・・とゆーわけでした。
(そして、ついでにいうなら、“lavolano”ではなく、“lavorano”)
【2005/10/15 07:31】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(6) |
Ti ritengo necessaria! 君が必要なんだ!
ritenere ~ ・・・ ~(誰それ)を・・・と思う

動詞“tenere”(保つ)に“ri-”(再び)という接頭詞がついて、でも意味はぜんぜん“再び保つ”ではない、しかも、辞書には赤い太字で載っている・・・という重要単語。

ああ、きっとこれ、今まで会話でしょっちゅう出てきていたのに、私が知らなかったばっかりに、聞き逃していて理解できていなかったんだろうな~~~。(^ ^;)

くどき文句にも使えそうないい言葉じゃないですか!!

辞書の例文は、

Lo ritengo necessario.
(私はそれが必要と判断する)

だなんて書いてあるけど、これを、

Ti ritengo necessario!
(わたしには貴方が必要なの!)

もしくは、

Ti ritengo necessaria!
(僕には君が必要なんだ!)

とかにしちゃえば、ラブレターにだって使えますね?!(≧∇≦)

Elisaというイタリアのシンガーソングライター(cantautore/cantautrice)のちょっと前のヒット曲で、“Luce (tramonti a Nord est)”という曲がありまして(←この曲、好き~♪)、サビの少し後の部分の歌詞が、

Ho bisogno di te....♪
(わたしにはあなたが必要・・・♪)

っていうんですが、この部分だけはばっちりヒアリングできたから『おお、いいフレーズじゃ・・・』と思っておりましたが、同じようなことを“ritenere”を使っても、言える、と。

Se ritenete questo blog interessante, cliccate il pulsante "Ranking" in calce per favore!
(このblogをおもしろいと思ってくださったら、末尾のランキングボタン、クリックお願いしま~す)

とか、

Quel ragazzo del supermercato, io l'ho ritenuto un bel ragazzo.
(あのスーパーマーケットの男の子、私はハンサムな子だと思ったわよ)

とか、いろいろ、応用効くじゃないですか。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

ということで、例のごとく、スヌーピー登場。
スヌーピーと相棒のウッドストックの会話。
ちなみに、ウッドストックの言葉が分かるのって、スヌーピーだけみたい。

;;;;;;;;;;;;;;
(∴∴∴∴∴∴∴)←ウッドストック語

Perché ti ritieni inutile?
(どうして、君は、君が役に立たないやつだなんて考えるだい?)

Anzi, sei molto necessario...
(とんでもないよ、君はとっても必要なんだよ・・・)

Questo mondo sarebbe squallido senza il canto degli uccelli... credimi, sei molto necessario...
(もし、鳥の歌がなかったらこの世界はどんなに侘しくなっちゃうか・・・信じてよ、君はホントに必要なんだ・・・)

;;;;;;;?
(∴∴∴∴∴?)

No, non vuol dire che ti spettano più soldi.
(違うって・・・君がもっとお金をもらえるはずって意味じゃないよ)

----------------------------------
inutile 役に立たない、無駄な

anzi それどころか、むしろ、とんでもない

squallido 侘しい、みじめな、やつれた、不毛な、手入れしていない
 ‐barba squallida 不精ひげ

spettare a ~ (財産・権利などが)~(誰それ)に帰属する
----------------------------------

ウッドストックの悩みはなに??
一生懸命さえずっても、誰も払ってくれないってこと??

・・・ウッドストックったら、意外とゲンキンだったのね・・・。
【2005/10/15 02:40】 イタリア単語帳 | トラックバック(1) | コメント(1) |
Alla stazione di Milano ミラノの駅にて
なんだか好評のようないたりあん笑い話、バルゼレッタ(barzelletta)。

その名も素晴らしい“Barzelletta.it”というサイトを発見してしまったので、もうネタに困ることはありません!!(≧∇≦)

・・・ということで、これからも、ちょくちょくバルゼレッタ更新したいと思います!!

まずは、地域ネタ。
イタリアは南北の地域格差が激しくて、それがお互いのお笑いネタになっておりまして、今回のこれは、まあそのひとつの典型と言うべきかも。
(でも、よく考えると、けっこう黒いジョーク・・・)

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Alla stazione di Milano
(ミラノの駅にて)


Due napoletani, Ciro e Antonio, dopo aver speso tutti i soldi nella grande Milano si ritrovano con il problema di come tornare a casa!
(2人のナポリ人、チーロとアントニオ、大都会ミラノですべてのお金を使いきってしまったあとで、どうやって家に帰るかという問題に直面!)

