Ragazza Solare イタリア単語帳
ニュアンスに富んだイタリア語を喋るために…増やせ、ボキャブラ!!(≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる
日常会話の中で、特に難しい表現っていうわけじゃないし、それを言いたいときに他の言い方でも伝えることはできるんだけど、ひょっとしたらもっといい表現、まさにドンピシャな表現が存在するんじゃないか??

・・・みたいに思っていたことがあります。
(でも、これだけじゃ、なんのことやら分からないですね)

それが、先日、友人italianoとのチャット(la chat)を通して判明しました。

なんだか最近、チャットネタばっかりですが・・・(^ ^;)

我が家は、インターネットが使い放題になるのは夜8時から朝8時までで、それ以外の時間は、1時間毎に接続料金がかかります。
なので、よほどの緊急時以外は、昼間ネットをすることはないのですが、先日は時差があるところに住んでいる友人と、ちょっと急ぎの会話をする必要に迫られました。

なにしろ時差があるせいで、こちらとしても接続料金のかかる昼間にネットせざるを得なく・・・。
でも、たらたらとチャットしていると接続料金がすごいことになるだろうから、会話の最初に“そんな理由なので、手短かに済まそうね”ってことを言っておいたわけです。

・・・で、私も接続時間を気にしつつも、つい盛りあがってしまっていると、

- Senti mi sento a disagio che stai pagando internet..
 (ねぇ、君がネットにお金を払い続けているのが気になるんだけど・・・)

向こうも気にしてくれていたみたいで、こんなことを言ってくれました。

disagio 居心地の悪さ、不自由、不便、窮屈さ

sentirsi a disagio 居心地が悪い、窮屈な思いをする、不快な思いをする

“disagio”をひいたとき、辞書に書いてある意味“居心地が悪い”とか“窮屈な思いをする”とか、具体的にどういう時に使ったらいいんだろう?
・・・って思っていたのですが、こんなときに使えるんですね。

そう言われてみれば、“disagio”という言葉は、よくその辺で耳にするし。
結構、使う表現だったのですねぇ。
なんて、今更のように感心してみたりして・・・さっそく私も使おう!

てことで思いついたのが、こんなシチュエーション。

お友達どうしでちょっとカフェを一杯というときの会計って、イタリア人って、割り勘にせずにどちらかがパッと払ってしまうことって多いんです。
(ちなみに、これは韓国人も一緒)

でも、日本人って、なにごともキッチリさせるお国柄のせいか、小さな金額の会計でも割り勘にする傾向が強いような。

それこそ、何セントというような小額でもキッチリ割り勘にしようとする姿勢は、たとえ割り勘にするとしても、そうとうドンブリ勘定なイタリア人から見るとちょっとビックリみたいなのです。
(韓国人から見ても、そうかもしれない・・・)

日本人どうしでバールに寄ってカフェするときは、お互い暗黙の了解で割り勘でいいので楽といえば楽ですが、これがイタリア人の友達と一緒だと、私がのほほんとしている間に、さっと私の分まで払われてしまって、

- Nooooo!! Pago io!
 (ええー!私が払うよぅ!)

- Ti offro io.
 (おごるわよ)

だなんて、私が握り締めている1ユーロは頑として受けとってもらえなかったりして。

イタリア人の友達といっても、男性の場合は“会計は男性”という別ルールがあるせいで彼らが払うのが当然なのかもしれませんが、女性の友達との場合でも、彼女達がさっさと払ってしまって、私が払おうとしても、

- Allora mi offri tu la prossima volta.
(じゃ、次回はあなたがおごってね)

とかなんとか、言い逃れられてしまうのですね。
次回っていっても、しょっちゅう会うような関係の友達じゃなければ、次回があるのかないのかすら分からないのにねぇ。

たかがカフェ1杯、金額的にはたいしたことはないし、彼らの好意は嬉しいからもちろんありがたく受け入れたいのですが、毎回おごられてばっかりだとやっぱり気になるってもんです。

彼らのこの習慣は、ある意味、ホスピタリティから来ているのかな?

