Ragazza Solare イタリア単語帳
ニュアンスに富んだイタリア語を喋るために…増やせ、ボキャブラ!!(≧∇≦)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
gaffe へま、失言、失態
本日は、かなりゆるいネタ満載でいきましょう。(≧∇≦)

gaffe へま、失言、失態

もともとはフランス語ですが、外来語としてイタリア語でも使われる単語です。
(けっこう多いんですよね、フランスからそのまま輸入されている言葉)

fare una gaffe へまをする、恥ずかしい発言をする

なお、フランス語ですので、複数形は通常のイタリア語のように“-e”で終わる単語が“-i”になるというような変化ではなく、

gaffe → gaffes

になるんだそうです。

Le mie amiche giapponesi hanno fatto delle gaffes.
(僕の日本人の友達が恥ずかしいへまをしたんだ)

外国語を習うということ。
それはすなわち、gaffeのネタが毎日毎日てんこもりの盛りだくさんになるということといっても過言ではないでしょう。(≧∇≦)

ある日、イタリア語を学ぶ私と日本語を学ぶ友人italianoとで、いかなるgaffeをやってきたかということを話し始めたら、ネタが出るわ出るわ。。。。

まずは、このamico italianoがいまだに自爆ネタとして披露する、彼のgaffe。

彼は観光ガイドをしているのですが、ある日、日本人のツアーの添乗員さんに言ったのだそうです。

- Ashita no asa nanji ni okashite mo ii desuka?

言われた日本人の添乗員さんは、その瞬間狂ったように笑い出したらしい。
そりゃそうでしょう・・・・“おこして”という代わりに“おかして”ですから。
ちなみにこの友人は、さわやか青年で人柄もすごく良さそうなルックス。
そんなイケメンイタリア男が、ちょっとたどたどしい発音で大真面目にこんなことを聞いてくる場面を想像してくださいな。(≧∇≦)

- "A che ora posso violentarti domani mattina?" Che figura!!!
(『明日の朝、何時に犯してもいいですか?』だよ?なんてこった!!)

- "Allora alle 8, per piacere" È divertentissimo!!
(『それじゃ、8時にお願いね~』な~んて・・・すっごいウケるわ、それ!)

-------------
violentare 暴行を加える、レイプする
che figura! なんて無様な!
-------------

ちなみにこれを言われた日本人は大阪の人だったらしいですが・・・東京の人でこれを言われたら、大笑いする前にドンびきかも??(^ ^;)

- Se vuoi te ne dico anche un'altra che una volta ho detto ad un gruppo di giapponesi.
(以前、日本人の観光客グループに言った別の恥ずかしい発言の話をしようか?)

- Una volta dopo aver camminato tanto volevo dire "bou no youna ashi ga shimasu".
(あるとき、うんと歩いた後に『棒のような足がします』と言いたかったんだよね)
- Ma ho detto "BOUSHI no youna ashi ga shimasu"!! Le gambe a cappello!!
(でも、僕は『帽子のような足がします』って言っちゃったんだ!!帽子みたいな足!!)
- I miei amici italiani hanno cominciato a ridere come i pazzi.
(僕のイタリア人の友達は、気が狂ったように笑い出したよ)

- (Ashi ga bou no you desu)
(ちなみに《足が棒のようです》だよ)

- Sì, quello. Però ho usato boushi al posto di bou.
(そう、それそれ。でも僕は“棒”の代わりに“帽子”を使っちゃったんだよ)

- Hahahaha, è carina questa gaffe!
(あははは。これはかわいいじゃん!)

-------------
ridere come il pazzo 気が狂ったように笑う
(pazzoは主語にあわせてil pazzo/la pazza/i pazzi/le pazzeと変化すると思われます)
-------------

そしてamico italianoのgaffe披露は、まだまだ続きます。

- Una volta a lezione ho fatto un errore imbarazzantissimo.
(あるとき、授業中にすごく恥ずかしい間違いをしたんだ)

- Ovvero?
(というと?)

- Il prof. mi aveva chiesto "Shinjuku he iku basu ha doko kara demasuka?".
(教授が僕に聞いたんだ。『新宿へ行くバスはどこから出ますか?』)

- Io non sapevo che Shinjuku fosse una quartiere di Tokyo. Pensavo fosse un posto tipo ambasciata, biblioteca, così.
(僕は新宿が東京の一地区だっていうことを知らなかったんだよね。大使館とか図書館とか、そういう場所の名前の単語だと思っちゃったんだよ)

- Per cui ho risposto "Napoli kara demasu".
(だからこう答えたんだ。『ナポリから出ます』)

- E il prof., imitando l'aereo con le braccia aperte, mi ha chiesto "Hikouki desuka?"!!
(そしたら教授が腕を広げて飛行機のマネをしながら僕に聞いたんだよ。『飛行機ですか?』って!!)