----------------------------------
ritrovarsi (一定の状況に)置かれる、居合わせる
----------------------------------

Decidono allora di separarsi per un momento e chiedere l'elemosina onde racimolare la cifra necessaria per far ritorno nella loro calda Napoli.
(で、さしあたって、彼らの熱き故郷ナポリに帰るために必要な金額をちょっとずつ集めるために、寄付を募ろう・・・と決める。)

----------------------------------
elemosina 施し
 (アクセントは、elemosina=えれもーじな)

onde ~する目的で、そのために
 (+動詞の原形 ~するために)
 (+接続法 …が~するために)

racimolare 苦心してかき集める、少しずつ集める

cifra 数字

necessario 必要な
----------------------------------

Si danno perciò appuntamento alla stazione di Milano nel giro di un'oretta.
(というわけで、小1時間ほどミラノの街をまわってから再びミラノの駅で落ち合うよう、待ち合わせをする。)

----------------------------------
perciò そのために、だから、それゆえ

appuntamento (人と会う)約束

un'oretta 小1時間(ora→oretta)
----------------------------------

Dopo un'ora, i due si ritrovano e Ciro chiede ad Antonio come gli sia andata. Antonio risponde:
(1時間後、2人は落ち合い、チーロはアントニオにどうだったかを訊く。
アントニオが答えるには)

- Ciru, e proprio vero... i settentrionali sono gente fredda...
(チルー、ホントだったぜ・・・北イタリアのやつらが冷たいってのは・・・)

----------------------------------
Ciru チーロ(Ciro)の愛称? よくナポリの人ってCiroさんをこう呼びます。

settentrionale 北方人、北イタリアの人
----------------------------------

pensa un po', mi sono camuffato per bene da povero cieco e mi son messo a Piazza Duomo con un cartello con su scritto "POVERO CIECO HA FAME" e nonostante tutto ho racimolato solo 11 euro.
A te invece com'è andata?
(考えてもみろや、俺は哀れな盲にばっちり変装して『あわれな盲がお腹を空かせています』ってカードを持ってドゥオーモ広場にいたんだけどよ、それにもかかわらず、たったの11ユーロしか集められなかったんだぜ。
おまえのほうはどうだった?)

----------------------------------
camuffarsi 変装する、化ける da ~(~に)

per bene きちんとした、良家の、たっぷりと

mettersi 身を置く、席につく

cartello 張り紙、ポスター、(犯罪者などが首からつるす)罪状札

nonostante ~にもかかわらず
----------------------------------

E Ciro:
(チーロがいうには、)

- Ho raccolto tremila euro...
(俺は3000ユーロ集めたぜ・・・)

Antonio rimane allibito ed esclama:
(アントニオは真っ青になって叫ぶ。)

----------------------------------
allibito 青ざめた、うろたえた

esclamare 感情をあらわにして叫ぶ、大声で言う
----------------------------------

- E come hai fatto?
(どうやったんだよ?!)

Ciro con molta calma glielo spiega:
(チーロは落ち着き払って説明。)

- Semplice Toni'...
(簡単だぜ、トニ・・・)

sono rimasto qui in stazione, ho preso un pezzo di carta e con una matita ho scritto: "POVERO MERIDIONALE VUOLE TORNARE A CASA!"
(俺はここ、駅に残ったんだ。で、紙切れを拾って鉛筆でこう書いた。
『哀れな南イタリア人が家に帰りたがっています!』)

----------------------------------
Toni' Ciruと同様、アントニオ(Antonio)さんのこともこんなふうに。ナポリ風の呼び方といえば“Toto'(トトー)”もポピュラー。

meridionale 南部の人、南イタリアの人
----------------------------------

・・・・。

南イタリア人って、povero cieco(気の毒な目の不自由な人)よりも哀れまれる存在なのね。。。
【2005/10/14 03:39】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(6) |
afta 口内炎
・・・知っていたところでイタリア語力が上がるとはとても思えない単語です。(^ ^;)

いえいえ、本当は、こないだ仕入れたバルゼレッタ(barzelletta)ネタをアップしたかったのです。

でも、数日前から、な~~~んだか体調が悪くて。。。。

扁桃腺(tonsille)のあたりが痛くて、微熱(febbre leggera)が下がらずに体がだる~~~~くて。

風邪(raffreddore)かな??
・・・と思って、風邪薬を飲んでみたり、喉の痛みにプロポリス(propoli)ってことで、苦~~いプロポリス液を飲んでみたり、吸入(inalazione)してみたりするものの、なんでだか、ぜーんぜん効かない。

なんなんだ。。。。

まあ、扁桃腺が腫れてても声は出るから、歌う分には支障はないんだけど、体がだるくて、頭がボーーーーっとしている状態だから、新しい曲をさらったり、新しいバルゼレッタを訳したりするのには、ちょっとエネルギー(energia)が足りなくて・・・・。

+++++++++++++++++++++++++++++++

ところで、表題の名詞“afta”(口内炎)ですが、なんでこんな単語を載せたかというと、扁桃腺炎(tonsillite)で思い出したのです。

3年前、扁桃腺炎をともなうちょっと重い風邪にかかり、そのとき飲んだ薬の副作用(effetto collaterale)で口の中が巨大口内炎だらけになってしまったことがあって、あまりの辛さに、薬局(farmacia)に行ったのですね。

あ、この場合の口内炎っていうのは、唇の裏とか、舌とか、歯茎とかにできる、ぷちっとした白いやつのことね。
ぷちっと小さいくせに、おしょうゆ(salsa di soia)とかトマトソース(sugo al pomodoro)とかがめっちゃ沁みて痛くて、まったく人を不愉快な気分にさせるやつ。
でも、そのときの私の口内炎どもは、最大で直径が3~4mmになったのもあって、その痛さといったら・・・!!!