イタリア人のおばさんたちが、バールの会計で、

“奥様、今日は私が払うわ”
“んまぁ~、奥様、何を言うの、今日は私が!”

なんて押し問答しているのも、そういえばよく聞くし(笑)。

どっちにしても、会計が済んでしまった後で、“どーしても受けとって欲しい”とお金を差し出したり拒否されたりし続けるするのは、あんまりスマートじゃないですよね。

そろそろ会計・・・というタイミングを見計らって、さっと先に払ってしまうというのも、一種の社交術かしら?

で、“今日こそは私が!”と意気込んで、私が払おうとしているときに、友達italianaから“あらそんな、私が払うわ”だなんて言われたら、

- Ma oggi ti offro io che mi sento a disagio che tu mi offri sempre!
 (今日は私がおごるわ。だって、いっつもあなたが払ってくれるの悪いもの!)

って言ってやるのだ~。
スポンサーサイト
【2006/03/31 03:23】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(8) |
fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)
前回に続いて、今回もチャットから拾ったコネタです。

故障しているわけじゃないんだけど、なーんか機械の調子が悪い・・・そんなときに使える、ちょっと口語的な表現です。

例によってチャット中に、相手の友達italianoがおちました。

- ci sei? se devi andare via, dimmelo...
 (いる?もし中断したかったら、言ってね)

- scusa. internet fa le bizze
 (ごめん。インターネットが調子悪くて)

この表現知らなかったので、すかさず電子辞書をひいてみると、

fare le bizze だだをこねる

へぇぇ、“だだをこねる”にはこんな言い方もあるんだ。
今まで“fare i capricci”しか知らなかったけど。

capriccio 気まぐれ、わがまま、むら気、(特に幼児の)わがまま、気まぐれの恋、浮気心

“気まぐれ”から派生して、はては“浮気”なんて意味まで。

ちなみに、名詞“capriccio”から派生した形容詞“capriccioso”は、“ワガママである”ということを言いたいときに、とってもポピュラーに使われる単語。

Lei è molto capricciosa.
(彼女って、とってもワガママ!)

つまり、“fare le bizze”は、この“capriccio”がらみの表現と似たようなものってことかな?

- fare le bizze= dare problemi, comportarsi in maniera strana
 (“fare le bizze”っていうのは、おかしなふうに振舞って問題を起こすことだよ)

- vuol dire anche fare i cappricci? o un po' diverso...?
 (“fare i capricci”という意味でもあるの?それともちょっと違うの?)

- più o meno si. però lo si usa più per le macchine che per le persone
 (だいたいそうだね。でも、人についてよりも機械についていうときにより使うね)

- capisco. facevi le bizze spesso quando eri piccolo?
 (なるほど。子供の頃、よくだだをこねてた?)

- hehehe, non ero una macchina. al massimo facevo i capricci
 (ははは、僕は機械じゃなかったよ。すくなくとも“capricci”はしてたけど)

----------------------------------

辞書によると、

bizza 軽いいらだち、(子供の)だだ

fare le bizze だだをこねる

という意味が載っているんだけど、この友達italianoの解説によると、どっちかというと機械の調子が悪いときに使うというじゃないですか。

ということで、毎度のことながら辞書ってあてにならないんだよね・・・という感想を胸に、今回はこの辺で。
【2006/03/13 06:47】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(6) |
inciampare つまづく、よろける
本日は、局地的に使うであろうと思われる(?)コネタです。

イタリア人のお友達とチャットで話すことがあるという方は使ってみてください。
(もちろん、日常会話の中で本来の意味で使っても全然かまわないのですけど)

ある日のチャットにて。
イタリア語に関するまじめな質問事項の最中に、急に友達italianoがチャットからおちてしまいました。

そもそも、日本語の“おちる”っていうのも、チャット用語かな?
・・・で、復活した後。

- taidama. sono inciampato nel filo. ed ho disconnesso il pc
 (タダイマ。回線でつまづいちゃったよ。だから接続を切ったんだ)

inciampare つまづく、よろめく、(困難などに)出くわす

この単語、知りませんでした!

へぇぇぇ、おもしろい!