- Divertentisssssssssimo!!!
(ちょーーーーーーーーーーーーーおもしろい!!!)

- Non per me!!! Rideva tutta la classe!!!
(僕にとってはちっともおもしろくないよ!!クラス中が大爆笑だったよ!!!)

-------------
ovvero 言いかえれば、すなわち
prof.=professore 教授、先生
quartiere 地区、区域
ambasciata 大使館
biblioteca 図書館
-------------

ちなみに彼が日本語を学んだのは、ナポリ東洋大学。
イタリアにおける日本語教育は、北のヴェネツィア大学、南のナポリ東洋大学が2大拠点なのだそうです。

それにしても、外国における日本語教育の現場って、楽しそうですねぇ・・・(≧∇≦)

- Scriverò di sicuro anche questo sul mio blog. Troppo divertente.
(これも絶対、ブログに書くわ。おもしろすぎ)

-------------
di sicuro 確実に、絶対に
-------------

・・・書かせていただいてます・・・ありがとう。(≧∇≦)
《続きはここから》

ここからは、ちょっと18禁のネタになります。(#^_^#;)

- Ma anche le mie amiche giapponesi hanno fatto delle gaffes. Divertentissime.
(僕の日本人の友達も、恥ずかしい発言をしたんだよ。すごくおもしろかった。)

- Una volta a tavola stavamo mangiando pasta e piselli.
(あるとき、僕達はみんなしてグリーンピースのパスタを食べていたんだ)

- E a Rosa non piacevano.
(で、ローザはこれが好きじゃなかったんだよね)

- Per cui Akiko chiese "Non ti piace il pisello?"
(だもんで、アキコが聞いたんだ『グリーンピースは嫌いなの?』)

- Tutti scoppiammo a ridere! Divertentissimo.
(みんな大爆笑だよ。おもしろすぎ)

- Soprattutto perché lei non sapeva cosa fosse il pisello, non capiva!
(特に、彼女は“pisello”がなにか知らなかったからね。分かってなかったんだ!)

-------------
scoppiare a ridere 吹き出す、どっと笑う
-------------

この一連の会話の中で“chiese”とか“scoppiammo”とか聞きなれない変化形の動詞が出てきますが、これらはみんな遠過去(passato remoto)です。

南イタリアではいまだに遠過去が近過去(passato prossimo)の代わりに使われます。
このamico italianoも南イタリア人ですので、ホントに口語でしゃべるようになっちゃうと、遠過去が会話中にばんばん出てくるのです。

さて、ちょっと解説をいれましょう。
“pisello”とはグリーンピースのことですが、この意味で使うときは通常複数形“piselli”で使います。
(そもそもグリーンピースをたった一粒だけ食べるってことはないし・・・)

その代わり、これをあえて単数形“pisello”として使う場合、実は別の意味になるのです。
辞書を引いてくださればそれが何かは分かると思うのですが・・・。
pisello 《親》(子供の)ペニス
辞書にはこう載っていますが、日常会話では一般的に子供にも大人にも使うんですね、これがまた・・・。
“お●ん●ん”というようなニュアンスでしょうか。
(もう、なにを書いているんでしょうか、私は・・・あー恥ずかし)

この“pisello”ネタ。
イタリア語を学ぶ日本人(特に女の子!)なら一度は遭遇し、運が悪いと一度は間違えて赤っ恥をかいてしまうネタともいえるでしょう。。。(^ ^;)

当然のように、私にもあります・・・赤っ恥体験が。

- Hahaha ma questo avevo fatto anch'io una volta...
(あはは。でも、これは私も以前やっちゃったことあるんだよね・・・)

- Quando stavo chiedendo le ricette della cucina napoletana a mia mamma napoletana...ho detto così
(ナポリ料理のレシピを、私のナポリ・マンマに聞いているときだったんだけど・・・こう言っちゃったの)
- "Allora, Anna, dimmi come si fa la pasta al pisello".
(『それじゃアンナ、お●ん●んのパスタはどうやって作るのか、教えて』)

- Hahahahaha, ancora meglio, complimenti!!
(ははははははははは、そりゃもっとすごいや。おめでとう!!)