もちろん、薬局に行く前に、辞書で“口内炎”という単語を調べてね。
私の辞書(小★館)でひくと、“口内炎”=“stomatite”。

薬局にて。

“Buongiorno. Vorrei comprare qualche medicina per la stomatite.”
(こんにちは。口内炎の薬をなにか買いたいんですけど)

“Come?”
(なんですって?)

“Qualche giorno fa ho preso una medicina per il raffreddore ma forse era tanto forte che adesso la mia bocca è piena di stomatite.”
(数日前、風邪薬を飲んだんですが、多分それが強すぎて、今、口中が口内炎だらけなんですぅ)

“Stomatite? Dove?”
(すとまてぃーて? どこに?)

・・・うむ・・・なぜだ・・・・??
話がちっとも通じてないんだけど。

“口内炎”って“stomatite”じゃないの???

わたしゃ、この巨大口内炎で苦しいんだよ。
特に舌の付け根にできている一番の大物のおかげで、物を飲み込む(ingerire)のすら困難で、ここんとこずっと流動食生活なんだよ。
なんとかして!!!

あまりの話の通じなさに、ついに、口内炎の実物を薬剤師さん(farmacista)に見せることを決意、唇をべろっとめくって、口の中をさらけ出したところ・・・。

“Ah, afta!”
(あー、アフタ!)

なんと、あの白くて小さくてぷちっとした不愉快なやつは“afta”っていうんです!!!

おい、辞書!!!
ちがうじゃん!!!

なんでも、薬剤師さんによると“stomatite”とは、口の中とか口の周りとかがべろべろに爛れてしまうくらいのすごい状態のものをいうらしい。。。。
まあね、それも、日本語に訳したら“口内炎”なのかもしれないけど。

ということで、イタリア生活においては、特に医学関係の単語は辞書に載っているものが、即そのまま日常生活で使われる言葉ではないことが往々にしてあります。

みなさまも、イタリア滞在中に、白くて小さくてぷちっとした不愉快なやつに悩まされて薬をご購入の際は、

medicina per l'afta 口内炎の薬

と指定してくださいね。。。

ちなみに、私は口内炎が持病?というか、できやすい体質で、日本にいたときからときどきこいつに悩まされていたのですが、このとき、イタリアの薬局で買った薬は、いまだかつてないほどのすごい効き目でした。

さすがイタリア。(←?)

++++++++++++++++++++++++

てことで、3年前のつらい思い出から現在に立ち返って。。。
(ちなみに、この3年前の風邪は、その後インフルエンザに発展し、異国での1人暮しで味わう自宅闘病生活・・・とゆー悲惨な思い出につながるのでありました・・・うう、あんときは苦しかった・・・)

それはともかく。
扁桃腺の痛みと微熱と体のだるさ・・・ってことは、おそらく、体がなんらかの菌と戦っているってことですよね。
抗生物質(antibiotico)飲めば、すぐ治るんだろうけど、あいにく、手元にない。。。。
ので、このまま、栄養と休養でもって、体の戦闘能力を地道に応援することにしたいと思います。。。
【2005/10/13 05:36】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(0) |
いくつかの・・・di
ほんのちょっとしたことなのですが、実は知らなかった。。。
知らなくても、実生活においては、代わりの表現で間に合ってしまったため、あえて正しくはどう言うのかを知ろうとしていなかった・・・ってこと、ありますよね。

人に訊かれて、あらためて、「そーいえばどう言うんだっけ?」って疑問に思った、みたいに。

先日(といっても、だいぶ日が経ってしまいましたが・・・ああ、このblog更新するのも久しぶり!)、リンクさせていただいている秋さんの“飽き秋っぽいイタリア語”にて、定冠詞の話題が出たときに、コメント欄に書きこませていただく際に、あらためて自分で辞書で確認して、

おお!! そういえば、そうだったか!!