友人の発言は、直訳すると“回線の中でつまづいた”なのですが、この単語にはそこから派生した“困難などに出くわす”という意味もあるので、“回線の中でつまづいた結果、接続が難しくなった”というニュアンスだったのでしょう。

辞書に載っている“inciampare”の例文の発展バージョンとして、

Mentre camminavo pensando alle mie cose, sono inciampata in un sasso.
(歩いている途中に考え事をしていて、私は石につまづいた)

È inciampato nel codice penale.
(彼は、うっかり刑法に違反した)

“inciampare”は自動詞なので、直に目的語をとることができず、前置詞“in”を伴う・・・というのも、ポイントですね。

どの前置詞がどういう場合にどの動詞と一緒に使われるか??
っていうのは、結局、動詞ごとに覚えなくてはいけなかったりして、毎度毎度、悩ませられますが。

で、さらにチャットを続けていったのですが、このとき時間も遅かったし、眠かったしで、つい指が滑ってタイプミスをしてしまいまして。

- si, infatti lo scii e' uno degli unici sport che so fare. in realta' non sono sportiva
 (そう、実のところ、スキーっていうのは私ができる数少ないスポーツのうちのひとつで。ホント言うと、私スポーツ音痴だから)

- sci. una sola i. io non so sciare
 (“sci”だよ。“i”はひとつだけ。僕はスキーできないけどね)

- scusa, solo hanno inciampato le dita
 (ごめん、指が滑っただけ)

- sono inciampate, non hanno inciampato
 (“sono inciampate”だよ。“hanno inciampato”じゃなくて)

- vero, solo che sono inciampate le dita anche su questo!
 (そうだね。これも指がすべっただけだって!)

・・・。

“sci”を“scii”とタイプしてしまったのは、明らかに指が滑ったのだけど、自動詞“inciampare”を過去形にするときの助動詞に“essere”ではなくて“avere”を間違って使ってしまったのは、指が滑った・・・

・・・わけではないのは、明らかです。。。(^ ^;)

覚えたばっかりの“inciampare”。
さっそく試したくて、使ってみたのはいいんだけど。。。

最後の一言は、苦しい言い訳でした(笑)。

(もっとも、辞書によると“avere”も“essere”も両方使うようなことが書いてあるけど、このへんの具体的な違い、どうなんだろう?)
【2006/03/11 05:06】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(4) |
a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)
ぷちっとコネタです。

先日、友達italianoとのチャットにて。

-come stai?
(元気?)

-sono ancora stanca leggermente.
(まだちょっと疲れてるけど・・・)

-a chi lo dici?
(誰に言ってるの?)

いや、誰にって・・・チャットしてるんだし、当然チャット相手のあなたしかいないでしょ。

-a te. perché?
(あなたによ。なんで?)

-è un modo di dire. intende anch'io sono stanco.
(それは、“僕もだよ”っていう意味の言いまわしだよ)

あっ・・・そうだったのか。

直訳だと、“誰に言ってるの?”になるんだけど、そこからさらに意味がひねられて、

誰に言ってるの? → 私だって…なのよ。

になるというわけか。

で、ハタと思い出した先日の出来事。

ミラノの誇るオペラ劇場スカラ座(il teatro alla Scala)に友人たちとオペラを観に行ったのです。

そのときの連れの一行の中には、なんと5歳の女の子がいて。
この子がオペラ大好きみたいで、夜8時開演という遅い時間にもかかわらず、途中で寝たり、騒いだりもしないで、すっごく真剣に聴くのだそうです。
(う~~ん、このあたり、まだまだ伝統ある“オペラの国”イタリアの面目躍如ですね!)

で、連れの友人italianoが私にいうには、

-Non parlare durante la musica, altrimenti lei si arrabbia e ti picchia!
(音楽が鳴っている間、しゃべっちゃダメだよ。そうじゃないと、彼女が怒って君をたたくからね!)

