Ragazza Solare イタリア単語帳
ニュアンスに富んだイタリア語を喋るために…増やせ、ボキャブラ!!(≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
Gara di canotaggio カヌー競争
ちょっとハードな文法のお勉強が3回にもわたって続いたので、ここらで一気に脳みそがゆるくなる・・・・おなじみ、ばるぜれったです。(^w^)

わが“日本”が取り上げられているバルゼレッタを選んでみました。

そうそう、今回のバルゼレッタの中では、動詞がちょっと見なれない活用形、遠過去(passato remoto)をとっています。
たとえば、最初の文の“decisero”とか。
これは、動詞“decidere”(決める)の遠過去、主語は3人称複数(loro)。
最初はあまりピンとこなくても、慣れていくうちに、なんの動詞の遠過去かはだいたい分かるようになるし、意味的には近過去(passato prossimo)と同様だ・・・と、ここでは、軽くとらえておいてくださいね!

==================================

Gara di canottaggio
(カヌー競争)

----------------------------------
canotaggio (ボートやカヌーなどを)漕ぐこと、ボート漕ぎ
----------------------------------

Una società italiana ed una giapponese decisero di sfidarsi annualmente in una gara di canoa, con equipaggio di otto uomini.
(あるイタリアのクラブと、ある日本のクラブが年に1度、8人乗りのカヌーで競争をすることを決めた)

----------------------------------
società 会社、会、協会、クラブ

sfidarsi (相互的)挑戦しあう、試合する

annualmente 毎年、年に1度

canoa カヌー

equipaggio (船・飛行機などの)乗組員、クルー
----------------------------------

Entrambe le squadre si allenarono e quando arrivò il giorno della gara ciascuna squadra era al meglio della forma, ma i giapponesi vinsero con un vantaggio di oltre un chilometro.
(両チームとも訓練をし、試合の日がやってきたときはどちらのチームも最良のコンディションであったが、日本チームが1キロメートル以上のリードで勝ちを収めた)

----------------------------------
entrambi 2つとも、両者とも

squadra チーム

allenarsi 訓練する

ciascuno 各々の、めいめいの

forma (スポーツ選手などの)体調・コンディション

vantaggio (距離・時間の)リード、ハンディキャップ《スポーツ》

oltre ~以上
----------------------------------

Dopo la sconfitta il morale della squadra italiana era a terra.
(敗北のあと、イタリアチームの士気は地に落ちていた)

----------------------------------
sconfitta 敗北

morale 《男性名詞として》精神状態、士気、気力
----------------------------------

Il top management decise che si sarebbe dovuto vincere l'anno successivo e mise in piedi un gruppo di progetto per investigare il problema.
(経営陣トップは、次の年こそは勝たなければならないと決め、問題を徹底調査するためのプロジェクトチームを設立した)

----------------------------------
management (事業などの)管理、経営、マネージメント

successivo 続きの、次の

mettere in piedi 設立する、企画する

progetto 計画、企画、プロジェクト

investigare 調査する、(徹底的に)研究する
----------------------------------

Il gruppo di progetto scoprì dopo molte analisi che i giapponesi avevano sette uomini ai remi e uno che comandava, mentre la squadra italiana aveva un uomo che remava e sette che comandavano.
(プロジェクトチームは数多くの詳細な調査の末、日本チームは7人が櫂を漕ぎ、1人が統率していたのに反し、イタリアチームは1人が櫂を漕ぎ、7人が命令を下していたことを発見した)

----------------------------------
scoprire むき出しにする、発見する、見つける、見出す

analisi 分析、詳細な調査、研究

remo 櫂、オール

comandare 命令する、指揮する、統率する

mentre ~であるのに、しかるに、ところが一方
----------------------------------

In questa situazione di crisi il management diede una chiara prova di capacità gestionale: ingaggiò immediatamente una società di consulenza per investigare la struttura della squadra italiana.
(この危機的状況の中で、経営陣はその経営手腕を明白に立証してみせた。イタリアチームの構造を徹底調査するためのコンサルタント会社と、ただちに契約を交わしたのだ)