・・・と思ったことがあったので、ここにぶろぐろう(ぶろぐる=blogに記事を書く)と思います。

まったく余談ですけど、日本語ってクリエイティブな言語で、こんなふうに名詞をすぐに動詞化して、新しい動詞を作ることが簡単にできますよね。

パクる、とか、サボる、とか。。。
(えーと、今他にサンプルが思いつきませんが、他にもこの手の動詞はいっぱいあるはず)

実は、イタリア語も、動詞は基本的に3種類の活用語尾、

-are
-ere
-ire

で終わる、というルールがあるため、外来語とか、新しい単語にこれらの語尾をくっつけて動詞化している、っていうことがよくあって、おもしろいな~~、と思います。

たとえば、マウスのクリック(click)。
日本語でも“クリック”は“クリック”という英語(外来語)のまま、“クリックする”っていいますが、これがイタリア語になると、英語(外来語)である“click”にそのまま“-are”をくっつけて、

cliccare クリックする(発音は“くりっか~れ”)

イタリア語サイトなんかで、

Clicca qui!
(ここをクリック!)

なんて、よく書いてありますよね。(^.^)

閑話休題。

日本語って、冠詞が存在しない言語なので、冠詞の存在が一般的な他言語を学ぶときにその使い方に一喜一憂(←この日本語の用法は、微妙に誤り:笑)してしまうのは、私だけではないはず。

ということで、いきなりシチュエーション問題。
貴方は男性だとして、今から、意中の女性(どうでもいいけど“意中の”って、なんて奥ゆかしい日本語でしょう!)の家に夕食に招待されようとしています。

手土産になにを持っていこうかな?
花を贈られて喜ばない女性はいないだろうから、そーだ、行きがけに花を買っていこう。

そして、花屋さんにて、バラの花を購入、彼女の家に到着。
ピンポーン♪

“Ho comprato una rosa per te.”
(君にバラの花を《1本》買ってきたよ)

この場合は、花屋さんにてランダムに選んだバラの花がしかも1本なので、不定冠詞“una”がつく、と。

ところが、もしも、これよりも前に、この女性に、

“Senti, ieri ho visto una bellissima rosa da un fioraio in via Trevi...”
(ねぇ、私、昨日、トレヴィ通りの花屋さんで、すっごくきれいなバラの花を《1本》見たのよ)

なんて言われてたとして、そして、この心優しい彼がそれを覚えていて、わざわざそのバラの花を買った場合は、

ピンポーン♪

“Ho comprato la rosa del fioraio in via Trevi per te.”
(君にあのトレヴィ通りの花屋さんのバラの花《1本》を買ってきたよ)

・・・と、不定冠詞“una”ではなく、定冠詞“la”がつくわけですね。
ここで定冠詞“la”になるのは、そのあとに“...del fioraio in via Trevi”という限定の表現が続くから・・・ももちろんなのですが、それより、以前にそのバラの花が2人の間の話題に上っているから・・・と、考えるわけです。

もっとも、このシチュエーションだったら、

“Ho comprato quella rosa per te.”
(君にあのバラの花《1本》を買ってきたよ)

・・・のように、形容詞“quello”(あの、その:quel(/quello)/quellaと語尾変化するので注意!)を使って言うこともできますけど。。。


さて、今の例ではバラの花は常に1本でしたが、意中の(*^.^*)女性へは、1本といわず、もっとたくさんのバラを贈りたい・・・という場合だったら?
(太っ腹の男性なのだ!)

定冠詞は“il(/lo)/la/i(/gli)/le”と単数・複数あるから、名詞の単数・複数によって使い分ければよい。
でも、不定冠詞“un(/uno)/una”は単数形しかない・・・でも、このように対象となる名詞が複数である場合は?

前置詞“di”+定冠詞複数形“i(/gli)/le”=dei(/degli)/delle

を使って、“いくつかの、いくらかの”と言うことができるのです。

つまり、

ピンポーン♪

“Ho comprato delle rose per te.”
(君に、バラの花を《何本か》買ってきたよ)

以下、同様に、

“Senti, ieri ho visto delle bellissime rose da un fioraio in via Trevi...”
(ねぇ、昨日、私、トレヴィ通りの花屋さんで、すっごくきれいなバラの花を《何本か》見たの)

“Ho comprato le rose del fioraio in via Trevi.”
(君に、あのトレヴィ通りの花屋さんのバラの花を《何本か》買ってきたよ)

もちろん、この場合でも、形容詞“quello”(あれらの、それらの:quei(/quelgli)/quelleと語尾変化!)を使って、

“Ho comprato quelle rose per te.”
(君に、バラの花を《何本か》買ってきたよ)

ということも可能です。

やーれやれ。
冠詞というものが日本語にないだけに、これだけのことでも、あらためて説明として文章化するとなると、たーいへん。

ま、ともかく、不定冠詞を使うべきシチュエーションで、その対象が複数である場合は、

前置詞“di”+定冠詞複数形“i(/gli)/le”

を使うことで、問題解決!!

・・・

ねぇねぇ、でもさぁ。

バラは数えられるからいいけど、パン(pane)とかワイン(vino)とか、数えられない名詞の場合はどうなるわけ?