この友人は、からかい半分で言ったんだと思うけど、そこは私も音楽家のはしくれ。
誰に向かってそんな失礼なせりふを言ってると思ってんの?
演奏の最中に、おしゃべりだなんて、するわけがないじゃないのよ。

・・・と思ったので、文字どおり、

-A chi lo dici?
(誰にいってんの?)

と返したら、この友人italiano、なんだか変な顔をした。

私は、“誰にいってんの?”→“私だって仮にも音楽家なんだから、そんなマナーのなってないことするわけないでしょ”のつもりだったんだけど、イタリア語の決まった言い回し(modo di dire)で、

a chi lo dici? 自分もそうである

というのがあるとしたら、あのときの会話は、

-Non parlare durante la musica, altrimenti lei si arrabbia e ti picchia!
(音楽が鳴っている間、しゃべっちゃダメだよ。そうじゃないと、彼女が怒って君をたたくからね!)

-A chi lo dici?
(私もたたくわよ)

と理解されたのだろうか・・・・ぷぷ(笑)

==============================

ブログの表示があいかわらずおかしくて、どうやらテンプレートに問題があるみたいです。
テンプレートそのものを変えなければならないみたい・・・。
気に入ったテンプレートだったのになぁ。

現在、代わりのテンプレートを探しているところですが、なかなか気に入ったデザインのが見つからないんですよねぇ。
おまけに、今までのテンプレートは、かなりカスタマイズしてあるから、次のデザインのテンプレートでも、同様のカスタマイズを行わなくてはならず、最終的なデザインチェンジにまでは、ちょっと時間がかかりそうです。

その間、このRagazza Solareイタリア単語帳の一番初期に使っていたテンプレートに戻します。
(これ、ちょっと表示がうすくて見づらいので、あんまり好きではないんですが)

デザイン・リニューアルするまで、しばらくお待ちくださいね!
【2006/03/04 08:55】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(6) |
PROFILO
まのん
  • Author:まのん
  • イタリア在住ながらも、まだまだ語学は発展途上中です。イタリア語学習中の皆さま、一緒にボキャブラリーを増やしていきましょう~。
    ご意見・ご感想メールはこちらまで、どうぞよろしく♪
    人気blogランキングへ
  • RSS1.0
  • CALENDARIO
    02 | 2006/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    ARTICOLI RECENTI
  • gaffe へま、失言、失態(05/22)
  • essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる(05/09)
  • obiettivo 客観的な(05/01)
  • sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる(03/31)
  • fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)(03/13)
  • inciampare つまづく、よろける(03/11)
  • a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)(03/04)
  • いったいなぜ??(02/26)
  • a pezzi くたくたになる(02/18)
  • Buon Anno! 新年おめでとう!(01/09)
  • COMMENTI RECENTI
  • まのん(07/30)
  • ヨシくん(07/28)
  • まのん(05/26)
  • リリーブルー(05/25)
  • まのん(05/25)
  • Kchan(05/22)
  • まのん(05/22)
  • まのん(05/22)
  • ぶりらんて(05/13)
  • Kchan(05/10)
  • まのん(05/08)
  • Kchan(05/03)
  • まのん(04/26)
  • moto(04/22)
  • まのん(04/10)
  • TRACKBACK RECENTI
  • 飽きっぽいイタリア語:Cosa ci fai qui?(10/07)
  • ARCHIVI
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (16)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)
  • CATEGORIE
  • イタリア単語帳 (47)
  • ちょこっと文法 (7)
  • ばるぜれった(^m^) (6)
  • その他雑記 (2)
  • ごあいさつ (2)
  • LINK
  • Ragazza Solare
  • BelGiappone
  • 楽しく覚えるイタリア語!
  • みりあのイタリア語メモ
  • たとえばこんな■イタリア語
  • 飽きっぽいイタリア語
  • ITALIANIAMOCI con Arigatou
  • イタリアつれづれ日記
  • イタリア文化と波乗りが好き
  • il mio diario
  • Life in the UK イギリス生活記
  • 本当のアメリカ留学。
  • VOMITARE L'ANIMA
  • おらとキアヌぼん
  • ~ Amore ~ 前原加奈 Official web site
  • Kchanは今日も行く。
  • RICERCA
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。