Ragazza Solare イタリア単語帳
ニュアンスに富んだイタリア語を喋るために…増やせ、ボキャブラ!!(≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
いくつかの・・・di
ほんのちょっとしたことなのですが、実は知らなかった。。。
知らなくても、実生活においては、代わりの表現で間に合ってしまったため、あえて正しくはどう言うのかを知ろうとしていなかった・・・ってこと、ありますよね。

人に訊かれて、あらためて、「そーいえばどう言うんだっけ?」って疑問に思った、みたいに。

先日(といっても、だいぶ日が経ってしまいましたが・・・ああ、このblog更新するのも久しぶり!)、リンクさせていただいている秋さんの“飽き秋っぽいイタリア語”にて、定冠詞の話題が出たときに、コメント欄に書きこませていただく際に、あらためて自分で辞書で確認して、

おお!! そういえば、そうだったか!!

・・・と思ったことがあったので、ここにぶろぐろう(ぶろぐる=blogに記事を書く)と思います。

まったく余談ですけど、日本語ってクリエイティブな言語で、こんなふうに名詞をすぐに動詞化して、新しい動詞を作ることが簡単にできますよね。

パクる、とか、サボる、とか。。。
(えーと、今他にサンプルが思いつきませんが、他にもこの手の動詞はいっぱいあるはず)

実は、イタリア語も、動詞は基本的に3種類の活用語尾、

-are
-ere
-ire

で終わる、というルールがあるため、外来語とか、新しい単語にこれらの語尾をくっつけて動詞化している、っていうことがよくあって、おもしろいな~~、と思います。

たとえば、マウスのクリック(click)。
日本語でも“クリック”は“クリック”という英語(外来語)のまま、“クリックする”っていいますが、これがイタリア語になると、英語(外来語)である“click”にそのまま“-are”をくっつけて、

cliccare クリックする(発音は“くりっか~れ”)

イタリア語サイトなんかで、

Clicca qui!
(ここをクリック!)

なんて、よく書いてありますよね。(^.^)

閑話休題。

日本語って、冠詞が存在しない言語なので、冠詞の存在が一般的な他言語を学ぶときにその使い方に一喜一憂(←この日本語の用法は、微妙に誤り:笑)してしまうのは、私だけではないはず。

ということで、いきなりシチュエーション問題。
貴方は男性だとして、今から、意中の女性(どうでもいいけど“意中の”って、なんて奥ゆかしい日本語でしょう!)の家に夕食に招待されようとしています。

手土産になにを持っていこうかな?
花を贈られて喜ばない女性はいないだろうから、そーだ、行きがけに花を買っていこう。

そして、花屋さんにて、バラの花を購入、彼女の家に到着。
ピンポーン♪

“Ho comprato una rosa per te.”
(君にバラの花を《1本》買ってきたよ)

この場合は、花屋さんにてランダムに選んだバラの花がしかも1本なので、不定冠詞“una”がつく、と。

ところが、もしも、これよりも前に、この女性に、

“Senti, ieri ho visto una bellissima rosa da un fioraio in via Trevi...”
(ねぇ、私、昨日、トレヴィ通りの花屋さんで、すっごくきれいなバラの花を《1本》見たのよ)

なんて言われてたとして、そして、この心優しい彼がそれを覚えていて、わざわざそのバラの花を買った場合は、

ピンポーン♪

“Ho comprato la rosa del fioraio in via Trevi per te.”
(君にあのトレヴィ通りの花屋さんのバラの花《1本》を買ってきたよ)

・・・と、不定冠詞“una”ではなく、定冠詞“la”がつくわけですね。
ここで定冠詞“la”になるのは、そのあとに“...del fioraio in via Trevi”という限定の表現が続くから・・・ももちろんなのですが、それより、以前にそのバラの花が2人の間の話題に上っているから・・・と、考えるわけです。

もっとも、このシチュエーションだったら、

“Ho comprato quella rosa per te.”
(君にあのバラの花《1本》を買ってきたよ)

・・・のように、形容詞“quello”(あの、その:quel(/quello)/quellaと語尾変化するので注意!)を使って言うこともできますけど。。。


さて、今の例ではバラの花は常に1本でしたが、意中の(*^.^*)女性へは、1本といわず、もっとたくさんのバラを贈りたい・・・という場合だったら?
(太っ腹の男性なのだ!)

