Ragazza Solare イタリア単語帳
ニュアンスに富んだイタリア語を喋るために…増やせ、ボキャブラ!!(≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
非人称代名詞の“si”
以前から、なんとなぁ~~く疑問に思いつつ、そのままほったらかしてあったこと。。。。

疑問に思いつつ“この言い方であっているのかな~?”と自信なく使っていた、とある表現。。。

それが、この非人称代名詞の“si”!!

いえいえ、主語を特定しない文章にて、一般的に物事がどうであるかを表現するときに使われるものである・・・ってことは、知ってましたよ。

たしか、そんなふうに語学学校でも習ったし。

例えば、

Come si fa gli spaghetti alle vongole?
(アサリのスパゲッティって、どうやって作るの?)

これがもし、

Come tu fai gli spaghetti alle vongole?

だったら、“あなたは、アサリのスパをどーやって作ってるの?”になりますが、ここでは、主語“tu”の代わりに、一般的に人々はアサリ・スパをどーやって作っているのかを尋ねているわけで、主語が非人称代名詞の“si”になる、とゆーわけ。
一般的に人々が、ってことで、動詞の活用は3人称単数形になります。

もうひとつ、辞書に載っていた例文、

Da Milano a Roma si arriva in un'ora.
(ミラノからローマへは1時間で着く)

えーーーー、まず文法の説明云々の前に・・・
どう頑張ってもミラノからローマまで1時間で着くことはありえない・・・と思うのですが・・・(^ ^;)

(特急電車で4時間半かかります・・・)

だから、この例文、土台からして

Assurdo!(あり得な~~い!)

一般的な方法(車・電車)では4~5時間かかるのだから、

Da Milano a Roma si arriva in quattoro o cinque ore.
(ミラノからローマへは、4~5時間で着く)←一般的に

Ma tu ci arrivi in un'ora.
(でも、あなたはもしかして、1時間で着いちゃうのかも??)←“あなた”という特定の人の場合

そんなあなたの移動手段はなに??
どこでもドア??
ワープ??

・・・とアホなことを書いていて、ミラノ-ローマを1時間で移動できる交通手段を思いつきました。。。。

それは、飛行機(aereo, aeroplano)です。。。。。(^ ^;)

閑話休題。

まあ、このように、一般的に物事がどうであるかをいう場合の非人称代名詞“si”ですが、明らかに、こういう使い方をされていると思われるのに、動詞の活用が3人称複数になっている場合があるのです!!

どーーーして??

非人称代名詞“si”は、いつも3人称単数の活用形とともに使うんじゃなかったの??

なにが違うと、3人称複数形になるわけ????

・・・と、疑問に思いつつ過ごしてまいりました。。。恥。

それが、つい先ほど、偶然にして、ようやく謎が解けました!!!
(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)

なんと、この非人称の“si”は、

“si”passivante(受動的機能を持つ“si”)

という用法があったのです!!!
そして、この場合においては、動詞の活用は3人称単数・複数両方になる可能性がある、と!!。

例文を見てみましょう。

In Svizzera si parlano quattro lingue.
(スイスでは4つの言語が話されている)

日本語訳では、“quattro lingue”(4つの言語)が“話されて”と受身形になっていますね。
文法的構造からみた主語は、あくまでも非人称“si”だと思うので(←ちょっと自信なし)、直訳は、

“スイスでは(人々は一般的に)4つの言語を話す”

となるのでしょうが、

この非人称“si”に受け身形の文章を作る役割がすでにあるので、目的語であるはずの“quattro lingue”(4つの言語)が主語がわりになり、これにあわせて動詞も3人称複数で活用している・・・と。

つまり、分かりやすいように、通常の受身文に書きかえると、

Quattro lingue si parlano (=sono parlate) in Svizzera.

な、なるほど。。。。。

これなら、なぜ、非人称“si”なのに動詞の活用が3人称単数ではなく、3人称複数になっているのか、謎が解ける。。。Σ(°□°;)ガビーン

もちろん、

In Svizzera si parla anche l'italiano.
(スイスではイタリア語も話されている)

の場合は、目的語がわりの“l'italiano”(イタリア語)が3人称単数であるので、動詞の活用も3人称単数形である“parla”となっているわけです。

ああ、これが違いだったのか。。。。知らなかった。。。恥。

たとえ、日本語訳で“一般的に物事が~である”と解釈できる場合でも、実は、その裏には“受身”の意味が含まれていたっちゅーことですね。。。

逆にいえば、受身の文章として解釈した場合に主語に当たる単語にあわせて、動詞の活用が3人称単数/複数か、決まってくる、と。

このカラクリが分かれば、他の例文においても、どこで動詞の3人称単数/複数を使い分けているのかが、よく分かるってもんです。。。(^ ^;)

これからは私も、正しく非人称“si”を使えるようになるぞーー!!