(ワインはともかく、イタリア語では、パンも通常は数えられない名詞として扱うのですね。1個2個・・・って数えられそうですが)

数えられない名詞ってことは、複数形がないってこと。
それじゃ、漠然とした複数の“いくつかの”と言いたいときに、定冠詞複数形“i(/gli)/le”が使えないから困るじゃん。。。

こーいうときには、

前置詞“di”+定冠詞単数形“il(/lo)/la”=del(/dello)/della

を同様に使うのだそうです。。。。

私は、今更ながらこれを知ったときに、おお~~~、目からウロコ!!!・・・と思ったのですが、よく考えれば、きわめてlogico、当たり前か。

つまり、

Ieri ho fatto del pane.
(昨日、《いくつかの》パンを焼いた)

Nella bottiglia c'è ancora del vino.
(ビンの中には、まだいくらかのワインがある)←辞書の例文ほぼそのまま


冠詞のある言語をある程度勉強すると、冠詞のつかない状態の名詞を使うことに、妙に不安を感じることがありますが、この

前置詞“di”+定冠詞単数形“il(/lo)/la”=del(/dello)/della

を知っていると、その不安が60%ほど減りますよね?!


でも、実際イタリア語を使っていると、原則として、“名詞には冠詞がつくもの”というルールはあっても、冠詞なしで使われる場合も往々にしてあるので、やっぱり、考え始めるとキリがないかも。。。。(^ ^;)

さらに、イタリア人にとっても、人によって違うらしくて、以前、南イタリア出身の友達(♂)が、北イタリア出身の友達(♀)のイタリア語をして、

“彼女はミラノ育ちだっていうのは、イタリア語を聞いていたら分かるよ。だって、彼女は、冠詞を省いてしゃべることが多いだろ。それ、ミラノしゃべりの典型なんだ。”

・・・って言っていたことがあるのですが・・・。

ミラノ風のしゃべり方の典型が冠詞を省くことだっていうのは初耳でしたが。
(これ、ホントですか? どなたか詳しい事情をご存知の方、裏づけをください!)


だから、われわれ、母国語に冠詞をもたない外国人がイタリア語をしゃべる際に、冠詞をつけ忘れたり、つけ方を間違えていたりしても、すっごい大チョンボなわけではないに違いない・・・と気楽に構える今日この頃。

実際、友人に、私のしゃべる冠詞つけ忘れ(つけ間違い)イタリア語についてどう思うかを訊いたところ、

“う~ん、なんか不自然だなって感じはするけど、とりあえず言いたいことは分かるよ”

とのことだったので、とりあえず、気楽に構えつつ、地道にケースバイケースで間違えつつ(笑)、覚えていこうかな・・・と。

----------------------------------
最近、順位が急下降中・・・・(泣)
Cliccate questo pulsante "Ranking" per piacere!!
(↓↓このランキングボタンをクリック、お願いしまーす!!)
【2005/10/11 03:29】 ちょこっと文法 | トラックバック(0) | コメント(2) |
tuttavia しかしながら
※本日、2エントリー連続投稿してますので、↓↓の“Fatti tuoi! 関係ないでしょ!”から読んでくださいね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

↓↓(あいかわらず、前回のスヌーピーのエピソードの続きです)↓↓

とにかくピッチャーとしてプレイしたくてたまらないチャーリー・ブラウン(Charlie Brown)。

今度は、売り物のポップコーンを抱えたまま、さりげなくベンチに座ってみます。
そしてペパーミント・パティ(Piperita Patty)に見つかり、

Cosa ci fai qui in panchina, ciccio? Dovresti vendere popcorn!
(ここでベンチに座ってなにしてるのよ、チッチョ? あんたはポップコーンを売らないと!)

Ho pensato che forse avevi bisogno di un lanciatore di riserva.
(たぶん控え投手が要るんじゃないかって思ったんだ)

Da te, ciccio, vogliamo solo che tu venda il popcorn.
(あんたには、チッチョ、ポップコーンを売って欲しいだけなのよ)

Ma...
(でも・・・)

Ma vendi il popcorn, ciccio!
(でも、ポップコーンを売ってちょうだい、チッチョ!)

Tuttavia...
(しかしながら・・・)

Tuttavia, vendi il popcorn, ciccio!
(しかしながら、ポップコーンを売ってちょうだい、チッチョ!)

