Ragazza Solare イタリア単語帳
ニュアンスに富んだイタリア語を喋るために…増やせ、ボキャブラ!!(≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
Datti da fare! 一生懸命頑張るのよ!
人にハッパをかけるとき、イタリア語ではなんと言うでしょう?

たとえば、試験とか、オーディションとかをこれから受ける人に向かって、

In bocca al lupo!
(頑張ってね!)

っていうのは、イタリア語を勉強している人だったら、きっと耳にしたことのある表現ですよね。
イタリアに住んでいる人だったら、それはもう、しょっちゅう・・・。

これ、直訳すると、“狼の口の中へ!”ってことだから、これのどこが“ハッパ”なの??・・・って感じですが。
これに対する返答は決まっていて、

Crepi. / Crepi il lupo.
(狼なんてくたばっちまえ)

“L'audizione di cui dicevi l'altro giorno, la fai domani, vero? In bocca al lupo!
(こないだ言っていたあのオーディション、明日受けるんでしょう? 頑張ってね!)

“Grazie, crepi!
(ありがとぉ~、頑張るよ!)

このお決まりの応答をすることによって、“頑張ってね!”“よ~し、頑張るぞぉ”という気分を盛り上げる感じなのかな。

なお、この“In bocca al lupo!”のさらにお下品バージョンとして、

In culo alla balena!
(鯨のケツの穴へ!)

という笑っちゃうのもあります。。。。
(ちなみに、これに対してどう応えたらいいのかは・・・現在、調査中??)

----(2005年10月3日追記)---------------------------------
“In culo alla balena!”(鯨のケツの穴へ!)に対する返事の仕方・・・判明しました~~~!!!
mnmちゃん、ありがとう!!(≧∇≦)

それは、

Speriamo che non cachi.
(クソたれないといいね!)←いいのか、こんな訳で?!(笑)

cacare (上品にいうところの)排便をする

という意味です。皆さん、お分かりになりましたか?
え、お分かりにならない・・・具体的には、どーいう意味なんだって??
・・・ええ、書いてしまいましょう・・・

cacare クソをたれる、クソする

あああああ!!!!!
わたくしとしたことが、こんなお下品な表現をblogに!!!(≧∇≦)
---------------------------------(2005年10月3日追記)----


語学学校じゃ、“狼の口”のほうは習ったけど、“鯨のケツ”のほうは、さすがに教えてないようで(笑)、私はずいぶん後になるまで、これ、知りませんでしたけど。。。(^ ^;)
(でも、こっちもよく使うんだよね、実際!!)←特に、若い子たちが・・・

さて、“頑張ってね!”っていうときはこんな感じなのですが、ひとくちに応援といっても、“頑張ってね、うまくいくといいね”という成功祈願(augurio)よりも“ハッパをかける”というニュアンス(sfumatura)がもっと強くなったとき、こんなふうに言うんだ~、というのを、先日(例によって)スヌーピー漫画から見つけました。

darsi da fare 一生懸命頑張る

この言い回し(modo di dire)を命令形にして、

Datti da fare!
(一生懸命やりなよ!)←2人称単数“tu”に対する命令ですね。

++++++++++++++++++++++++++

野球大好き少年チャーリー・ブラウン(Charlie Browm)は、選手としては、実はダメ選手(笑)。
女ガキ大将ペパーミント・パティ(Piperita Patty)は、勉強はダメだけど、野球は得意。
そんなパティのチームに助っ人がいることになって、パティはチャーリー・ブラウンに電話・・・。
でも、その助っ人っていうのは、チームの活動資金を集めるためのポップコーン売りだったのでした!!・・・(^ ^;)

Okay, ciccio, vogliamo che tu venda questi sacchetti di popcorn alla gente che assiste alla partita...
(いい?チッチョ、あんたには、このポップコーンの袋を観戦しているお客さんに売って欲しいわけ)

C'è gente che assiste alle vostre partite?
(試合を見にくるお客さんなんているわけ?)

Certo, ciccio... cosa ti viene in mente?
(当たり前よ、チッチョ・・・なに考えてんの?)

Alle NOSTRE partite non c'è mai nessuno...
(僕達の試合なんて、誰も一度も来たことないのに・・・)

それほど、チャーリー・ブラウンのチームは弱いってことですね・・・(^ ^;)

Comunque, datti da fare, ciccio... vendi il popcorn...
(とにかく、一生懸命頑張るのよ、チッチョ・・・ポップコーンを売ってちょうだい)

Sei sicura di non volermi come lanciatore?
(僕のこと、ピッチャーとしては欲しくないっていうのは、確か?)

Vendi il popcorn, ciccio!
(ポップコーンを売るのよ、チッチョ!)

・・・か、かわいそうな、チャーリー・ブラウン・・・(^ ^;)

----------------------------------
sacchetto 袋、小袋

gente 人々

partita 試合

assistere a ~ ~を観る(試合・公演など)

mente 頭脳

lanciatore ピッチャー
----------------------------------

そうそう、名詞“mente”(頭脳)、ここでは、

venire in mente 心に浮かぶ、思いつく

というイディオム(locuzione)として使われています。

えーっと、ええーーっと、あの単語、なんて言ったっけ??
ああ~~、アレなんだけどな~~、アレ。

ってときに、

Ah, no, non mi viene in mente!!
(あーダメだ、思い浮かばない!)