----------------------------------
situazione 状態、状況

crisi 危機、危機的状況、難局

dare prova di ~ ~を証明する、証しを立てる

capacità 能力、性能

gestionale 経営(運営)上の

ingaggiare 契約(義務)で縛る、募集する、雇う

immediatamente ただちに、すぐに、即刻

consulenza 専門的意見(助言)

struttura 構造、骨組み、骨格
----------------------------------

Dopo molti mesi di duro lavoro, gli esperti giunsero alla conclusione che nella squadra c'erano troppe persone a comandare e troppe poche a remare.
(何ヶ月にも及ぶ綿密な調査の末、専門家たちは、チームの中に命令を下す人間が多すぎ、漕ぐ人間が少なすぎるのだ、という結論に達した)

----------------------------------
esperto エキスパート、専門家

giungere a ~ ~に達する、~するにいたる

conclusione 結論、帰結、推論の結果、結末

remare (櫂で)船を漕ぐ
----------------------------------

Con il supporto del rapporto degli esperti fu decisa di cambiare immediatamente la struttura della squadra.
(専門家たちの報告書に支えられて、チーム構造はただちに変えられることに決まった)

----------------------------------
supporto 支え、援助、支援

rapporto 報告書、レポート、記録
----------------------------------

Ora ci sarebbero stati quattro comandanti, due supervisori dei comandanti, un capo dei supervisori e uno ai remi.
(いまや、4人の指揮官、2人の指揮官の監督者、1人の総監督、そして1人の漕ぎ手がいることとなった)

----------------------------------
comandante 指揮官、司令官、命令する人

supervisore 監督者、指揮者、スーパーバイザー

capo 長、トップ、チーフ、ボス、指導者、首領
----------------------------------

Inoltre si introdusse una serie di punti per ampliare il suo ambito lavorativo e dargli più responsabilità.
(さらに、その職分を拡大し、より責任ある地位を与えるために、一連の点数制が採用されることとなった)

----------------------------------
inoltre そのうえ、さらに、しかも

introdursi ~にそっと入る、忍び込む、広まる、普及する

ampliare 広げる、大きくする、増す、増やす

ambito 領域、範囲、職分

lavorativo 就労の、就業の

responsabilità 責任、責任ある地位
----------------------------------

L'anno dopo i giapponesi vinsero con un vantaggio di due chilometri.
(翌年、日本人チームは2キロメートルのリードをもって勝ちを収めた)

La società italiana licenziò immediatamente il rematore a causa degli scarsi risultati ottenuti sul lavoro, ma nonostante ciò pagò un bonus al gruppo di comando come ricompensa per il grande impegno che la squadra aveva dimostrato.
(イタリアのクラブは、ただちに漕ぎ手を業務上における不充分な成果のもとに解雇、しかしながら、指揮をとった一群には、チームが見せた偉大なる熱意への褒賞としてボーナスを支払った)

----------------------------------
licenziare クビにする、解雇する

rematore 漕ぎ手

scarso 不充分な、乏しい、足りない

risultato 結果、結末

ottenere (努力して)得る、獲得する、達成する

ricompensa 報い、報酬、褒賞

impegno 責任、義務、熱意、本気

dimostrare あらわす、表に出す、示す
----------------------------------

La società di consulenza preparò una nuova analisi, dove si dimostrò che era stata scelta la giusta tattica, che anche la motivazione era buona, ma che il materiale usato doveva essere migliorato.
(コンサルタント会社は新しい分析結果を用意し、その中で、戦術は正しく、モチベーションも良好、しかしながら使われた用具は改良されるべきと発表した)

----------------------------------
preparare 用意する、準備する、ととのえる

dimostrarsi (自分が~であることを)示す、(~であることが)分かる、判明する

tattica 方策、策略、駆け引き、作戦

motivazione 動機づけ、モチベーション

materiale 素材、器具

migliorare 改良する、改善する
----------------------------------

Al momento la società italiana è impegnata a progettare una nuova canoa.
(現在、イタリアのクラブは、新しいカヌーを鋭意、開発中である。)

----------------------------------
impegnare (a ~) (~することを)義務づける、契約で強いる

progettare 計画(企画)する、設計する
----------------------------------

す、すごいんですが・・・・このバルゼレッタ。

イタリア人よ、そこまで自爆ギャグをかますか?!?!

このイタリア・カヌーチームを、イタリア社会に置き換えてみたら・・・もう、あまりにもそのまんますぎて、笑え過ぎ・・・いえ、笑いも思わず凍りついてしまう小心な日本人のわたし。。。

だって、敗北のまず第一の原因が、

8人のクルーのうち、7人が命令を下し、実行するのはたった1人!