----------------------------------
Si accettano assegni circolari in questo negozio.
(当店では、銀行小切手をお使いになれます)
   ↑
(当店では、《一般的に人々によって》銀行小切手が使われます)

 * assegno circolare 銀行小切手

----------------------------------
Si comprano pochi giornali in Italia.
(イタリアでは、ほとんど新聞を買いません)
   ↑
(イタリアでは、《一般的に人々によって》新聞はほとんど買われることがありません)

 * そうかいな・・・??
  新聞、みんな買っていると思うけど・・・。まっ、いっか。。。

----------------------------------
Si vende un appartamento in via Verdi n.13.
(ヴェルディ通り13番地にて、売却アパートあり)
   ↑
(ヴェルディ通り13番地にて、《誰とは特定できないけど誰かさんによって》アパートが売られています)

----------------------------------
Si dovrebbe invitare anche Gaia alla festa.
(ガイアもパーティに招いたほうがいいんじゃない)
   ↑
(パーティには《実際には、誰が招くのか特定はできないけどパーティにくる人々によって》ガイアも招かれるべきでしょう)

----------------------------------
Si inaugurerà domani l'anno accademico.
(明日から、学校の新学年が始まります)
   ↑
(明日、《特定の誰かが始めるわけじゃないけど一般的に》学校の新学年が開始されます)

 * inaugurare 開会式を行う、始める

----------------------------------
Non si può risolvere questo problema.
(この問題を解くことはできません)
   ↑
(この問題は、《誰とは言わないけど一般的にどの人によっても》解かれることはできないでしょう)

----------------------------------

直訳って、日本語としてはすごくまだるっこしいけど、でも文法的な背景よく分かりますね。。。
(^ ^;)
スポンサーサイト
【2005/09/27 03:50】 ちょこっと文法 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<barzelletta 笑い話 | ホーム | Assurdo! そんなバカな!>>
コメント
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチパチパチ
すばらしい解説ありがとう。
そういうことだったのね。
今まで無意識に使ってたわー。
さすが、師匠!!
【2005/09/27 08:48】 URL | mnm #-[ 編集]
私も、無意識に使っとりました。
なるほど~。受け身が基準ね。
【2005/09/27 16:44】 URL | がりバ~ #-[ 編集]
師匠ではありませんので・・・頼んます。
【2005/09/28 00:17】 URL | まのん #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/03/22 13:49】 | #[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ragazzasolare.blog18.fc2.com/tb.php/25-1addb564
PROFILO
まのん
  • Author:まのん
  • イタリア在住ながらも、まだまだ語学は発展途上中です。イタリア語学習中の皆さま、一緒にボキャブラリーを増やしていきましょう~。
    ご意見・ご感想メールはこちらまで、どうぞよろしく♪
    人気blogランキングへ
  • RSS1.0
  • CALENDARIO
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    ARTICOLI RECENTI
  • gaffe へま、失言、失態(05/22)
  • essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる(05/09)
  • obiettivo 客観的な(05/01)
  • sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる(03/31)
  • fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)(03/13)
  • inciampare つまづく、よろける(03/11)
  • a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)(03/04)
  • いったいなぜ??(02/26)
  • a pezzi くたくたになる(02/18)
  • Buon Anno! 新年おめでとう!(01/09)
  • COMMENTI RECENTI
  • まのん(07/30)
  • ヨシくん(07/28)
  • まのん(05/26)
  • リリーブルー(05/25)
  • まのん(05/25)
  • Kchan(05/22)
  • まのん(05/22)
  • まのん(05/22)
  • ぶりらんて(05/13)
  • Kchan(05/10)
  • まのん(05/08)
  • Kchan(05/03)
  • まのん(04/26)
  • moto(04/22)
  • まのん(04/10)
  • TRACKBACK RECENTI
  • 飽きっぽいイタリア語:Cosa ci fai qui?(10/07)
  • ARCHIVI
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (16)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)
  • CATEGORIE
  • イタリア単語帳 (47)
  • ちょこっと文法 (7)
  • ばるぜれった(^m^) (6)
  • その他雑記 (2)
  • ごあいさつ (2)
  • LINK
  • Ragazza Solare
  • BelGiappone
  • 楽しく覚えるイタリア語!
  • みりあのイタリア語メモ
  • たとえばこんな■イタリア語
  • 飽きっぽいイタリア語
  • ITALIANIAMOCI con Arigatou
  • イタリアつれづれ日記
  • イタリア文化と波乗りが好き
  • il mio diario
  • Life in the UK イギリス生活記
  • 本当のアメリカ留学。
  • VOMITARE L'ANIMA
  • おらとキアヌぼん
  • ~ Amore ~ 前原加奈 Official web site
  • Kchanは今日も行く。
  • RICERCA
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。