っていうシチュエーションで、私はやたらよく使うんですよね(笑)。
スポンサーサイト
【2005/10/01 03:18】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<Fatti tuoi! 関係ないでしょ! | ホーム | Vista la disponibilità della scuola... 学校の空き状況により・・・>>
コメント
In culo alla balena に対する答えは
Speriamo che non cachi だよww
・・・って知ってた?? 
もし知ってて、あまりにもお上品さに
欠けてるからあえて書かなかったのなら
すぐに消去してくださいねwww
【2005/10/01 17:23】 URL | mnm #-[ 編集]
あーー、そういえば、そんなような感じだったわ!!!
In culo alla balenaを習った大学生の男の子たちから、返答のほうも教えてもらっていたんだけど、そっちは忘れちゃったんだよね。。。
(その場にいた大学生の女の子達は“そんな返答下品すぎるから、覚えなくていいよ~!”と言われたわ、そーいえば)

あらためて教えてくれてありがとう!!

でも、ネットで検索したら、別のパターン(みたいなもの?)を見つけたので、それをネタに新しい記事を書こうかな・・・と思ってたところだよ。
【2005/10/01 23:23】 URL | まのん #-[ 編集]
へえぇ!下品な言い方なんてあるんですね!
知らなかったですー!勉強になりました。笑
venire in mente はvengoではないのですね。
【2005/10/02 14:28】 URL | moto #-[ 編集]
そうなんですよ~、motoさん。
こっちの下品バージョンは、大学生とか、若い子達がよーーーく使っているみたい。
だから、イタリア人の若い男の子と友達になる機会があったら使ったみたら、coolかも??(笑)

それから、
Non mi viene in mente.
は、主語が(この場合)思い出せない単語(=la parola)(=3人称単数)になるので、venireの活用形がvengoではなく、vieneなのです。

直訳すると、
その単語が、私の頭脳にやってこない。
で、
(その単語を)思い出せない~!
になるのですね。

また、ペパーミント・パティのせりふの
Cosa ti viene in mente?
の場合も、venireの主語にあたっているのは、cosa(3人称単数)なので活用形がvieneなのです。
直訳は、
なにがあなたの頭脳にやってきているの?
(=なに考えてんの?)

・・・とゆーわけです。
このような、日本語訳で目的語に相当する単語が実は主語である・・・という文章構造は、イタリア語には結構よく見られるかも。
いくつか例文を目にするうちに、けっこう慣れて、“あ~またか!”って感じになりますよ!
【2005/10/03 20:32】 URL | まのん #-[ 編集]
あ、そっかそか。そうですよね。
この辺は頭を柔らかくして刷り込ませるしかないですね(*^-^*)
ところでまのんさん、このブログをリンクしたのですが、よろしいでしょうか?
【2005/10/06 02:33】 URL | moto #-[ 編集]
motoさん、blogのリンクもちろんOKです!!
・・・というか、すでに事後承諾になってしまいますが、motoさんのblogをこちらにもリンクさせていただきました。
これからも、よろしくお願いしますね♪
【2005/10/06 23:48】 URL | まのん #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ragazzasolare.blog18.fc2.com/tb.php/28-f2d9ea14
PROFILO
まのん
  • Author:まのん
  • イタリア在住ながらも、まだまだ語学は発展途上中です。イタリア語学習中の皆さま、一緒にボキャブラリーを増やしていきましょう~。
    ご意見・ご感想メールはこちらまで、どうぞよろしく♪
    人気blogランキングへ
  • RSS1.0
  • CALENDARIO
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    ARTICOLI RECENTI
  • gaffe へま、失言、失態(05/22)
  • essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる(05/09)
  • obiettivo 客観的な(05/01)
  • sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる(03/31)
  • fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)(03/13)
  • inciampare つまづく、よろける(03/11)
  • a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)(03/04)
  • いったいなぜ??(02/26)
  • a pezzi くたくたになる(02/18)
  • Buon Anno! 新年おめでとう!(01/09)
  • COMMENTI RECENTI
  • まのん(07/30)
  • ヨシくん(07/28)
  • まのん(05/26)
  • リリーブルー(05/25)
  • まのん(05/25)
  • Kchan(05/22)
  • まのん(05/22)
  • まのん(05/22)
  • ぶりらんて(05/13)
  • Kchan(05/10)
  • まのん(05/08)
  • Kchan(05/03)
  • まのん(04/26)
  • moto(04/22)
  • まのん(04/10)
  • TRACKBACK RECENTI
  • 飽きっぽいイタリア語:Cosa ci fai qui?(10/07)
  • ARCHIVI
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (16)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)
  • CATEGORIE
  • イタリア単語帳 (47)
  • ちょこっと文法 (7)
  • ばるぜれった(^m^) (6)
  • その他雑記 (2)
  • ごあいさつ (2)
  • LINK
  • Ragazza Solare
  • BelGiappone
  • 楽しく覚えるイタリア語!
  • みりあのイタリア語メモ
  • たとえばこんな■イタリア語
  • 飽きっぽいイタリア語
  • ITALIANIAMOCI con Arigatou
  • イタリアつれづれ日記
  • イタリア文化と波乗りが好き
  • il mio diario
  • Life in the UK イギリス生活記
  • 本当のアメリカ留学。
  • VOMITARE L'ANIMA
  • おらとキアヌぼん
  • ~ Amore ~ 前原加奈 Official web site
  • Kchanは今日も行く。
  • RICERCA
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。