----------------------------------
panchina ベンチ

riserva 蓄え、買い置き、(スポーツの)補欠選手
----------------------------------

tuttavia だが、しかし

今回はそんなにひねりのない表現。

逆接の接続詞、日本語で言うところの“でも”“しかし”にあたるもの、イタリア語では“ma”“però”がポピュラーです。

以前、友達(日本人)が知り合いのイタリア人に、この2つになにかニュアンスの違いはあるのかをたずねたところ、返事は、“ない”。

ひとつの文章の中で2回以上、逆接の接続詞を使わなければいけない場合は、毎回毎回、“ma...”“ma...”ばっかり連発するのは間が持たないので(←ああ、さむ・・・言ってしまった)、“però”を使ってみたりするんだよ。

・・・という説明だったそうです。

なるほど。。。。

たしかに、こなれた文章と言うのは、どの言語においても、同じ単語が何度も反復されて出てくるものではないかも。
同じ意味のことでも、ちょっと表現を変えてみたり、品詞を変えてみたり。

こなれたイタリア語、使いこなしてみたいですね!!
(・・・いつかは・・・)←弱気

で、“ma”“però”に続いて、よぉーーーーく耳にするイタリア語の逆接の接続詞がこれ、

tuttavia だが、しかし

“ma”“però”に比べると、ちょっと硬い感じなのかもしれません。
ニュース番組(telegiornale)のアナウンサー(telegiornalisita)とか、討論番組に出てケンケンゴウゴウ議論している人たちなんかがよく使ってますから。

まったく余談ですけど、今、パソコンでケンケンゴウゴウって入力しようとしたら、なんと、

喧々囂々

と変換されてしまいました。

“ケンケン”が“喧々”だっていうのは、なんとなく覚えていたのですが、“ゴウゴウ”が“囂々”なんていう字を書くのは初めて知りました。。。
みなさん、知っていましたか?? 目からウロコ。

どっちにしても、“tuttavia”(でも、しかし、しかしながら)結構よく使います。
覚えておいて損はありません。
逆接の接続詞といえば“ma”“però”ばっかり・・・。
そんな毎日に厭きた貴方、ぜひ、貴方のイタリア語ボキャブラに“tuttavia”取り入れてみられてはいかがでしょうか?

(・・・と、今回はセールストーク風にしめて終わりにしたいと思います・・・)

*******

ところで、みなさん、漢字といえば。
“ちょうじゅうぎが”って漢字で書けます??
最近、知り合いの間で“鳥獣擬画”か?“鳥獣戯画”か??・・・と話題になったのですが。

(正解は、“鳥獣戯画”)
ちなみに漢字で正しく書けても、私は、それが何であるかを正確に説明できませんでした。。。とほほ(^ ^;)
【2005/10/05 01:33】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(2) |
Fatti tuoi! 関係ないでしょ!
(ちょっと更新の間があいてしまいましたが)スヌーピーの↓↓のエピソードの続き。

・・・というわけで、かわいそーに、ペパーミント・パティ(Piperita Patty)の野球チームの助っ人(?)として、ポップコーン売りをすることになってしまったチャーリー・ブラウン(Charlie Brown)。

内心は、選手としてプレーしたくてしかたない。
しかも、ピッチャー(lanciatore)として。

てことで、売り物のポップコーンかかえたまま、ナントカ理由をこじつけて試合中のマウンドに上ってきます。
(ちなみに、マウンドで投げているのは、エース、ペパーミント・パティ)

Cosa ci fai qui, ciccio?
(あんた、ここで何してんのよ、チッチョ?)

C'è una signora che si lamenta perché non c'è abbastanza burro nel popcorn...
(ポップコーンにバターが足りないって文句言ってるおばさんがいるんだけど・・・)

Fatti tuoi, ciccio... Io gioco!
(自分でなんとかしてよね、チッチョ!・・・私は試合中!)

Non hai bisogno di un altro lanciatore, per caso?
(ひょっとして、もうひとりピッチャーが必要だったりしないよね?)

Vendi il popcorn, ciccio!
(ポップコーンを売って、チッチョ!)

...sigh...
(・・・ため息・・・)=3

----------------------------------
lamentarsi 文句を言う、苦情を言う

abbastanza 十分な

burro バター

fatto できごと、事実、行動、行為
 ‐fatti《複数形》 個人的なこと

per caso ひょっとして、もしかして
----------------------------------

fatti tuoi! 自分でなんとかして! 関係ないでしょ!

直訳すると、“それはあんたの個人的なことでしょ!”って感じですか。

ともかく、この漫画の中での使われ方からすると、

“自分で何とかしてよね! 私には関係ないわよ!”

みたいに言いたいときに使えますね。

なお、これは、相手が自分にとってなにか好ましくない事態をもたらしそうな場合に使える“そんなの、(私には)関係ないでしょ!”。

では、こんなパターンは?
たとえば、好ましくない事態は事態でも、相手はそれを良かれと思ってやってくれる・・・でも、こっちにとっては正直いって余計なお世話だって場合。
つまり、“そんなの、(あんたには)関係ないでしょ!”と言いたい場合。

こんな場合、たしか英語では、直訳するところの、

“そりゃ、おめーの仕事じゃねぇだろ!!”(←相変わらず、訳語が汚くてすみません・・・)

“That's none of your business!”
(関係ないでしょ!)