すなわち、みんながアレコレ指示だけはするのに、それを実行する立場にある人がほとんどいない → だから、いろんなことが滞る・・・。
あるある!! こーいうこと、あるある!!

そして、敗北の原因を究明すべきである!!・・・と(立派な)決心だけはたてるものの、その解決実行を自らの力で行わずに、外注。
外注したことで責任は果たした!あとはボク知~らない!・・・とふんぞりかえる。
あるあるある!! こーいうこと、あるあるある!!

長期間におよぶ綿密な調査の結果、判明したのは、誰にでも一目瞭然なあまりにも簡単な事実。
(だいたい、たったそれだけの簡単な結果を得るために、どこをどう怠けたら、そんなに長い期間をかけられるのか?!)
あるあるあるある!! あるあるあるあるーーっっ!!!

そして、その綿密?な調査の結果、得られたのは、さらに複雑になった命令系統だけ。実行する側は、あいかわらず、ほとんど皆無に近い少数者。
あるあるあるある・・・×n!!!

それにもかかわらず(というか、あたりまえな)、2度目の敗北。
誰がどっからみても敗北の要因は、複雑すぎる命令系統、機能していない構造、そしてそれを指示した上部組織にあるのに、実際に責任をとらされて首を切られるのは、いちばん下っ端のごく少数の実行者。
責任を問われるべき立場の人間は、あろうことか褒賞の対象に!!!
あるあるあるある・・・∞!!!

そして、さらに敗北の原因を追求した結果、責任の対象を“用具”に転嫁。

現在、新しい用具を鋭意、開発中・・・・って。

賭けてもいい。
きっと、この用具開発においても、↑↑と同じプロセスをたどって、(仮に全責任が“用具”にあったとしても)永久に“勝ちを収められる用具の開発”=“問題の根本的解決”は、なされることがないであろう。。。

あまりにもイタリア社会を風刺しているこのバルゼレッタ・・・・。

これを笑い飛ばせるイタリア人、あんたたち、すごすぎます。。。。。
(てゆーか、笑ってる場合じゃないだろ!!!!!!!!!!!)
スポンサーサイト
【2005/10/24 07:06】 ばるぜれった(^m^) | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<Coppia moderna 現代の夫婦 | ホーム | 条件法の5つの用法・その3>>
コメント
うーん、よくぞ自国の事をここまで風刺できるものだ。一文一文に突っ込みどころ満載(笑)。これって夏の怪談に使っているんじゃなかろうか??(って、イタリアにそんな習慣無いか)

イタリアって言うのは決して人生謳歌のマイペース型でなくて、密かに勝ちたいんだけれども”勝てない。。”国(社会システム、組織)だしねえ。
【2005/10/24 21:43】 URL | ebi #f4IdVWdg[ 編集]
ebiさん、でしょ、でしょー?!
ほんと、1行ごとにツッコミどころ満載でしょう?!
でも、ここまで自爆ギャグをかます勇気・気力・体力があるのなら、どうしてそのエネルギーを少しでも国(社会)を良くするほうにまわさないのだろう・・・と、“勤勉なる”日本人であるわたしは痛切におもいます。
(まあ、日本人平均としては特別に勤勉ではない私がこう思うくらいだから、やっぱり、“日本人=勤勉”っていうのは、ある意味、真実なのかしらん??)
【2005/10/24 23:57】 URL | まのん #-[ 編集]
うひゃひゃひゃひゃ!!ヾ(≧∇≦ )
まのんさん、これ、最高!!
ホント、イタリア人の民族性をよ~く表してますね。(爆笑)
1、みんなラクをしたい
2、責任逃れ
3、何でも人のせいにする