・・・“おめでとう”じゃないっつーーの。

- Un'altra volta Mariko, poiché aveva imparato che in italiano il nome dell'albero è maschile e quello del frutto femminile.
(また別のときだけど、マリコが、イタリア語では木の名前は男性形、果実になると女性形ということを習ったんだよ)

- Ad esempio l'arancio/l'arancia.
(たとえば“l'arancio”(オレンジの木)/“l'arancia”(オレンジの実)というふうに)

- Ha detto "Voglio mangiare una fica"!!!!
(で、彼女は言ったわけ。『ficaが食べたいな』って!!!!)

- Eravamo in macchina con altri amici, ridevamo tutti come i pazzi!!
(僕達、ほかの友達と一緒に車に乗ってたんだけど、もーみんなして大爆笑!!)

-------------
poiché ~だから、~なので
maschile 男性形、男性の、男らしい
femminile 女性形、女性の、女らしい
ad esempio たとえば
-------------

・・・なにごとにも例外はある・・・。
そして、その例外こそがこっぱずかしい間違いを引き起こすのだ、という不幸な例がこれですね。(^_^;)

arancio(オレンジの木)/arancia(オレンジの実)
melo(リンゴの木)/mela(リンゴの実)
pero(梨の木)/pera(梨の実)
olivo(オリーブの木)/oliva(オリーブの実)

などは規則どおりなのですが、

fico イチジク

の場合は、決して果実といえども女性形“fica”にはならないのです。。。

fica 《俗》(女性の)性器、セクシーで魅力的な女性

うひゃあ。
“fica”っていったらこんな意味になっちゃうのですね。
なーんにも知らないような日本人の女の子が車の中でいきなり『私、ficaが食べたいの~』なんて言ったら、そりゃ大爆笑ですね。。。

- A proposito allora come si dice ichijiku come la frutta? L'ho dimenticato all'improvviso.
(ところで、それじゃ果物としてのイチジクの場合はなんていうんだっけ?ど忘れしちゃったよ)

- Fico.
(“Fico”だよ)

- Anche l'albero?
(木も?)

- hmmm...forse si dice "albero di fico".
(う~~~ん・・・多分“albero di fico(イチジクの木)”っていうんじゃないかな)

- Quindi non si dice albero di fica!
(つまり“ficaの木”とは言わないわけね!)

- Assolutamente no!!! Hahahahahaha!!!
(ぜぇぇぇったいに言わない!!!どはははははは!!!)

- Allora...se ci fosse un albero di fica...
(それじゃ・・・もしも“ficaの木”があったら・・・)

- Infatti, e quello che stavo pensando!! Hahahaha!!
(実際、それこそ僕が考えてたことだよ、はははは!!)

- Tutti gli uomini impazzirebbero intorno dell'albero.
(男はみんなその木の周りで気が狂ったみたいになってるでしょうね)

- Infatti, tutti gli uomini diventerebbero contadini.
(まったくね。男はみんな農民になってるよ)

最後はみごとにバルゼレッタ(barzelletta)風のオチがついて、おしまい!
(≧∇≦)

-------------
a proposito ところで
all'improvviso 突然に
impazzire 気が狂う、発狂する、理性を失う
intorno di ~の周りで
diventare ~になる
contadino 農民
-------------
スポンサーサイト
【2006/05/22 07:56】 イタリア単語帳 | トラックバック(0) | コメント(15) |
| ホーム | essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる>>
コメント
まのんさん、こんにちは~。
お元気そうで何よりです~♪
この間違い・・・。ココまでではないですけど、私も最近やらかしましたよ!!
rispostoと書いたつもりが、risposatoと書いていて・・・。返事する。が再婚するって!!
誰かに間違いを正してもらうと、記憶に残るので、間違えるのはいいのですが・・・。上記の件は間違える前に教えてもらえてよかったで~す。^^
【2006/05/22 19:09】 URL | Kchan #mQop/nM.[ 編集]
Kchanさん、いつもどうもです~★
riposatoがrisposatoは、おもしろい!!(≧∇≦)
シモネタ系になってしまわなければ、笑って済ませられて、かえって『この日本人はなんてsimpatico/aなんだ!!』と好感をもってもらえるので、間違えるが勝ち!!・・・てなもんですよね?!