とかいう表現があったかと思います。
(←なにしろ英語に燃えていた?のははるか昔・・・今はとっくに燃え尽きてしまっているので定かではありませんが)

そしたら、これ、イタリア語でもそっくりそのまま直訳したみたいな言い方をするんですよ。
(だいぶ前ですが、お昼下がりにやっている連続ドラマを見ていて発見しました)

Non sono affari tuoi.
(あんたには関係ないでしょ)

これ、私のもっている小★館の辞書の例文によると、

Non e' affare vostro.
(それは君たちには関係のないことだ)

ちなみに、、

affare 仕事、ビジネス

は、単数形(affare)でも複数形(affari)でも、どちらを使ってもいいようですね。


そうそう。。。。。

おなじ“関係ないでしょ!”でも、この2つを混同+誤用すると・・・

C'è una signora che si lamenta perché non c'è abbastanza burro nel popcorn...
(ポップコーンにバターが足りないって文句言ってるおばさんがいるんだけど・・・)

Non sono affari tuoi, ciccio...
(あんたの仕事じゃないわよ、チッチョ!・・・)

えっ??
てことは、私の仕事??

・・・使い方を間違えたせいでポップコーンを売らなきゃいけないのは、ペパーミント・パティになってしまいましたね?!(笑)

この場合には、
Non sono affari miei, ciccio...
(私の仕事じゃないわよ、チッチョ!・・・)

“tuoi”を“miei”に変えるべきだったのですね~~、うーん、何事も応用が大事!!
----------------------------------
*お知らせ*
“In culo alla balena!”に対する返答は、調査の結果(←いえ、親切なお友達が教えてくれただけです)、判明しました!!
↓↓の記事に“10月3日追記”として、書き加えましたので、チェックしてくださいね!!
これで貴方も、明日から下品でcoolなイタリア語ユーザーに!!(≧∇≦)

なお、この表現の使用は、自己責任でお願いします・・・(←おい;)
【2005/10/05 00:48】 イタリア単語帳 | トラックバック(1) | コメント(0) |
Datti da fare! 一生懸命頑張るのよ!
人にハッパをかけるとき、イタリア語ではなんと言うでしょう?

たとえば、試験とか、オーディションとかをこれから受ける人に向かって、

In bocca al lupo!
(頑張ってね!)

っていうのは、イタリア語を勉強している人だったら、きっと耳にしたことのある表現ですよね。
イタリアに住んでいる人だったら、それはもう、しょっちゅう・・・。

これ、直訳すると、“狼の口の中へ!”ってことだから、これのどこが“ハッパ”なの??・・・って感じですが。
これに対する返答は決まっていて、

Crepi. / Crepi il lupo.
(狼なんてくたばっちまえ)

“L'audizione di cui dicevi l'altro giorno, la fai domani, vero? In bocca al lupo!
(こないだ言っていたあのオーディション、明日受けるんでしょう? 頑張ってね!)

“Grazie, crepi!
(ありがとぉ~、頑張るよ!)

このお決まりの応答をすることによって、“頑張ってね!”“よ~し、頑張るぞぉ”という気分を盛り上げる感じなのかな。

なお、この“In bocca al lupo!”のさらにお下品バージョンとして、

In culo alla balena!
(鯨のケツの穴へ!)

という笑っちゃうのもあります。。。。
(ちなみに、これに対してどう応えたらいいのかは・・・現在、調査中??)

----(2005年10月3日追記)---------------------------------
“In culo alla balena!”(鯨のケツの穴へ!)に対する返事の仕方・・・判明しました~~~!!!
mnmちゃん、ありがとう!!(≧∇≦)

それは、

Speriamo che non cachi.
(クソたれないといいね!)←いいのか、こんな訳で?!(笑)

cacare (上品にいうところの)排便をする

という意味です。皆さん、お分かりになりましたか?
え、お分かりにならない・・・具体的には、どーいう意味なんだって??
・・・ええ、書いてしまいましょう・・・

cacare クソをたれる、クソする

あああああ!!!!!
わたくしとしたことが、こんなお下品な表現をblogに!!!(≧∇≦)
---------------------------------(2005年10月3日追記)----


語学学校じゃ、“狼の口”のほうは習ったけど、“鯨のケツ”のほうは、さすがに教えてないようで(笑)、私はずいぶん後になるまで、これ、知りませんでしたけど。。。(^ ^;)
(でも、こっちもよく使うんだよね、実際!!)←特に、若い子たちが・・・