定冠詞は“il(/lo)/la/i(/gli)/le”と単数・複数あるから、名詞の単数・複数によって使い分ければよい。
でも、不定冠詞“un(/uno)/una”は単数形しかない・・・でも、このように対象となる名詞が複数である場合は?

前置詞“di”+定冠詞複数形“i(/gli)/le”=dei(/degli)/delle

を使って、“いくつかの、いくらかの”と言うことができるのです。

つまり、

ピンポーン♪

“Ho comprato delle rose per te.”
(君に、バラの花を《何本か》買ってきたよ)

以下、同様に、

“Senti, ieri ho visto delle bellissime rose da un fioraio in via Trevi...”
(ねぇ、昨日、私、トレヴィ通りの花屋さんで、すっごくきれいなバラの花を《何本か》見たの)

“Ho comprato le rose del fioraio in via Trevi.”
(君に、あのトレヴィ通りの花屋さんのバラの花を《何本か》買ってきたよ)

もちろん、この場合でも、形容詞“quello”(あれらの、それらの:quei(/quelgli)/quelleと語尾変化!)を使って、

“Ho comprato quelle rose per te.”
(君に、バラの花を《何本か》買ってきたよ)

ということも可能です。

やーれやれ。
冠詞というものが日本語にないだけに、これだけのことでも、あらためて説明として文章化するとなると、たーいへん。

ま、ともかく、不定冠詞を使うべきシチュエーションで、その対象が複数である場合は、

前置詞“di”+定冠詞複数形“i(/gli)/le”

を使うことで、問題解決!!

・・・

ねぇねぇ、でもさぁ。

バラは数えられるからいいけど、パン(pane)とかワイン(vino)とか、数えられない名詞の場合はどうなるわけ?

(ワインはともかく、イタリア語では、パンも通常は数えられない名詞として扱うのですね。1個2個・・・って数えられそうですが)

数えられない名詞ってことは、複数形がないってこと。
それじゃ、漠然とした複数の“いくつかの”と言いたいときに、定冠詞複数形“i(/gli)/le”が使えないから困るじゃん。。。

こーいうときには、

前置詞“di”+定冠詞単数形“il(/lo)/la”=del(/dello)/della

を同様に使うのだそうです。。。。

私は、今更ながらこれを知ったときに、おお~~~、目からウロコ!!!・・・と思ったのですが、よく考えれば、きわめてlogico、当たり前か。

つまり、

Ieri ho fatto del pane.
(昨日、《いくつかの》パンを焼いた)

Nella bottiglia c'è ancora del vino.
(ビンの中には、まだいくらかのワインがある)←辞書の例文ほぼそのまま


冠詞のある言語をある程度勉強すると、冠詞のつかない状態の名詞を使うことに、妙に不安を感じることがありますが、この

前置詞“di”+定冠詞単数形“il(/lo)/la”=del(/dello)/della

を知っていると、その不安が60%ほど減りますよね?!


でも、実際イタリア語を使っていると、原則として、“名詞には冠詞がつくもの”というルールはあっても、冠詞なしで使われる場合も往々にしてあるので、やっぱり、考え始めるとキリがないかも。。。。(^ ^;)

さらに、イタリア人にとっても、人によって違うらしくて、以前、南イタリア出身の友達(♂)が、北イタリア出身の友達(♀)のイタリア語をして、

“彼女はミラノ育ちだっていうのは、イタリア語を聞いていたら分かるよ。だって、彼女は、冠詞を省いてしゃべることが多いだろ。それ、ミラノしゃべりの典型なんだ。”

・・・って言っていたことがあるのですが・・・。

ミラノ風のしゃべり方の典型が冠詞を省くことだっていうのは初耳でしたが。
(これ、ホントですか? どなたか詳しい事情をご存知の方、裏づけをください!)