などなど。

でも、私が思うに、彼らにしたら、これはギャグでも何でもないのかも…。
かなり素に書いてるんじゃないかと思います。(^.^;;
でも、イタリア人の凄いところは、サッカーを例えに出すと
フォーメーションはぐちゃぐちゃで、11人がやりたい放題やってるけど、
奇跡を起こすんですよね。勤勉で決められたことしか出来ない
日本人には、この奇跡を起こすことが出来ない…。
このコトは、昔、私も言われてました。「加奈はBravaだけど、奇跡を起こせない」って。
去年、アメリカでTraviataをやった時に、この「奇跡」をつくづく痛感しました。
Provaのときは、合唱もオケもグチャグチャで、みんなやりたい放題だったのが、
本番になると、ピシっと決めてました。
あれは、今思い返しても、恐ろしい。(笑)
【2005/10/25 04:36】 URL | 加奈 #-[ 編集]
こわい・・怖すぎるーイタリア社会(^^;
【2005/10/25 13:59】 URL | moto #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/10/25 15:57】 | #[ 編集]
これこそ愛すべきイタリアの正しい姿だと思うのであります。
きっと住んだらイライラするんだろうなぁとは思いますが(笑
【2005/10/25 19:10】 URL | #DexK2noU[ 編集]
>加奈ちゃん
すごいでしょ、このバルゼレッタ!!
・・・でも・・・たしかに、加奈ちゃんのいうとおり、これ、本音のところはイタリア人にとってギャグでもなんでもないって言うのは・・・あ、あるかも・・・。ご慧眼(汗)
物事には常によい面と悪い面と両方あるから、このイタリア人のぐちゃぐちゃぶりがあるからこそ、彼らの奇跡があるんだ・・・ってことでしょうか。
けっきょく、どっちを選ぶかはお好みで・・・ってこと??(笑)

>motoさん
そう、怖すぎる・・・でも、このバルゼレッタ、イタリア在住者なら恐らくみんな爆笑するに違いなく、つまり、それほど、このバルゼレッタの状態は、こちらでは“普通”なんですよね・・・。
ときどき、自分はなんて国に住んでいるんだろう・・・と思います。

>秋さん
そう、よい面から見ればまさに『愛すべきイタリア』(笑)
しかし、住んだらホント、いらいらしますよ。保証ツキ!!!(≧∇≦)
【2005/10/26 21:42】 URL | まのん #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ragazzasolare.blog18.fc2.com/tb.php/42-172c94cc
PROFILO
まのん
  • Author:まのん
  • イタリア在住ながらも、まだまだ語学は発展途上中です。イタリア語学習中の皆さま、一緒にボキャブラリーを増やしていきましょう~。
    ご意見・ご感想メールはこちらまで、どうぞよろしく♪
    人気blogランキングへ
  • RSS1.0
  • CALENDARIO
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    ARTICOLI RECENTI
  • gaffe へま、失言、失態(05/22)
  • essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる(05/09)
  • obiettivo 客観的な(05/01)
  • sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる(03/31)
  • fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)(03/13)
  • inciampare つまづく、よろける(03/11)
  • a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)(03/04)
  • いったいなぜ??(02/26)
  • a pezzi くたくたになる(02/18)
  • Buon Anno! 新年おめでとう!(01/09)
  • COMMENTI RECENTI
  • まのん(07/30)
  • ヨシくん(07/28)
  • まのん(05/26)
  • リリーブルー(05/25)
  • まのん(05/25)
  • Kchan(05/22)
  • まのん(05/22)
  • まのん(05/22)
  • ぶりらんて(05/13)
  • Kchan(05/10)
  • まのん(05/08)
  • Kchan(05/03)
  • まのん(04/26)
  • moto(04/22)
  • まのん(04/10)
  • TRACKBACK RECENTI
  • 飽きっぽいイタリア語:Cosa ci fai qui?(10/07)
  • ARCHIVI
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (16)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)
  • CATEGORIE
  • イタリア単語帳 (47)
  • ちょこっと文法 (7)
  • ばるぜれった(^m^) (6)
  • その他雑記 (2)
  • ごあいさつ (2)
  • LINK
  • Ragazza Solare
  • BelGiappone
  • 楽しく覚えるイタリア語!
  • みりあのイタリア語メモ
  • たとえばこんな■イタリア語
  • 飽きっぽいイタリア語
  • ITALIANIAMOCI con Arigatou
  • イタリアつれづれ日記
  • イタリア文化と波乗りが好き
  • il mio diario
  • Life in the UK イギリス生活記
  • 本当のアメリカ留学。
  • VOMITARE L'ANIMA
  • おらとキアヌぼん
  • ~ Amore ~ 前原加奈 Official web site
  • Kchanは今日も行く。
  • RICERCA
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。