さて、“頑張ってね!”っていうときはこんな感じなのですが、ひとくちに応援といっても、“頑張ってね、うまくいくといいね”という成功祈願(augurio)よりも“ハッパをかける”というニュアンス(sfumatura)がもっと強くなったとき、こんなふうに言うんだ~、というのを、先日(例によって)スヌーピー漫画から見つけました。

darsi da fare 一生懸命頑張る

この言い回し(modo di dire)を命令形にして、

Datti da fare!
(一生懸命やりなよ!)←2人称単数“tu”に対する命令ですね。

++++++++++++++++++++++++++

野球大好き少年チャーリー・ブラウン(Charlie Browm)は、選手としては、実はダメ選手(笑)。
女ガキ大将ペパーミント・パティ(Piperita Patty)は、勉強はダメだけど、野球は得意。
そんなパティのチームに助っ人がいることになって、パティはチャーリー・ブラウンに電話・・・。
でも、その助っ人っていうのは、チームの活動資金を集めるためのポップコーン売りだったのでした!!・・・(^ ^;)

Okay, ciccio, vogliamo che tu venda questi sacchetti di popcorn alla gente che assiste alla partita...
(いい?チッチョ、あんたには、このポップコーンの袋を観戦しているお客さんに売って欲しいわけ)

C'è gente che assiste alle vostre partite?
(試合を見にくるお客さんなんているわけ?)

Certo, ciccio... cosa ti viene in mente?
(当たり前よ、チッチョ・・・なに考えてんの?)

Alle NOSTRE partite non c'è mai nessuno...
(僕達の試合なんて、誰も一度も来たことないのに・・・)

それほど、チャーリー・ブラウンのチームは弱いってことですね・・・(^ ^;)

Comunque, datti da fare, ciccio... vendi il popcorn...
(とにかく、一生懸命頑張るのよ、チッチョ・・・ポップコーンを売ってちょうだい)

Sei sicura di non volermi come lanciatore?
(僕のこと、ピッチャーとしては欲しくないっていうのは、確か?)

Vendi il popcorn, ciccio!
(ポップコーンを売るのよ、チッチョ!)

・・・か、かわいそうな、チャーリー・ブラウン・・・(^ ^;)

----------------------------------
sacchetto 袋、小袋

gente 人々

partita 試合

assistere a ~ ~を観る(試合・公演など)

mente 頭脳

lanciatore ピッチャー
----------------------------------

そうそう、名詞“mente”(頭脳)、ここでは、

venire in mente 心に浮かぶ、思いつく

というイディオム(locuzione)として使われています。

えーっと、ええーーっと、あの単語、なんて言ったっけ??
ああ~~、アレなんだけどな~~、アレ。

ってときに、

Ah, no, non mi viene in mente!!
(あーダメだ、思い浮かばない!)

っていうシチュエーションで、私はやたらよく使うんですよね(笑)。
【2005/10/01 03:18】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(6) |
PROFILO
まのん
  • Author:まのん
  • イタリア在住ながらも、まだまだ語学は発展途上中です。イタリア語学習中の皆さま、一緒にボキャブラリーを増やしていきましょう~。
    ご意見・ご感想メールはこちらまで、どうぞよろしく♪
    人気blogランキングへ
  • RSS1.0
  • CALENDARIO
    09 | 2005/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    ARTICOLI RECENTI
  • gaffe へま、失言、失態(05/22)
  • essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる(05/09)
  • obiettivo 客観的な(05/01)
  • sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる(03/31)
  • fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)(03/13)
  • inciampare つまづく、よろける(03/11)
  • a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)(03/04)
  • いったいなぜ??(02/26)
  • a pezzi くたくたになる(02/18)
  • Buon Anno! 新年おめでとう!(01/09)
  • COMMENTI RECENTI
  • まのん(07/30)
  • ヨシくん(07/28)
  • まのん(05/26)
  • リリーブルー(05/25)
  • まのん(05/25)
  • Kchan(05/22)
  • まのん(05/22)
  • まのん(05/22)
  • ぶりらんて(05/13)
  • Kchan(05/10)
  • まのん(05/08)
  • Kchan(05/03)
  • まのん(04/26)
  • moto(04/22)
  • まのん(04/10)
  • TRACKBACK RECENTI
  • 飽きっぽいイタリア語:Cosa ci fai qui?(10/07)
  • ARCHIVI
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (16)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)
  • CATEGORIE
  • イタリア単語帳 (47)
  • ちょこっと文法 (7)
  • ばるぜれった(^m^) (6)
  • その他雑記 (2)
  • ごあいさつ (2)
  • LINK
  • Ragazza Solare
  • BelGiappone
  • 楽しく覚えるイタリア語!
  • みりあのイタリア語メモ
  • たとえばこんな■イタリア語
  • 飽きっぽいイタリア語
  • ITALIANIAMOCI con Arigatou
  • イタリアつれづれ日記
  • イタリア文化と波乗りが好き
  • il mio diario
  • Life in the UK イギリス生活記
  • 本当のアメリカ留学。
  • VOMITARE L'ANIMA
  • おらとキアヌぼん
  • ~ Amore ~ 前原加奈 Official web site
  • Kchanは今日も行く。
  • RICERCA
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。