だから、われわれ、母国語に冠詞をもたない外国人がイタリア語をしゃべる際に、冠詞をつけ忘れたり、つけ方を間違えていたりしても、すっごい大チョンボなわけではないに違いない・・・と気楽に構える今日この頃。

実際、友人に、私のしゃべる冠詞つけ忘れ(つけ間違い)イタリア語についてどう思うかを訊いたところ、

“う~ん、なんか不自然だなって感じはするけど、とりあえず言いたいことは分かるよ”

とのことだったので、とりあえず、気楽に構えつつ、地道にケースバイケースで間違えつつ(笑)、覚えていこうかな・・・と。

----------------------------------
最近、順位が急下降中・・・・(泣)
Cliccate questo pulsante "Ranking" per piacere!!
(↓↓このランキングボタンをクリック、お願いしまーす!!)
スポンサーサイト
【2005/10/11 03:29】 ちょこっと文法 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<afta 口内炎 | ホーム | tuttavia しかしながら>>
コメント
めちゃめちゃ勉強になります。ありがとうございます。
冠詞をしっかり使えるとなんか1ランク上がる気がしていろいろ考えてみています。
まだ勉強し始めたばかりで、どのへんまで気にしなくても通じるとか
まったくわからないのでなるべくしっかり行きたいなぁって思ってます。
力入れすぎで先に進めないと困るのでほどほどにしたいですけどね。

しっかし、自分がミラノ人だとは思いませんでしたよ!

追伸
最近はついつい「ググる」(googleで検索する。)を使ってしまいます。
【2005/10/11 18:04】 URL | #DexK2noU[ 編集]
秋さん、どうもー。
そう、私も気がつけばミラノ人・・・(笑)
でも、これってホントなのかなーーー??
(いまだに半信半疑です)

それから、ググるっていうのも言いますよね!
そうでした!!
【2005/10/12 22:40】 URL | まのん #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ragazzasolare.blog18.fc2.com/tb.php/31-5669d805
PROFILO
まのん
  • Author:まのん
  • イタリア在住ながらも、まだまだ語学は発展途上中です。イタリア語学習中の皆さま、一緒にボキャブラリーを増やしていきましょう~。
    ご意見・ご感想メールはこちらまで、どうぞよろしく♪
    人気blogランキングへ
  • RSS1.0
  • CALENDARIO
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    ARTICOLI RECENTI
  • gaffe へま、失言、失態(05/22)
  • essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる(05/09)
  • obiettivo 客観的な(05/01)
  • sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる(03/31)
  • fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)(03/13)
  • inciampare つまづく、よろける(03/11)
  • a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)(03/04)
  • いったいなぜ??(02/26)
  • a pezzi くたくたになる(02/18)
  • Buon Anno! 新年おめでとう!(01/09)
  • COMMENTI RECENTI
  • まのん(07/30)
  • ヨシくん(07/28)
  • まのん(05/26)
  • リリーブルー(05/25)
  • まのん(05/25)
  • Kchan(05/22)
  • まのん(05/22)
  • まのん(05/22)
  • ぶりらんて(05/13)
  • Kchan(05/10)
  • まのん(05/08)
  • Kchan(05/03)
  • まのん(04/26)
  • moto(04/22)
  • まのん(04/10)
  • TRACKBACK RECENTI
  • 飽きっぽいイタリア語:Cosa ci fai qui?(10/07)
  • ARCHIVI
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (16)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)
  • CATEGORIE
  • イタリア単語帳 (47)
  • ちょこっと文法 (7)
  • ばるぜれった(^m^) (6)
  • その他雑記 (2)
  • ごあいさつ (2)
  • LINK
  • Ragazza Solare
  • BelGiappone
  • 楽しく覚えるイタリア語!
  • みりあのイタリア語メモ
  • たとえばこんな■イタリア語
  • 飽きっぽいイタリア語
  • ITALIANIAMOCI con Arigatou
  • イタリアつれづれ日記
  • イタリア文化と波乗りが好き
  • il mio diario
  • Life in the UK イギリス生活記
  • 本当のアメリカ留学。
  • VOMITARE L'ANIMA
  • おらとキアヌぼん
  • ~ Amore ~ 前原加奈 Official web site
  • Kchanは今日も行く。
  • RICERCA
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。