実際、イタリア人の大半は、外国人がイタリア語をしゃべっていて間違えると、かえって親近感・好感を抱くらしいんですよ。
それを聞いてからというもの、私は安心して?間違えまくることができるというわけです。。。(^ ^;)
【2006/05/25 00:28】 URL | まのん #-[ 編集]
はじめまして^^。とてもおもしろかったです。うっかり口にする前に、ここで教えていただいてよかったです……。あ、でも下ネタのギャグで使いたいかも、えっ。
【2006/05/25 17:03】 URL | リリーブルー #03RJxdeI[ 編集]
リリーブルーさん、はじめまして★
私もこんなこと書くべきかどうかとても迷ったのですが、piselloやficaのネタは知らないで使うとけっこう赤っ恥なので(^ ^;)、いちおう書いておくことにしたのです。
通常の会話中だと、イタリア人達は笑って受け入れてくれると思うんですよ。
でも、体裁を気にすることでは日本人以上に(実は)見栄っ張りのイタリア人。
ちょっと気取ったシチュエーションとか、フォーマルなシチュエーションだと、このような失言をした瞬間に、氷のような微妙な雰囲気が張り詰めることもありえますので。。。(^ ^;)
【2006/05/26 00:53】 URL | まのん #-[ 編集]
はじめまして!
僕はR.バッジョが大好きで、
バッジョの名言をイタリア語で知りたくて
勉強中です。なかなかさっぱりですw
このブログでも勉強したいと思ってるのでヨロシクです!
【2006/07/28 15:29】 URL | ヨシくん #-[ 編集]
はじめまして、ヨシくんさん。
(“くん”に、さらに“さん”までつけるのはなんかヘンですが・・・)
ずいぶん更新がおろそかになっているにもかかわらず、書き込みしてくださってありがとうございます。

更新がしばらく止まってしまっていますが、決してblogをやめたわけではないので、申し訳ありませんが、気長に覗いてみてくださいね。
今後ともよろしくお願いします。
【2006/07/30 01:36】 URL | まのん #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/07/11 21:21】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/22 23:53】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/24 12:10】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/25 00:09】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/26 18:42】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/07 09:13】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/18 19:12】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/30 04:14】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/09/03 21:19】 | #[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ragazzasolare.blog18.fc2.com/tb.php/64-41ad6532
PROFILO
まのん
  • Author:まのん
  • イタリア在住ながらも、まだまだ語学は発展途上中です。イタリア語学習中の皆さま、一緒にボキャブラリーを増やしていきましょう~。
    ご意見・ご感想メールはこちらまで、どうぞよろしく♪
    人気blogランキングへ
  • RSS1.0
  • CALENDARIO
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    ARTICOLI RECENTI
  • gaffe へま、失言、失態(05/22)
  • essere alle prese con … ~と争う、~に取り組んでいる(05/09)
  • obiettivo 客観的な(05/01)
  • sentirsi a disagio 居心地が悪い、気になる(03/31)
  • fare le bizze だだをこねる(機械の調子が悪い)(03/13)
  • inciampare つまづく、よろける(03/11)
  • a chi lo dici? 誰に言ってるの?(自分もだ)(03/04)
  • いったいなぜ??(02/26)
  • a pezzi くたくたになる(02/18)
  • Buon Anno! 新年おめでとう!(01/09)
  • COMMENTI RECENTI
  • まのん(07/30)
  • ヨシくん(07/28)
  • まのん(05/26)
  • リリーブルー(05/25)
  • まのん(05/25)
  • Kchan(05/22)
  • まのん(05/22)
  • まのん(05/22)
  • ぶりらんて(05/13)
  • Kchan(05/10)
  • まのん(05/08)
  • Kchan(05/03)
  • まのん(04/26)
  • moto(04/22)
  • まのん(04/10)
  • TRACKBACK RECENTI
  • 飽きっぽいイタリア語:Cosa ci fai qui?(10/07)
  • ARCHIVI
  • 2006年05月 (3)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (2)
  • 2006年01月 (1)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (16)
  • 2005年09月 (20)
  • 2005年08月 (6)
  • 2005年07月 (1)
  • CATEGORIE
  • イタリア単語帳 (47)
  • ちょこっと文法 (7)
  • ばるぜれった(^m^) (6)
  • その他雑記 (2)
  • ごあいさつ (2)
  • LINK
  • Ragazza Solare
  • BelGiappone
  • 楽しく覚えるイタリア語!
  • みりあのイタリア語メモ
  • たとえばこんな■イタリア語
  • 飽きっぽいイタリア語
  • ITALIANIAMOCI con Arigatou
  • イタリアつれづれ日記
  • イタリア文化と波乗りが好き
  • il mio diario
  • Life in the UK イギリス生活記
  • 本当のアメリカ留学。
  • VOMITARE L'ANIMA
  • おらとキアヌぼん
  • ~ Amore ~ 前原加奈 Official web site
  • Kchanは今日も行く。
  • RICERCA
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。